思想、生き方、考え方」カテゴリーアーカイブ

ITを思想として捉える。

ITと言えば、現在ではどうしてもビジネスという側面で見てしまう人が多い。特に世界の富豪の上位はことごとくIT企業関連者だ。日本で見ても、孫正義氏からホリエモン、さらに最近話題の前澤友作氏まで、IT関連の人間が幅広く活躍している。

しかし、そのようなIT関連の人間の中でも異色の人物が、MITメディアラボ所長の伊藤穣一氏ではないだろうか?

最近、伊藤穣一氏の著書「教養としてのテクノロジー」(NHK出版新書)を読んだ。この本の何がユニークかと言うと、ITをビジネスではなく思想という観点から捉えているところだ。もちろん伊藤氏は、ITを使ったビジネスでも大きな成果を挙げてきたし、高度な技術も持ち合わせている。しかし伊藤氏の姿勢の特徴的なところは、ITを使っていかにして市民を豊かにするか、そしていかにして自由になるか、ということを追求しているところだ。

伊藤氏が所長を務めているMITメディアラボは、利害関係からは一線を画している。そのため、中立な立場でITの可能性を追求し提言することができる。そして反権力的な立場をとっているところも特徴的だろう。

ビジネスからは距離を置いている一方、ITを使った未来への探究に関しては非常に前衛的だ。もちろん民間のIT企業も未来への開拓は精力的に行っている。しかしビジネスからは距離を置いているMITメディアラボの取り組みはそれらの企業の取り組みとは毛色が違う。未来に関して悲観的でも楽観的でもなく前向きだと言えるだろう。

ITを使った金儲けに関する本は山ほど出ている。しかし伊藤氏の著書のようなITを思想と捉えている本は僕は他に見たことがない。新書なので専門知識がない人も手にとって気軽に読める本となっているが、この本を読んで得るところは非常に大きいと感じた。

責任者とは?

組織やプロジェクトには責任者がいる。責任者とは文字通り責任を伴った者であるが、そもそも責任者にはどのような権限があり、どのような責任を伴った者なのか?

責任者とは何か不手際やスキャンダルが生じた時、責任を取るものだと考えられている。しかしもしその責任者にその組織を動かしたりプロジェクトを一元的に動かす権限がなければ、なぜその人に責任だけ負わせるのか?ということになる。すなわち責任者に組織やプロジェクトをコントロールできる権限が付与されてこそ、責任者という地位が成り立つのである。

責任者に組織やプロジェクトをコントロールできる権限があると、責任者はそれを上手く成功させようとコントロールできる。すなわち失敗やスキャンダルを防ぐようにコントロールすることもできるのである。そのうえで不手際やスキャンダルが生じれば明らかに責任者の責任である。

しかし世の中には「名ばかり責任者」が多すぎるように感じる。特に本当に権限を持つ者が責任を逃れるために、名ばかり責任者に責任だけ負わせるという構図が多くの組織に見られる。

大きな権限と責任は一体となって運用されなければならない。権限だけでは独裁者になるし、責任だけでは名ばかり責任者になってしまう。権限と責任の双方を持ち合わせないと、組織やプロジェクトの大きな成功と発展は望めない。

徹底的に知ることが大事。

もし何かの物事について知るのなら、徹底的に知ることにこだわったほうが良い。それが嫌なら知らないで真っ白な状態でいる方が良い。一番悪いのは、中途半端に知ることだ。

中途半端に知ってしまうと、物事を不正確に判断したり、不必要に心配を増幅したりしてしまうことになる。もし何かについて疑問に思った時には、徹底的に学習して知るのが良い。

僕自身も何かに関して知った時に、それに対して不安になることがよくある。以前はそれ以上の情報をシャットアウトしてあえて知らないようにしようとしていたが、それでは不安を抱えたまま過ごすことになってしまう。そこで最近は不安になった時には徹底的にそのことについて知ろうという姿勢に変えた。すると、そのことに対する習熟度が増すにつれて不安が軽減されていくことに気付いた。

世の中には多種多様な情報が溢れている。しかしそれらの情報の多くは不確かで中途半端だ。そのようなことに対してネットの情報だけに頼ってしまえば、不確かさが増すだけである。やはり専門の文献や新聞を読むなりして、確実な情報を入手することが大事である。

近年のネット社会は、情報を簡単に手に入れることを可能にした反面、ほとんどの情報を中途半端に不確かにしてしまった。そのようなネット社会の現在だからこそ、紙(ペーパー)の文献から情報を取得し、そこから知恵を創出することを心がけることが非常に重要ではないかと強く感じる。

平行読書術。

僕は本を読むのは速くないし、そんなに多量の読書をしているわけではない。そして一冊の本を最後までじっくりと読むということはあまりしない。しかし、読書というものは必ずしも最後まで読まなければいけないという訳ではなく、その本のエッセンスさえつかめれば前書きと目次しか読まなくても全てを理解できることもある。

そして読書をする時、一冊の本だけに集中するのではなく、複数の本を並行して読むということも効果的だ。複数の本を並行して読むのには、メリット・デメリットがそれぞれある。メリットは頭の切り替えが早くなるということである。そして複数の事を同時に思考するのは大局的に物事を考えるのには効果的である。デメリットは一つの事を深く考えなければいけない時に他の思考に移ってしまうということである。

しかし、一冊の本を読み終えることにこだわってしまうと、泥沼にはまってしまうことがある。それを防ぐためには平行読書術は有効である。そして読む価値のない本は早めにきっぱりと読むのを止めることが必要である。

僕が非常に勧めたいのは、本屋での立ち読みである。もちろん立ち読みで本を最後までじっくりと読むのは難しいであろう。そこで前書きと目次だけ読みあさるのである。それだけでもかなりのエッセンスはつかめる。そして同じ時間だけ読書するのなら、一冊の本を熟読するよりか十冊の本の目次だけ読むことの方があらゆることを掴むことができるであろう。

読書に対する考え方や姿勢一つで、物事の概観の理解の質と量が大きく変わるであろう。

投資を勘違いしてる?

最近は少し収まっているものの、相変わらず投資熱は強い。もちろん投資自体は全然悪いものではないが、金融投資に対する風潮にはおかしいところも多々感じる。

何がおかしいか?それは「投資をしないと老後が不安だ」とか、投資熱が熱いことに対して「投資をしないと時代遅れだ」という考え方だ。それらの背後には「投資は絶対に儲かる」という考え方があるような気がする。しかし当たり前の事だが、金融投資で儲かることもあれば、損することもある。しかし儲かるという情報ばかりが拡散され、損をするという情報はほとんど流れない。

そして投資という言葉を使っているものの、ほとんどの人が行っていることは“投機”に近い。投資とは、投資先の企業に対して金融支援を行うものだ。その結果その企業からリターンをもらう。しかしそのような構造を頭に入れて投資をしている人はほとんどいないように感じる。

その最も象徴的なものは、仮想通貨に対する投資であろう。そしてそれに対して投資という言葉を使ってはいるが、それは紛れもなく“投機”である。実際、著名な投資家であるウォーレンバフェットは、仮想通貨のような投機には一切手を出さず非難している。

もちろん僕は、仮想通貨の未来に対して批判しているのではない。そしてそれはウォーレンバフェットも同じであろう。問題なのは、人々の仮想通貨に対する考え方である。投機対象としてしか見ていない現状は明らかにおかしいのである。

最後に、一番価値のある投資は「自己投資」だと僕は考えている。自分がなりたいもの、そしてそれに近づくためには何をすればいいか?そのようなことに対してお金を投資するのが最も価値のある投資だと僕は考えている。

手段を選ぶ?選ばない?

目的の事を達成するためには、手段を選ばないという人は多いかもしれない。もちろん、最終目標が定まっていれば手段を選ばないというのは正しいことかもしれないが、僕はかなり手段を選んでしまう。

ゴール地点にたどり着くことは非常に重要だが、そこまでどのような道をたどって行ったかということも非常に重要な要素だと考えている。ゴールまでどのような道をたどって行ったかということには、その人の人柄や人間性が現れる。お金を稼ぐことは非常に重要だが、どのように稼いだかということにもこだわりたいところである。

どのような道筋をたどったかということは、どのような人生を送ったかということとニアリーイコールだと考えている。もちろん世間は最終的なゴール地点ばかりに目が行きがちであるが、それまでの道筋こそがその人のオリジナリティーの発揮される場所である。

数学や物理の研究においては、逆に手段を選ぶ人は多い。代数が専門だから代数的な手法にこだわるというようなことだ。しかし問題を解決するに当たっては、本来手段を選ばずにやるべきだと思う。その方が学問の大きさが圧倒的に広がる。

ポアンカレ予想(幾何化予想)を解決したペレルマン博士は、本来トポロジー(位相幾何学)の問題だと思われていたポアンカレ予想を微分幾何学の手法で解決した。このような姿勢はどの分野に取り組む人も学ぶべきことだと思う。

道筋をこだわる所ではこだわって、こだわらないところでは雑食的に何でも学び使ってみるという使い分けを上手く行い、人生を豊かにしていくことが必要ではないだろうか?

今の日本に競争心はあるのか?

現在の日本では、競争することはあまりよくないという風潮が見受けられる。「ナンバーワンではなく、オンリーワン」と言う歌も一昔前に流行った。もちろんそのような考え自体悪いことではないし、過度な競争には不毛な点も多々あることは事実だが、逆に現代の日本はあまりにも競争心がなさすぎるようにも感じる。

数学や物理の研究というと、独創性の世界であって競争の世界ではないと思っている人も多いかもしれない。しかし研究の独創性というものは当たり前であって、わざわざ言葉で「独創性が重要」と言っているようなレベルではスタートラインにも立てていない。研究論文では引用数などの数字で表れる評価もあるので、そういう意味では研究の世界でも競争は避けて通れない。

幼稚園の徒競走では、ゴール地点では皆手をつないで一緒にゴールをするという話を何度か聞いたことがある。幼稚園では“仲良く”ということでそれはそれでいいのかもしれない。しかしそれを何十年も引きずっていたのでは話にならない。

日本ではギラギラとしている人を嫌う風潮がある。そのせいか、ギラギラとした人間があまりにも少なすぎるような気がする。積極的にアクションを起こし、大きな成果を挙げることも重要である。そのような人生のギャンブルを懸ける人はどれだけいるのだろうか?

今、日本の学問における研究レベルの低下が叫ばれている。それを改善するためにはまずは競争の重要性を認識することが必要である。しかし受験テクニックを磨いて一時しのぎするという類のものではない。もっと本質的な所で競争しなければならない。

大学受験時に高木貞治の「解析概論」を読破するという強者はこれから現れるのだろうか?

現代の価値観だけで、歴史を語ってはいけない。

価値観というものは、時代によって変化していくものである。従って、現時点で良いと言われていることが、次の時代で悪と言われることは多々ある。すなわち現代の価値観だけで歴史を見てしまえば、歴史の本質を見誤ってしまうことになる。

太平洋戦争時の事に関しては、戦後ほぼすべての事が悪であると教え込まれてきた。その中でもA級戦犯は今でも極悪人だと思っている人がいる。この“A級”とは本来は“一番悪い”という意味では全くないのにもかかわらず。

さすがに戦国時代の事にもなると、現代の価値観を押し付ける人は少ない。もし現代の価値観だけで評価すれば、織田信長は残虐独裁者となってしまう。

日本人は同調圧力に弱いと言われる。そのうえ、日本の同調圧力はかなりひどいレベルである。このような同調圧力の中で独創的な成果を出そうとすれば、かなりの精神力が必要だ。すなわち独創的な才能があるかどうかということとは違う部分に左右されることになる。

歴史に対する評価も、かなり同調圧力がかかっているように思える。A級戦犯を称賛しようものなら、極悪人だと非難されるだろう。もしそう批難する人がいれば、城山三郎著「落日燃ゆ」を読んでもらいたい。

いつの時代も現在の価値観が正しいものだと教え込まれる。もちろんこれはほぼ同調圧力によるものだが。しかし次の時代には次の時代の同調圧力がかかり、違う価値観に変わってしまう。すなわち一時代の価値観だけで歴史を評価すると見誤ってしまうのだ。

価値観が時代により変遷することを考慮すると、歴史は点ではなく線で見ることが必要である。そしてこのような大局的な視点で物事を見ることは、何に対しても非常に重要な事であることがわかる。

機能美でなければならない!

物事がそうあるのには、多くの場合理由がある。もちろん世の中には無意味なものもたくさんあるが、後々まで残るものにはしっかりとした理由がある。

美に関してもそうである。理由のない美は単なる張りぼてでしかない。意味のある美にするためには機能美でなければならない。良いスーツは単に見た目が美しいというだけではなく、着心地や体形補正などの様々な機能美が繰り込まれている。車の内装に関しても、ただお洒落だというだけではなく、なぜそのような配置になっているかという機能美が熟考されている。

物事や出来事に意味を考えることは非常に重要である。科学の実験にしても、想定外の事が起きた時に「なぜそのようなことが起きたのか?」と考えることが次の発見につながる。

もしかしたら人生もそうかもしれない。一人ひとり、生きていることには意味がある。もちろん意味を無理やり押し付ける必要はないが、自然な意味を考えることによって、自分がこの先どのように進むべきかということが見えてくる。

ただ事実を事実だけで終わらせるのではなく、それから何かを学び取りどう次に生かすか?それの繰り返しによって人間は進歩していくのだと思う。

目指すもの。

僕には目指すものがある。それを「成し遂げたい」のではなく、「絶対に成し遂げる」という覚悟を持って取り組んでいる。

ただ、自分の考えや中身の事は、周りの人には見えない。それを口に出したからといって、信じてもらえるわけではない。行動し成し遂げることによって納得させるしかないのである。

自信がないのにただ夢を見ているだけでは、何も生まれないし何の意味もない。しかし自信があることに対しては、かなりのリスクを背負ってでもその道を進むべきだと思っている。ただ、成し遂げる見込みもないのにそれにかけるのは暴挙でしかない。

リスクのない投資というものは存在しない。僕自身は金融の投資とは縁はないが、目指すものに対して最低限のお金はしっかりとつぎ込んでいるし、ここぞと思う時はお金と人生を思いっきりつぎ込んでいる。

では、どのようなものに対してお金と人生を投資すべきか?それは自分でコントロールできるものに対して投資をすべきということである。例えば、宝くじや多くのギャンブルは100%運でしかない。そのような運にお金をつぎ込む価値は全くない。しかし運の中にも自分でコントロールできるものがある。例えば人との出会いとか、あるいは金融投資もかなりコントロールできる運と言える。しかしコントロールできる運は、努力と才能なしには向上できない。

コントロールできる運は、成功した時にそれは実力へと変わる。もちろんそれまでには多くの失敗を経験するであろう。すなわち重要なのは、それまで積み重ねてきた失敗を大きな成功に変え、自分の実力へとすることなのである。