社会・時事ネタ」カテゴリーアーカイブ

ヒトラー「わが闘争」、ドイツで再出版される

戦前、ナチスドイツ時代にナチス総統ヒトラーが著した「わが闘争」が、昨年末に著作権が切れ、再出版されることになったようだ。戦後ドイツでは、ナチスを連想するものは表現が禁止され、もちろん「わが闘争」も禁書になっていた。今回の再出版はヒトラーの思想書というよりも、かなり大幅に注釈をつけた歴史的資料という位置づけだ。

「わが闘争」の日本語訳は、以前から日本の出版社から文庫本で出ている。少し大きな書店に行くと、注意深く探せば見つけられることであろう。この「わが闘争」、ドイツの国内事情を考えると禁書になるのは致し方ないが、歴史資料としては非常に貴重な書物だ。「わが闘争」は戦前、何か国語にも訳され、世界で約1200万部売れたそうだ。

しかしこの「わが闘争」といい、ヒトラーが国民を惹きつける表現力は桁違いだ。現在で言うと、アメリカの大統領選候補を争っているトランプ氏に通ずるところがあるのではないかと思っている。移民排除、イスラム弾圧など、ヒトラーとは確かに桁が違うが、根が似たところがあるのではないかと思ってしまう。もちろんトランプ氏はそこまで極悪非道だとは信じたくないが。

現在、フランスではパリのテロを受けて、国粋主義勢力の影響力が強くなっている。国外勢力による攻撃を受けて、自分たちに都合の悪い勢力を排除しようとしている。上に書いたアメリカのトランプ氏の思想もそうであるが。この様に他勢力の排除による国粋主義の台頭は、ナチスドイツ台頭の時に似通っている。まさか今の時代の欧米にナチスのような独裁国家が成立するとは思わないが、かなり気がかりなところである。

オバマ氏の銃規制策は甘すぎる

オバマ氏は銃規制策として、銃販売者への免許の厳格化と購入者への身元調査の徹底化を打ち出し、大統領令を発令するという。しかしこの策、外国人の目から見ると非常に甘すぎるように見えるのではないか。

どんな住民であれ、一般住民が銃を所持できること自体が完全に間違っている。銃はナイフや他の凶器とは違って、人を殺傷すること以外の目的がない。すなわち人間殺傷専用機器なのである。もちろん殺傷能力もナイフの比ではない。またパリのテロのように大量殺りくも可能である。アメリカ人は銃を所持する「自由」を主張する。しかし治安の悪化を避けるためにはこのような自由は制限されるべきものである。

日本人から見れば、街に拳銃ショップがあるという事実だけでも衝撃的である。購入者の身元調査を徹底させるというが、当たり前のことだが初犯を犯す犯罪者に前歴はない。すなわち初犯で殺人を犯しても、初犯だから仕方ないとでも言いたげである。アメリカ人の銃に関する感覚は完全にマヒしている。これが世界一の大国の現状であることに衝撃を受ける。

そして「大統領令」を発令するというが、この大統領令に強制力はない。法律ではないからである。一刻も早く銃規制法案、いや銃廃止法案を成立しなければならない。もちろん全米ライフル協会のような圧力団体からの圧力は強烈であろう。オバマ氏はその圧力に屈したのであろうか。このような圧力に屈しないような強い大統領の出現を熱望する。

iPS細胞のもととなる細胞の作製に成功。iRS細胞とは?

京都大学再生医科学研究所のグループが、「再プログラム化中間細胞・iRS細胞」というものの作成に成功したというニュースが入ってきた。iRS細胞とはiPS細胞になる前の、iPS細胞のもととなる細胞だ。

iPS細胞は、山中ファクターと呼ばれる4つの遺伝子を細胞に注入し作成される。今回のiRS細胞は、その4つの山中ファクターを注入した後、その細胞がiPS細胞になりきる前の細胞のようだ。iPS細胞になる前の中間状態だから、中間細胞と呼ばれる。

このiRS細胞は、非常に扱いやすい性質を持つということで注目を浴びている。具体的には遺伝子操作がしやすい、そして非常に効率よくiPS細胞を作ることができるというものだ。

iPSとiRS、一文字違いで言葉は非常に判別しづらいが、iRS細胞はiPS細胞の赤ちゃんというところであろうか。

そしてこのiRS細胞の解析で非常に期待されているのが、(僕も個人的にかなり注目している)普通の細胞に山中ファクターを注入してiPS細胞ができるメカニズムの解明だ。現在、山中ファクターを注入するとiPS細胞ができる事がわかっているが、なぜその方法でiPS細胞ができるのか、その詳しい過程は現在でもわかっておらず、ブラックボックスとなっている。すなわち実験では知られているが、理論はわからないのである。

実用的には効率よくiPS細胞が作成できるようになるということで、iRS細胞によってiPS細胞による創薬、臓器作成などの治療などの臨床が早まることも期待できるのではないかと思う。

山中伸弥教授によると、iPS細胞の研究は日本の1勝9敗だという。しかし今回のiRS細胞の成功などのように、中核となる基礎研究では日本の底力を見せることができていると言えるのではないかと僕個人的には思っている。

これからのiPS細胞・iRS細胞の研究の発展、特に日本の研究グループの活躍に期待したい。

サウジアラビアとイランが対立、ISに漁夫の利を与えるな

先日、サウジアラビアがイランの聖職者数十人を処刑し、サウジアラビアがイランに断交を通告した。サウジアラビアとイランの対立、これはイスラム教の派閥、スンニ派とシーア派の対立であるが、この二国(二派)の対立で利を得ているのがISなどの過激派だ。

今、世界でISの猛威が吹き荒れており、世界は一枚岩になってISに対処しなければならない。そのようなときにイスラム教の二派による対立でアラブの大国二国がバラバラになれば、ISに対処するどころかISに付け入る隙を与えるだけだ。

少し前にはトルコ軍機によるロシア機撃墜によって、ヨーロッパの中でもIS対処に対する足並みが乱れつつあった。そこに今度はISの拠点アラブ内での足並みの乱れとくれば、IS対処どころか、IS外部での紛争にもなりかねない。

周辺国が乱れている間に、ISは一人勢力を強めていく。ISに向けられていた矛先が違う方に向いてしまう。今回のサウジアラビアとイランの間でどのような経緯があったのか僕には詳しいことはわからないが、ISに漁夫の利を与える事だけはしてはならない。

今年一年を振り返って

一年も残すところ数時間になりました。今年一年を振り返ると、まず年の初めには、ISによるジャーナリスト後藤健二さんの拉致・殺害事件がありました。最近はヨーロッパを中心とする各国、そして先日はイラク大統領がISに対してより強力に対処することを示し、来年はISをめぐる紛争はより激しさを増すことが予想されます。

11月にはパリで大規模なテロが起き、世界中でISが猛威をふるっていることを知らされました。しかしテロはパリだけではないことも認識しなければいけません。アラブ圏ではパリで起きたような規模のテロが頻繁に起きています。テロ絶滅はパリからではなく、アラブから根治することが大切です。

国内に目をやると、日中韓関係において一年中慰安婦問題が影を落としていました。先日ようやく日韓合意にたどり着きましたが、これが着実に実行されるかどうかは現在のところ疑問に残ります。

そして年の中頃には、安保法案が大きな問題になりました。この問題で国内世論は真っ二つに分かれた感がします。国際貢献のためには安保法案は必要不可欠だという賛成派と、戦争法案というレッテルを張った反対派、お互い大きくもめました。しかしそれから数か月、この問題もすっかり落ち着いてきた感がします。安保法案で支持率を大きく下げた安倍内閣も、今ではかなり回復してきています。

そしてスポーツでは何と言ってもラグビーワールドカップ・日本代表でしょう。日本ではあまりなじみのなかったラグビーというスポーツが、一時的なブームもあるでしょうが現在は身近に感じるようになりました。五郎丸ポーズもすっかりおなじみです。

そして野球では夏の甲子園、早稲田実業の1年生スラッガー・清宮幸太郎選手が話題をさらってきました。清宮選手、高校生活はまだ2年残っています。これからどのような伝説を作っていくのか楽しみです。

今日、12月31日の朝、天気は快晴です。この今日の天気のような明るい気持ちでまた来年目標に向かって頑張っていきたいです。個人的には来年は必ず結果を出さなければならない年です。今年、僕のブログを読んでくださった方、本当にありがとうございました。来年もよろしくお願いします。

良いお年を。

 

コー中(コーヒー中毒)ですけど、何か?

先日、20代の男性がカフェイン中毒で死亡するという事故が起こった。カフェインのとりすぎによる危険を普段から考える人はほとんどいないと思うが、度を過ぎれば危険だということをあらためて知らされた。

とは言え、カフェインだけが特別に危ないわけではなく、ほぼすべての物に関して度を過ぎれば命を落とす可能性は大いにあり得る。砂糖のとりすぎで糖尿病で亡くなる人はカフェインの比ではないし、醤油だって一瓶飲めば確実に死ぬと言われている。驚くことに、水の飲みすぎで水中毒というものになることもあるらしい。アルコールに関してはここで言うまでもない。

ところでタイトルにも書いたように、僕はコーヒー中毒である。勝手にコー中と呼んでいる。気が付くとコーヒーを飲んでいる気がする。毎回自分でドリップして作っている。変なことに、寝付けない時にコーヒーを飲むと寝つける時もある。コーヒーチェーンではスターバックスの濃いコーヒーが大好きだ。

コー中と言いながら、心の底ではそんなものは実際にはないだろうと思っていた。ところがカフェイン依存症というのはあるらしい。最近はコーヒーの効用が広く知れ渡り、コーヒーは健康飲料のように言われることもある。要は度を過ぎない程度に飲むのがいいということだろう。アルコールだって、適度な量なら薬になるという。とは言え、それがお酒を毎日飲む言い訳にするのはどうかと思うが。

今日のブログは、日常のひと時、コーヒーについて軽く書いてみた。ひと時程度ならいいが、さすがにコー中は(少しは)問題かもしれない。

慰安婦問題で日韓合意、しかしこれは悪しき前例になるのではないか

28日、岸田外相が韓国へ飛び、慰安婦問題で日韓合意にこぎつけた。日本側は基金に20億円の拠出をすることを決断し、形の上では一応決着がついたことになった。

しかしこれで韓国が引き下がるとは思えない。日韓の間では1965年に日韓請求権協定によって一切の問題は決着したものとしたが、今回の日韓合意はその日韓請求権協定を無視するものでもある。したがって今回、日韓関係において悪しき前例を作ってしまった。合意を破っても何も問われないという前例だ。一度あることは二度ある。また数年後・数十年後、韓国は今回の合意を無視してまた関係をこじらせてくることは明らかであろう。その内容は慰安婦問題とは限らない。今回慰安婦問題でこじらすことによって日本側から金銭と謝罪を引き出したことによって、今度は別の問題で関係をこじらせてくるであろう。その一つに戦時徴用問題などが考えられる。しかしこの問題ももちろん1965年の日韓請求権協定によって既に解決している問題だ。

それから今回のニュースを見ていても、韓国の日本大使館前に設置されている慰安婦像を撤去という話が出ていない。(もしかしたら解決しているのかもしれないが。)大使館前にその国家を中傷するモニュメントを置くなんてことは、侮辱であり国家の尊厳を傷つけるもの以外の何物でもない。大使館は国家間の友好の証だ。その大使館前に中傷モニュメントを置くなんて国は世界中探しても韓国くらいしかないであろう。

安倍首相は、子供、孫の世代に謝罪をさせないと言っている。しかし今回の前例を作ったことは、次の世代になると再び謝罪をさせる隙を与えたようなものである。

今回の日韓合意には多くの日本人は納得しないであろう。

最近車業界で快進撃のマツダ、そしてロータリーエンジン

ここ数年、日本の車業界ではマツダが快進撃を続けている。マツダと言えば、10年ほど前まで倒産寸前状態であった。そこから「鼓動」をテーマにデザイン、そして要のエンジンについても飛躍的向上させ、最近はマツダの評価はうなぎのぼりだ。

デザインでは室内デザイン、そして外観共に国内他社を圧倒する高品質であると僕個人は感じている。特に室内デザインは、国内他社に比べ質感を非常に高め、エコノミー車に対しても全く手を抜いた感じはない。

エンジンは「スカイアクティブ」と名付けられた一連の高品質エンジンを開発し、質感も非常に高いようだ。僕個人はマツダの車に乗る機会がないのでエンジンの詳しいことは書けないが、数字に表れるスペックはなかなか良いし、ディーゼルエンジンに関しても国内他社に比べて圧倒的に力を入れ、一歩も二歩も進んでいることが見て取れる。

ところでマツダエンジンと言えば「ロータリーエンジン」が象徴的であろう。過去にはル・マン24時間耐久レースでマツダはロータリーエンジンで優勝している。ところが現在はマツダの販売する車の中にロータリーエンジンのラインナップはない。

僕が確か中学生くらいの時、学校でロータリーエンジンの作りを教わり、段ボールでロータリーエンジンを模造した。そのおかげでロータリーエンジンの基本的特徴は記憶に強く残っている。

しかし、ロータリーエンジンの開発は、技術的にもコスト的にも非常に難しいものであるらしい。そのせいで現在は一時的に絶滅しているが、ロータリーエンジンの技術は世界でもマツダしか保有してなく、マツダの、いや日本固有の技術として何とか発展してほしいと願うばかりである。

最近何かと話題の「ダウンサイジングターボ」、これは欧州に由来するものであり、日本も最近ようやく力を入れてきたが、日本由来のエンジン技術も少なくはない。ロータリーエンジンに加え、スバルのボクサーエンジン、トヨタのハイブリッドエンジン、そして同じくトヨタの燃料電池車などがある。

自動車製造大国日本として、これからも積極的に車界でブレークスルーを起こしてほしいものである。

数学の世界、数学の業界

現在、京都大学数理解析研究所の森重文教授が国際数学連合の総裁をされている。任期は4年間だ。森重文教授と言えば1990年の国際数学者会議で数学のノーベル賞と言われているフィールズ賞を受賞された大数学者だ。フールズ賞は4年に一度開かれる国際数学者会議で4人に授与される。日本人の受賞者は過去に、小平邦彦博士・広中平祐博士・森重文博士の三人が受賞されている。残念ながら森氏が受賞されてから20年以上、日本人の受賞者が出ていない。2010年の時には、僕が大学院時代に個人的にお世話になっていた(学問的にお世話になったのではない)I教授が有力候補だと言われていたが、残念ながら受賞はされなかった。フールズ賞には年齢制限があり、40歳以下までとなっている。

ところで21世紀になってからの数学上の一番大きな成果は、間違いなくペレルマンによるポアンカレ予想(約100年間解かれなかった)の解決であろう。ペレルマンは2002年・2003年にネット上に投稿した二編の論文によって幾何化予想(ポアンカレ予想)を解決した。そこでペレルマンが用いた手法は、リッチフローという方程式で、20世紀終わりにハミルトンが建設した理論だ。リッチフロー方程式とは、計量(空間の距離を測る物差し)の時間変化を表したもので、

(計量)の時間変化 = (-2)かける(リッチ曲率)

といういたってシンプルな方程式である。非常に強力な方程式だが、僕にはなぜ右辺に出てくる数字が(-2)でなければならないのか謎だ。

ポアンカレ予想解決後、ペレルマンの人となりは注目を浴びることになる。フィールズ賞を受賞拒否し、クレイ数学研究所から出ていた懸賞金1億円の受け取りも拒否した。

フィールズ賞は最近のノーベル賞のように日本人が立て続けにとることは難しいようだ。次に日本人がフィールズ賞を取るのはいつになるのだろう。

古舘伊知郎キャスターの報道ステーション降板について

テレビ朝日の報道ステーションのメインキャスターを務めていた古舘伊知郎氏が、報道ステーションを降板することが決まった。報道ステーションは日本を代表する報道番組というだけあって、古舘氏の発言はいつも注目され、賛否両論があった。特に古舘氏は政府・首相に対して批判的であり、安倍首相からもかなり嫌われていたようだが、報道番組が政府を批判できるという状況は、民主主義国家として非常に正常な状態であることを示している。

また古舘氏の発言は偏向的だとも言われているが、人間が務めている以上、偏向的であることは普通ではないかと思う。もし何にでも平等的な報道をしないといけないのなら、そんなことはロボットにでもやらしておけばよい話である。特に報道ステーションは、その前のニュースステーションの時代からメインキャスターの存在感が強く、久米宏の、そして古舘伊知郎氏の番組であると言っても過言ではないであろう。古舘氏が自分の色を前面に出していたからこそ、視聴者の高い支持を得られていたとも言える。

気になるのが次期メインキャスターだが、現在有力視されているのが宮根誠司氏である。宮根氏は昼の番組で非常に分かりやすい司会をしており、昼の顔として定着しているが、報道ステーションのメインキャスターをするとなるとイメージのギャップがある。しかしそんなことは古舘氏が就任するときにも言われていたことで、数か月もすれば慣れることだろう。

報道ステーションのメインキャスターは常に報道の最前線に位置する。圧力もプレッシャーも半端ないものであろう。その重責を12年間担ってきた古舘さんには、お疲れ様と声をかけてあげたい。