思想、生き方、考え方」カテゴリーアーカイブ

宝くじは最も”センス”のないお金の回し方だ!

米国において、宝くじで829億6000万円を当てた当選者が出たというニュースがあった。

僕は宝くじは、最も”センス”のないお金の回し方だと思っている。確かに、宝くじによって、国・自治体には大きな収益が入るだろう。そういう意味では、目先の数字だけを見れば社会にプラスに映るように見えるかもしれない。

しかし、中・長期的に見ればどうだろうか?あるいは国民の意識的な観点から見ればどうだろうか?こういう視点から見れば僕は決してプラスにはならないように思う。

一流プロ野球選手が、数億円という年棒を得るのは当然のことだ。ビジネスに成功して、数百億円の利益を得るのも当然のことだ。そして彼らがそのお金で豪遊しようが、高額な宝飾品を買おうが、何ら批判されることでもおかしいことでもない。

しかし、宝くじという手段によって収益を稼ぐ国・自治体の行為は、極めて”センス”がないとしか言いようがない。良い悪いという話ではない。センスがないのである。中国では国民のレベルを”民度”という言葉で表すそうだが、まさしく民度の低さを表すものである。

別に宝くじに当選した人がどうしようが、全く興味がない。しかし一つ腹立たしいことがある。それは、宝くじを買うことを「夢を買う」と言うことに対してだ。

自分のすべきことに打ち込んで、本気で夢をつかもうと夢を追っている人からすれば、宝くじを買って夢を買うなどと軽々しく言われることに、言いようのない怒りを感じる。

夢ってそんなものではない。夢って、宝くじを買って数百億当てるなんていうくだらないことではない。このことは、本気で夢をつかもうと夢を追っている人なら理解できるだろう。

読書と実行は車の両輪である。

小学生・中学生・高校生ならともかく、大人にとって読書自体は勉強でもなんでもなく、ましてや仕事でもなんでもない。読書は実行を伴って初めて勉強・仕事になるのである。

読書自体は目的そのものではなく、実行するための原動力である。逆に言うと、実行するのに読書は必ずしも必要ではない。ただ読書は実行する際の大きな威力になるかもしれないということである。

読書と実行は車の両輪。この二つが揃うことによって、威力が3倍・4倍になる。娯楽と割り切っているのならともかく、何とかしようというのならば、目的意識を持ち、実際に実行してみなければいけない。そうでないと何とかはならないだろう。

安全策を取るか?それともリスクを冒して挑戦するか?

現在の世の中、何でも保険が気になり、安全策ばかりに目が行ってしまう。もちろん、作業現場での安全策は最も重要であり、安全策なしに成り立たない事柄もたくさん存在する。

しかし、自分の人生に対して安全策だけで固めるのはいかがなものだろうか?時にはリスクを冒して挑戦することも大事であろう。なかには、現在の地位に安住せずに常に挑戦し続けている人もいる。

現在の社会を見ると、個人がというより、社会全体が守りに入っているように見える。それはもちろん、日本という国が成熟した安定社会に入った証拠でもあり、むしろ良いことなのかもしれないが、挑戦者に対しては幾分居心地が悪い。

このような現代日本において、リスクを取り挑戦し続けるには、精神的負担がかなり大きいが、安定社会と言えども社会をさらに前進させるには、このような挑戦者の存在は無視できない。

ウルトラCには訳がある。

とんでもない大きなことを成し遂げること(奇跡)を「ウルトラC」とよく言われる。この言葉の由来は、体操競技のC難度の技から来ている。

他人がウルトラCを決めると、不可能なことが奇跡的に起きたという捉え方をよくされる。しかし、決めた本人にとっては、そこまでの道筋がしっかりとあり、決して不可能なことを奇跡的に起こした訳ではない。そこには必ず訳があるのである。

生みの苦しみは、しばしば周りの人にはよく見えない。時には他人からは、「苦労もしないで楽に決めやがって」と見られることもある。とは言え、別に他人に対して苦しみを見せる必要は全くないのだが。

生みの苦しみを経て成し遂げた体験は、必ず自分の財産になる。なぜなら、成し遂げられるべくして成し遂げたのだから。例え他人からウルトラCだとか奇跡だとか言われようとも、地道な道のりを経て成し遂げたことに対して、自分自身が納得できればそれでいい。

流行を追うことと、変わらないものを守ること。

物事には大なり小なり流行というものが存在する。ファッションから言葉遣い、そして科学の研究にも流行のテーマがある。そこで重要になるのが、流行を取り入れつつ、変わらないものを守るということ。

ファッションでも、全てを流行のもので固めると、逆にこっけいに見えてしまう。かと言って、流行を完全に無視すると、それはそれで野暮ったくなってしまう。

科学の研究でも同様のことが言える。流行のテーマばかりを追いかけていると、最先端の結果のわずかな継ぎ足しでしかなくなる。いつの時代にも、過去の重要な結果というものが存在する。そのような基本文献は、昔のものでも無視できないし、それに軸足を置くことは大事なことである。。

しかし、ファッションにしろ何にしろ、流行と変わらないものとの絶妙なバランスを取ることが大事である。これが片方に傾くと、単なる自己満足になってしまう。

言うのは易しだが、このバランスを崩さずに双方に目を向けることが大事である。

負の連鎖を断ち切るには。

長いこと生きていれば、時には負の連鎖が続くことも。そんな時、負の連鎖を断ち切るにはどうすればいいか。

1)当たり前のことだが、まず行動。

動かないと何も始まらない。受け身の状態でいては、負の影響を受けるばかりである。そこから抜け出すには自分から動かないといけない。動くことによって、次に進む道が見えてくる。さらにいくつかの可能性を探るために、複数の行動を同時に起こすことも良い。人間、動いてナンボである。

2)一点突破。

資源と動力を一つのことに集中させる。広く浅くだと、全滅してしまうこともよくある。一点の風穴を開けてしまえば、そこから可能性が広がっていく。

先ほど複数の行動を同時に起こすと言ったが、そこで大事になるのが「物事の優先順位」。常に何が自分にとって重要なのか認識しなければいけない。物事の優先順位を認識するためには、物事の本質を見抜く目が重要になってくる。常に感覚を研ぎ澄まさなければならない。

負の連鎖を断ち切るための、僕の備忘録を書き留めてみた。

今の利よりも、将来の大きな利を取る。

どうしても、現在の自分の置かれた状況が気になり、目の前の利を取りがちである。とは言え、まだ目の前の利を確保できればまだましな方だ。現在、どうしようもない窮地に立たされている人もいる。

こんな時、視界を現在からもう少し遠くへ向けてみよう。そこにはさらに大きな世界、そしてそれを乗り越えることができれば大きな利を得られることがわかる。もちろん、そのような世界、そして大きな利を得るためには、現在において「明確な展望」を持っていなければならない。

経済学的に言うと、現在の利より将来の利の方が価値が小さいと言われている。なぜなら、将来自分が生きているかどうか確実ではなく、将来の利を得られる保証はないからだ。

しかし、将来の利は現在の自分を奮い立たせる。常に未来に目を向け、現在の自分を前進させなければならない。

面倒見の良すぎる学校というのも、問題があるような気がする。

最近、小学校から大学・大学院まで、あまりにも面倒見が良すぎるような気がする。小学校ならまだわかるが、最近の大学院では指導教官がご丁寧に一から十までやるべきことを指示する始末である。

もちろん、面倒見が良いことを批判するわけではないが、面倒を見ることによって伸びる人がいる一方、放置され好き放題にさせることによって才能を開花させる人も一定数いる。そして最も重要なのが、放置して伸びる人の方が将来性が圧倒的に高いということだ。

面倒を見すぎる教育者の下で才能をつぶされる人を、僕は今まで見たことがある。学校はただ面倒を見ればよいという単純な話ではない。放置するというのも、立派な教育の一つである。

同時並行で複数の事に取り組むことを楽しむ。

最近はネット・スマホの進化によって、身の回りの事が多様化され、同時に複数の事に取り組むことが多くなった。それのアンチテーゼからか、身の回りをシンプルにする、断捨離などが流行りだ。

確かにあらゆることに追われ、余裕をなくすことは良くないし、身の回りをシンプルにすることはそれを解決する一手段であろう。

その一方で最近僕が思っているのが、「複雑な身の回りを楽しむ」ということだ。すなわち複雑な現状をゲームのように楽しもうという発想だ。こう考え直すと、いろいろあることもかなり楽しくなる。楽しくなれば自然、パフォーマンスも上がってくる。現在の流行の思考とは逆行するものかもしれないが、これも現状打破の一手段だと思っている。

この”ゲーム化”的発想、意外とあらゆることに応用できる。物事によっては、ゲーム化することを真面目ではないと否定されることもあるが、成果を挙げるためには非常に良い発想だと思う。

人生”楽しんだもの勝ち”である。日々を楽しみ、かつパフォーマンスを上げる。この様な理想的な日々を実現させるための一考として、ゲーム化的な発想をするのはどうだろうか。

表を見て、裏を見る。

「奇をてらう」という言葉があるが、これは、「表を見ずに裏を見る」ということである。まず初めに「表を見る」、すなわち物事の基本、あるいはスタンダードを知り抜くことが大事である。物事の基本・スタンダードを知り、物事の本質を見抜く。そのうえであえて裏をかくことが大事なのである。

何かにつけ、基本・スタンダードを知ろうとせずに「裏ワザ」的な事をいきなり狙おうという風潮は、良いことではない。「指揮法を知らない指揮者」と「指揮法を無視する指揮者」は全く違う。しかし世の中には、指揮法を知らない指揮者が多すぎる。物事を十分に考察せずに”陰謀論”などを語る人もそうであろう。

裏をかきたければ、表を熟知しなければいけない。桶狭間の戦いで、相手の戦力・状況・地形・天気を熟知したうえで奇襲をかけた織田信長のように。