科学・数理(サイエンス)」カテゴリーアーカイブ

地震学者の解説があまりにもひどい

大きな地震が起こると、決まって地震学者の解説がテレビで流れるが、その解説があまりにもひどい。大概その地点はひずみが溜まっていたとか地震の空白地帯だったとか言っているが、その説明が全然科学的ではない。似非論理学者の似非科学レベルの話なのである。サイエンスというのにはほど遠い。しかもその論理も事後の後付けなのである。それでいて自身を学者と名乗っている。もうちまたによく出てくる預言者が後になって私は予言していたというレベルである。

何も地震学自体を否定するつもりはない。地道な観測と、筋の通った論理地球学に基づいてコツコツと研究している地震学者もいるだろう。地震学は役に立たないどころか成功すれば計り知れないくらい大きな利益をもたらす。そのことは少し考えればわかる。大地震を一回予知するだけで、数万人の命が助かる可能性があるのだ。であるから一回の地震の予知に失敗したからと言って非難するのは早計だろう。

しかし不真面目でいい加減な地震学者が多い。それともテレビなどに出ている地震学者がいい加減なのか。東大教授というような高名な学者もよく出ているが。

思い返してみれば、阪神大震災が起こる前にも地震特集みたいなテレビ番組はよくあった。しかしその内容と言えば、すぐにでも首都圏直下型地震が起きてもおかしくないというものである。べつに首都圏直下型地震を危惧することに異論はない。しかし首都圏以外に関しては全くというほど触れられてはいなかった。そこでの阪神、東日本である。事後になって関西は危なかった、東日本は巨大地震の巣だったなどとわめいている。最近になってようやく南海トラフ巨大地震がクローズアップされているが。

首都圏の危機的状況を伝えること自体は否定しない。しかし人間は首都圏だけに住んでいるのではない。もちろん人口密集地の情報が重要なことはわかる。しかし「科学的」に公平に議論されなければならない。

地震学は規模が大きく、非常に難しい学問であることはわかる。だからと言って事後の貼り付けのような説明は、素人相手とはいえそんなことはしてほしくない。国民をバカにしているのか、地震学者がバカなのか。

とにかくより確実なメカニズムを解明し、大地震を一発でも予知するような大勝利を挙げてほしいものである。

われわれ一般国民もその日が来るのを信じ、静かに見守ろう。

人工知能は人間の頭脳を超えられるのか

最近人工知能の研究が社会的に話題になっている。特に話題の中心は、「人工知能は人間を超えるのか」というものだ。

そもそも何をもって人工知能が人間の頭脳を超えたというのかという定義自体があいまいだが、一つの定義として「チューリングテスト」というものが半世紀ほど前に考え出されている。

チューリングテストとは簡単に言うと、質問の相手を隠し、相手がコンピューターであることを知らせないで質問者にいろいろ質問してもらう。そのやり取りを通じて質問者の30%以上の人が相手が人間であると判断すれば、そのコンピューターは人間の頭脳と同等であると言える、というものである。2014年になって初めてチューリングテストに合格したコンピューターが現れた。

コンピューターと人間の頭脳を比較するとき、二つの視点がある。それは計算量、計算のスピードを見るのか、あるいは計算の「質」を見るのか。

計算の量やスピードを見ると、もうとっくにコンピューターは人間を超えている。何十年も昔の電卓でさえ人間は太刀打ちできない。今では理研にある「京」というコンピューターのように、一秒間に一京回(10000000000000000回)も計算してしまうような化け物のようなコンピューターも現れている。

では「質」についてはどうだろう。これについて二つの解釈があると思う。一つは今社会で話題になっていることだが、コンピューター自身が自分をより高度に学習発展させていけるかというもの。もう一つは問題を解く能力ではなくて、問題の質、すなわちどの問題が重要であってどの問題は重要でないと判断できるかということである。

そしてその質について考えたとき、今のコンピューターの仕組みと人間の頭脳の間には、断層のようなそもそも根本的な仕組みの違いがあるかということが問題になる。

ツイスター理論で有名な物理学者ペンローズ博士は、人間の脳の仕組みには量子重力理論的効果(量子重力理論は現在完成していない)が本質的役割を果たしていると指摘した。それが合っているか間違っているかは別にして、ペンローズ博士はコンピューターと人間の頭脳には、質的な違いがあると言いたかったのであろう。もしそのような質的な違いがあるならば、今のコンピューターをいくら高度に発展させても人間の頭脳と同じ働きをするコンピューターはできない。

話を元に戻そう。コンピューターが人間を超えることで一番危惧されているのは、人間社会がコンピューターに取って代わられるのではないかということであろう。映画のターミネーターみたいな世界である。もしそうなれば人間はコンピューターの奴隷になってしまうかもしれない。そんなSFのような世界も徐々に現実味を帯びてくるであろう。

医療行為に倫理観が欠かせないのと同じように、これからはコンピューター開発にもしっかりした倫理観が必要になる。むやみに開発すればいいという考えはもう終わりにしなければいけないかもしれない。

量子コンピューターが来る日は近いのか?

現在はIT社会、コンピューターがなければ何もできない状態になっているが、次世代、あるいは次々世代のコンピューターとして、「量子コンピュータ」という原理が考案され、研究されている。

現在のコンピューターは、それに対して「古典型」コンピューターとでも呼ぶべきであろうか。

現在の量子コンピュータの研究開発は、理論的研究はかなり進んでいるが、実用化にはまだまだほど遠い状況で、実用化には数十年かかるといわれている。

ところが去年、突然、とある量子コンピュータが発売された。「D-Wave 2」というマシンだ。厳密にいうと、このマシンは量子コンピューター研究開発の主流の論理ゲートを使ったものではない(すなわち計算していない)ので、意味的にはコンピュータではないのかもしれないが、量子コンピューターと似たようなことができる。

このようにして、科学技術は突如として、誰もが予想しえなかった飛躍が起きる。

そこで、1990年代に始まった、ヒトゲノム解析計画のことを思い出した。ヒトゲノム解析計画とは、人の遺伝子情報を全部読み取ろうという計画だ。この計画が始まった当初、全部読み終えるには数十年かかるとも言われた。しかし計画が進むにつれ、解析装置、実験機器の飛躍的向上により、10年ほどで完了した。

このように、長期計画にはその途上で予想しえない飛躍・技術の向上が起こることがよくあるので、何年かかるというような予想はあまりあてにならない。

このようなことは量子コンピューターにも当てはまるのではないかと思う。現在は電子一個を操作する量子論理ゲートの開発、すなわち量子コンピューターの部品を開発している段階だが、いつ、どのような飛躍が起こるかわからない。

実用化には数十年かかるといわれている量子コンピューターの実用化も、もしかしたら意外に早く来るかもしれない。

今から、ニールセン、チャンの本(量子コンピューターの世界的な教科書)を熟読するのも悪くないかもしれない。