思想、生き方、考え方」カテゴリーアーカイブ

バカな生き方が面白い!

多くの人は、賢い生き方をしたいと思っているのかもしれない。しかし僕は賢い生き方などはしたくないと思っている。常にバカでいられるか?バカを突き通せるか?そんなことを思っている。

賢い生き方は無難かもしれないが、バカな生き方の方が断然面白い。賢い生き方は「賢いね」で終わるが、バカな生き方は笑いが取れる。笑いを取ることにどれだけ意味があるかはわからないが、僕はそっちの方に生きがいと面白さを感じる。

人間らしいバカでいられるかどうか?自分が人間である以上は、そんなことを考えバカな生き方を貫いていきたい。

苦しんでいる人が偉いわけではないけれど。

好きなことを貫いて実行するということは、楽しいことであり、その一方非常に根気のいる苦しいことでもある。好きなことをやっている限り決して言い訳できないし、逃げる道もない。全責任は自分にある。

苦しんでいる人が偉いわけでは決してないが、苦しい状況にいる自分に対して何か解釈を見つけようとしてしまう。本当は楽しく思い切ってぶち当たりたいが、実際は苦しく思い切ってぶち当たるというところだ。

問題は、楽しいか、苦しいか、ということではなく、取り組んでいることの中身とそれに対するアウトプットだ。

苦しければやめてしまえばいい。他人にはそう言える。苦しまずに楽しく生きれば一番いい。しかし苦しさの中にも何か生きがいを見出すことがある。他人から押し付けられる苦しさは避けたいが、自分から進んで飛び込んだ中にある苦しさはドンとこい!

とは言え、やはり限界があるので、早く次のステージに進まなければならない。

人間は考える葦である。

「人間は考える葦である」とはパスカルの有名な言葉であるが、広大な宇宙の中の小さな人間の存在を考えるとき、全くその通りで上手く言い表しているなと感じる。

現代の物理学では、マクロに宇宙を見通し、ミクロに原子よりはるかに小さいスケールを見通している。「見る」と言えば望遠鏡で宇宙のかなたを観測することを想像するかもしれない。あるいは顕微鏡で小さな世界を覗くことを想像するかもしれない。

しかし「見る」とは何も目で観測することだけを意味するのではない。理論的に理解することも、それらの世界を見ていることになる。その際に望遠鏡や顕微鏡に相当するのが数式である。数式は世界を理解する道具としては万能である。人間は宇宙の大きさに比べれば米粒より何十桁も小さな存在であるが、机上の計算によって宇宙を包み込んである。

人間は宇宙スケールの物理を理解し、ミクロの世界の物理も理解しているが、それらの二つのスケールの物理の融合(量子重力理論)はまだ成し遂げられてはいない。

人間の理解には限界はあるのか?それとも宇宙の全てを理解してしまうのか?人間が手にした道具(数式)の威力は非常に強力であり、少なくとも理論的には理解できる可能性を大きく秘めていると感じる。

セルフコントロール。

自分をコントロールするのは半分は自分であるが、半分は周りの環境である。自分の人生を自分の目標とするところへ導くためには、できる限り自分で自分をコントロールしなければならない。

自分の人生を特徴づけるもの、言い方を変えると“個性”と言えるかもしれないが、それらを彩るためには自己思想を構築しなければならない。そのためには外的要因を可能な限りなくすことが重要である。

自分で自分を完全に操るということは、意外に難しいものである。しかしセルフコントロールを完全に実行するということは、自分の人生をものにするということを意味する。

周りに影響され長い物に巻かれるか?それとも自分を完全にコントロールし周りを巻くか?そのどちらを選ぶかはそれぞれのスタンスにもよるが、生産的な人生を構築するためにはどちらを取るべきか?それは言うまでもない。

数値で示して、質を極める。

物事を極めるのには順序がある。まず量、すなわち数値で力量を示して、質を極めていく。とある高級車の歴史を見てそのようなことを感じた。

数値で力量の高さを示すとは、車で言えば最高速度、馬力、あるいは静粛性であろう。それらの事は、技術を高めていくことによって達成は可能である。

しかし技術を高めて数値で示すだけでは熟成はされない。数値を高めた後、次の段階は“質を高める”ことである。車で言うと、質感を高めることにあたる。しかし、この質感というものは物差しで測れるものでなく、客観的評価が難しい。感じる人によって千差万別であるが、質感のレベルというものが存在することはほとんどの人が理解できる。

質の高さは一朝一夕で出来上がるのもではない。時間もかかるし労力もかかる。そしてどこを目指しているかによっても大きく変わる。車を例にとって簡単に述べたが、このような過程は人間にも当てはまる。

自分が何を目指し、どう取り組んでいくか。最高を目指して極めるのなら、数値を高めるだけではなく、質を追求するところまで求められる。

極めること。

物事を見通すうえで、何かを極めることは非常に強力な武器になる。10くらいの事を習得するより、一つの事を極めるという判断の方が賢明だ。

何かを極めるということは、軸足を作るということだ。そして一つの事を極めることによって、見える世界が大きく変わる。

一つの事を極めれば10の事を、二つの事を極めれば30くらいの事に応用が利く。一つの事を極め一つの軸足を作るだけでも非常に大変だが、二つの軸足を作れば進撃の安定感は桁違いに上がる。

僕自身も、数理物理の世界を極めるのは一番の目標だが、釣りを極めるという第二の目標もある。

一つの事を極め、周りの全てを達観することは、人生を意味づけするためにも非常に重要なことである。

絶対に求めてはならないもの、それは「100%の安全」だ!

100%の安全が保障されている状態というのは非常に理想的に思えるかもしれないが、実は100%の安全が保障されている状態というのは非常に危険な状態だ。

何が危険か?それは行動の自由度が全くなくなってしまうということだ。従って奴隷的状態に陥る。生きることはできるかもしれないが、自発的行動が全くとれなくなってしまう。

そして“リスク対効果”という観点からも、少しのリスクを取ることは多大なメリットをもたらす。社会においても、100%の安全を保障するプランは金額的にとんでもなく跳ね上がる。

ではそのような状態に陥らないためにはどうすればいいか?それは1%だけでもリスクを取ることだ。この1%のリスクが行動の自由度を圧倒的に広げてくれる。この少しのリスクは、“リスク対効果”が非常に高い。確かに大きなリスクを取る必要性はないが、少しのリスクを導入することは、ゆとりと自由度をもたらすことになる。

リスクを取る危険性を取るのか?リスクを取らない危険性を取るのか?それは個々の判断にゆだねられるが、100%の安全を求め奴隷的状態になることは絶対に避けなければならない。

人からは学ばない。

通常、社会では、人から学ぶということを要求される。人の成功、失敗から何かを学び、それを自分の糧とするのだろう。人から学ぶことの重要性は、100人いれば99人、いや100人ともが肯定することかもしれない。

しかし、自分自身で、自分の中からゼロから一を生み出さないといけないこともある。それは独創の境地と言えるのかもしれない。もちろん、他人から学んで一を生み出すという手もあるだろう。むしろその手の方が常套手段かもしれない。

しかし、他人から学ばないという手もある。何も学ばないのではない。人から学ばないだけだ。自分自身の内部の考察から実態を生み出す。そんな人間のあり様を教える人間を見たことないが、そんなあり様も僕はありだと思う。もちろん効率は悪い。しかしそんな人間が一人くらいいてもいいのではないだろうか。

自分の生き方と考え方を信じ失敗を繰り返すこと、それを貫いた先に何があるか?自分には見えているが、それを実現することは急務である。

問題を知る事、問題を見つけること。

世の中では問題を解くことばかりが意識されている。学校の定期試験や入試など、何かと問題を解く能力ばかりが注目される。もちろん問題を解く能力は非常に重要である。しかし「問題を見つける能力」はそれと同じか、それ以上重要である。

問題を解く行為は、問題を見つけ、問題を知ることから始まる。入試では問題は勝手に与えられるが、社会では問題は自分で見つけなければいけない。しかし学校においても、問題を見つける訓練は問題を解く訓練に比べ非常に軽視されているのが現状だ。

質の良い問題を見つけることが、大きな成果を挙げるための第一歩であることに気付かなければならない。

ブランディング戦略。

ブランドと言えばエルメスやルイ・ヴィトンのようなファッションブランドが真っ先に思いつくが、何もファッションブランドだけのものではない。トヨタのレクサスやソニーやパナソニックだって立派なブランドである。ではそもそもブランドとは何か?

ブランドとは信用でありイメージである。そしてそれらの特徴として、作り上げるには非常に長い時間と努力、そしてお金が必要だが、崩れ去るのは一瞬であるということである。そこにブランド構築の難しさがある。

ブランド化の大きなメリットは何か?それは大きな付加価値である。ブランド化することによって価値は何倍にもなる。全く同じ商品でもブランド物とそうでない物では値段が桁違いである。ではそこまでしてブランド料を払う価値はあるのか?それは価値があると思う者は払い、価値を感じない者は払わない。ただそれだけである。ただブランド料というものも、全く無意味ではない。ブランド料は信用料であり、満足料である。それで自分が満足できればそれで充分である。

ブランディング戦略は物だけでなく、人にも応用できる。自分をブランド化することによって自分の価値を高め、人付き合い、そして仕事において優位に進めることができる。

iPS細胞の山中伸弥教授が、“VW”、つまり「ヴィジョンandハードワーク」が重要だとよく言われている。ハードワークだけでは量は稼げても質は稼げない。質を稼ぐのに必要なのがヴィジョンだ。そしてヴィジョンを持って質を稼ぐことはブランディング戦略にも通じるものがある。

日本にブランドがなかなか生まれないのは、ハードワークは得意だがヴィジョンをなかなか意識できないというところに原因がある。日本という国が成熟した現在、次に進むにはヴィジョンを持って、人・物・国をブランド化することが必要ではないだろうか。