思想、生き方、考え方」カテゴリーアーカイブ

一次情報を握ることの大切さ。

物事を判断するうえで重要になるのが、一次情報を握ることだ。一次情報とは、自らが直接関わって得た情報、もしくは情報源に非常に近いところから得た情報のことだ。

一次情報を得るのに一番手っ取り早いことは、仕事をすることだ。仕事とは一次情報との接触だと言えるからだ。

最近は、ネット上に情報が氾濫しており、知りたいことがあると手軽にネットで検索して簡単に情報を手に入れられる時代だ。しかしネット上に氾濫している情報のほとんどは二次情報・三次情報である。SNS上の情報などはその最たるものだ。

とは言え、ネットでもより一次情報に近い情報を得ることもできる。例えば首相官邸サイト、省庁のサイトなどには、非常に信頼できる情報が開示されている。

また他の例で言うと、研究する時に一次情報になるのは原論文である。解説書ではなく原論文に当たることの大切さはそこにある。解説書は原論文と併用して用いるのが効果的である。

何かを論じる時には、信頼性の低い二次情報ではなく、自ら苦労して得た信頼性の高い一次情報をもとに見解を述べるべきである。又聞き情報とも言える二次情報に依存するのは、非常に危険な行為である。

とは言え、全てのことに対して一次情報を得るのは現実的に不可能である。そのときは持っている情報を非常に吟味して判断しなければならない。

科学と哲学を分けるもの。

現代学問において、哲学と科学は全くの別物と考えられることが多いが、この両者には通じるものも多い。とは言え、似て非なるものと言える。実際に科学は理系、哲学は文系と区別されることからもわかる。

しかしこれらの源流をたどれば、両者は共通の起源にたどり着く。「ギリシャ哲学」である。

古代ギリシャ時代、数学や科学(もどきと言うべきか)はまだ細分化されておらず、これらは哲学の一部とみなされていた。当時、哲学者とは学問における万能者であった。アリストテレスもアルキメデスも現代では数学における成果で有名だが、彼らは哲学者であった。さらに日本では三平方の定理と言われている数学で一番有名な定理である「ピタゴラスの定理」(こちらの名前の方が世界標準の名称である)のピタゴラスに至っては、新興宗教の教祖だったという。ピタゴラスは無理数を発見したが、これは神の過ちによってできたものだと考え、信徒達に口止めさせていたと伝えられている。

では、科学と哲学が分岐した時代、すなわち中世に話を飛ばす。厳密な科学は15世紀に芽生えた。一般には物理学を創始したニュートンが本格的科学の祖と言えるが、それまでの道筋はケプラーの精密な天体運動の観測に始まり、ガリレイの地動説、同じくガリレイの相対性原理を経て、ニュートン力学、そしてニュートンの万有引力の法則が生まれた。

そして18世紀の産業革命によって科学は急速な進歩を遂げる。化学(化け学)は当時の錬金術に対する試みによる知識の蓄積と言える。残念ながら錬金術は全て失敗したが、その副産物として化学(化け学)は大きな進歩を遂げた。

そして20世紀。この世紀は「物理学の世紀」とも言われるくらい物理学が驚異的な膨張を見せた。それは1900年のプランクの量子仮説に始まり、1905年のアインシュタインの特殊相対性理論、1916年の一般相対性理論、そして1925年頃のハイゼンベルグ・シュレーディンガーらによる量子力学の完成によって土台が整う。

この様に科学は哲学とは独立の道を突っ走り始める。しかし哲学も科学もその根本には思想と論理が横たわっている。哲学はこれだけでいいのかもしれない。しかし科学にはこれに加えて「数学的構成」を行わなければいけない。

約100年前、アインシュタインが相対性理論を発表し世の中の注目を浴び始めた頃、とある哲学者がこう言ったという。

「私は相対的主義者だ。だから私に数学的才能があれば私が相対性理論を発見したであろう」と。しかしこの数学的構成力こそが科学の核であるのだから、「数学的才能があれば」などと言うのは見当違いも甚だしい。しかも相対的な理論ならアインシュタインを持ち出すまでもなく1600年頃にガリレイが相対性原理を完成させている。

哲学と科学の関係を歴史的視点から書いてきたが、これらを見ると

「科学者は哲学者であるが、哲学者は科学者ではない」

と言えるのではないだろうか。

心の浄化。

気が滅入った状態になると、心が廃れてくるものである。そのようなときには、心を浄化して綺麗になることが必要である。心を浄化する手段はいろいろある。広く一般にされているのは、禅とか瞑想かもしれない。それらも良かろうが、僕は「哲学書」を読んで思考力から浄化することをお勧めする。

哲学書と言っても様々で、最近本屋さんの店頭に平積みされているような入門解説書から本格的なものまでいろいろある。その中でも僕は歴史ある原著を読むことをお勧めする。岩波文庫などはその最たるものであろう。

岩波文庫に並べられているような名著は、ほとんどが少なくとも百年以上の歴史がある。ギリシャ哲学物であれば、二千年以上の歴史があることになる。そして名ある哲学者のほとんどは人格者でもある。そのような人格者に名著を通じて心を浄化してもらうのはなかなか良いものである。しかしそれは簡単ではない。哲学書と一字一句格闘しなければならないからである。

哲学書の原著の一番良いところは、解釈は自分次第であるということである。だから人それぞれによって解釈は全く異なってくることも多々ある。しかしそれは誰かが間違っているのではなく、全て正しいのである。重要なのは「自分の頭」で考えて解釈を導き出すという過程なのである。

個人的にはローマの哲人皇帝マルクス・アウレーリウスの「自省録」などが良いと思う。ローマ時代の哲学者であり、ローマ皇帝でもある人物である。ローマ時代には哲学者が皇帝になるのが一番理想的であると言われたそうだが、それが唯一実現したのがこの人物なのである。

最近の僕は数理物理で結果を出さなければと焦るあまり、哲学が疎かになっていた。心が廃れていた。そこでもう一度心を浄化して再生させるために、今一度哲学書を再読しようと思った次第である。

生き方。・・・今を見ることと、人生全部を見渡すこと・・・

人生とは?と言うと非常に堅い話になるが、人間ならおそらく何度も考えることだと思う。

人生とはどういうものか?僕はこう思う。

「人生とは彫刻のようなもので、生まれた時には切り取った丸太のようなもの。その丸太に時間をかけて掘っていく。そして人生が終わるときに出来上がった彫刻作品がその人の人生である。」

その時の一瞬一瞬を全力に生きる人、人生長い目で見てペース配分を考えながら生きる人、などいろいろな生き方・信条を持っている人がいると思うが、どちらが正しいのか?僕はどちらも正しいと思う。タイトルにも書いたが、今を見て今を打ち込むことと、人生長い目で見て信念を貫くこと、どちらが欠けても不完全なものになってしまう。

では僕はというと、長い目で見て悠長に構えるところがあって、それが欠点のような気がする。自分では結構情熱的で熱い方だと思うが、その割には先を見て考えてしまう。

自分が生きる意味は何か?その意味を常にしっかりと意識できると、何度失敗しても立ち直れる。そして常識とは異なる生き方をしていても、自分の生き方を貫ける。たとえ人からバカと言われ続けても、自分の生き方を貫ける。ただし非常にきつい生き方ではあるが。

人生のことを書いたが、何事にも部分を見る目と、全体を見る目、その両方・複眼的な見方をすることが大切である。

「自分の人生」という作品がどのようなものになるのか、楽しみである。

「どちらが良いか」ではなく、「どちらがより悪くないか」という判断も大切だ。

最近、高速増殖炉「もんじゅ」を廃炉にするという方向性が決まったようだ。もんじゅについては既に一兆円以上のお金がつぎ込まれており、今まで引くに引けない状態だったのではということは容易に想像つく。しかし、大金をつぎ込んだからやめるのはもったいないという考えでズルズル引きずれば、損失は大きくなるばかりだ。

このもんじゅについての判断で欠けていたのは、「どちらがより悪くないか」という判断ではないか。「どちらが良いか」という判断は、精神的にも比較的判断しやすい。しかし窮地に立ち判断を迫られたとき、どちらがより悪くないかという思考をするのには勇気がいる。どうしてもそれまで取り組んできたことを引きずりがちになってしまうからだ。

この様な判断は、もんじゅについてだけではない。一般によく言われていることでもあるが、選挙でも同じことである。どの候補に投票しようかと考えた時、まずどの候補がより良いかという判断をしようとする。しかし多くの場合、良いと思える候補が一人もいない。そこで「どの候補もいいと思わないから投票しない」ということではなく、「より悪くない候補に投票しよう」と思うことが大事だ。そのほうがはるかに積極的で建設的な行動である。

現在、若者の投票離れ、政治離れが問題になっている。政治に関する関心は、教育と密接に関係している。学校では政治の仕組みについては詳しく学ぶであろう。そして「良いと思う候補者に投票しなさい」と。しかしなぜ一言「良いと思える候補者がいない場合は、より悪くない候補者に投票しよう」と言えないのか。このような思考の欠如が巡り巡って、もんじゅに対する対処判断にまで影響している。

もったいないとかいう感情的判断ではなく、何より建設的論理的判断をすることが必要である。そしてそれを行動に移して意思表示をする。そのようなことをしっかりすれば、権力をもった老人が若者を見下す態度も少しはましになるであろう。

努力することは素晴らしく、何かを成し遂げるためには必須だが、美化されるものではない。

何かで成功を収めるためには、何かで勝つためには、努力は避けて通れない道だ。多くの分野において、努力は必須のものである。もちろん個人差はあるが、努力は成功の出発点だ。

とは言え、努力をしたからといって、必ず成功するとは限らない。しかしその逆は言える。つまり「成功した人は必ず努力をしている。」

もうずいぶん前の話になるが、当時中学生だった岩崎恭子さんがバルセロナオリンピック競泳で金メダルを取った時は衝撃的だった。しかし岩崎さんに大人から浴びせられた言葉は冷たかったという。「努力をしないで金を取っても価値がない」「苦労もしないで」というような類の言葉を浴びせられたという。少し考えれば、岩崎さんが「努力をしないで」なんてことはありえないということくらいはわかるはずである。なんと愚かな大人たちであろうか。努力というものは、人に見せるものではない。人の見ていないところでコツコツとすることが努力である。

努力したからと言って、必ず結果がついてくるとは限らない。そこが単純ではないところであるが、しかし努力をしないと出発点にも立てないのである。

岩崎さんに冷たい言葉を浴びせた愚かな大人たちは、おそらく努力を本気でしたことはないのではないかと疑ってしまう。それとも「苦労」を努力と勘違いしているのか。愚かな大人たちには、努力の大部分は他人には見えないと言うことくらいはわかって欲しいものである。とは言え、努力そのものは美化されるべきものではない。成功者に対して後から勝手に美化されているだけなのである。

それから最後に一言、

「努力をバカにするな!」

捨てなければいけないプライドと、持ち続けなければいけないプライド

よく、「プライドを捨てなければいけない」という人がいる。では、プライドとはいったい何なのだろうか?

僕はプライドには2種類あると思っている。

一つは、過去の栄光に対するプライド。

もう一つは、「これから絶対に結果を出して活躍してやる」というプライド。

一つ目の、過去の栄光に対するプライドは捨てた方がいいのかもしれない。しかし過去の栄光も次へのステップのきっかけになることがあるので、すべてを捨て去る必要はない。しか余計なものは捨てて、身軽になった方がいいのかもしれない。

そして二つ目の「これから何が何でもやってやる」というプライドは、絶対に捨ててはならない。自分は誰にも負けないんだというプライドは、トップを目指す者にとっては必要不可欠なプライドだ。

「握りこぶしの中に しまっておいた勇気と わずかなプライド握りしめたら」

という歌詞を歌ったシンガーソングライターがいる。僕はこの歌詞を常に胸の中に秘めている。

プライドの塊ではダメだけど、努力やビジョンに基づいたプライドは絶対に持ち続けなければならない。

勝負に立派な負けなど存在しない。吉田沙保里選手の論

こんな記事を見つけました。

「よく、試合後に負けはしたけれど強敵相手に善戦できて満足みたいなコメントをする人がいますが、冗談じゃありません。勝負は勝たなければダメ。」

(プレジデントオンライン、吉田沙保里の言葉より引用)

そうです。勝負に立派な負けなど本来は存在しないのです。

僕もオリンピックを見ていて、日本人選手が銀や銅メダルを取ると正直うれしい気持ちはあります。しかし銀は敗者なのです。銀や銅の選手に対しても「頑張った」と褒め称えるのは優しさかもしれません。しかしその一方、これは吉田沙保里選手のように勝つことが全てとストイックに戦っている選手に対する侮辱ではないかとも思うのです。

吉田沙保里選手のような論を、なにもサラリーマンに対しても当てはめろとは全く思いません。しかし何かしら「勝負」の世界で生きている人間にとっては、吉田沙保里選手の言っていることが一番の正論だと思います。

吉田選手は「勝負に優しさは邪魔」とも言っています。

普段の生活で吉田選手の言っているようなことを言うと、非常に冷酷な人間ととらえられるかもしれません。しかし勝負の世界は別、吉田選手は勝負の世界の何たるかを教えてくれているのです。

このような論に、吉田選手の並外れた強さの秘訣が隠れているのかもしれません。

とは言え、日本人が銀メダルも銅メダルを取るとうれしいけど・・・

 

批判されてナンボ

最近、世の中全体が批判の恐怖におびえているように思う。有名人のネット炎上から、一般市民の周りからのバッシング。そんな僕も一時期批判されることに臆病になっていたことがあった。

しかし、ネットが発達したコミュニケーション社会では、むしろ、誰にも非難されないことの方が珍しいのかもしれない。もし誰にも何も批判されないのならば、それは自分が何もやっていない証拠、あるいは何も行動を起こしていない証拠。批判されないことはむしろ恥ずべきことなのかもしれな。

批判されることが普通であると考えれば、少しは気分が楽になるのかもしれない。しかし間違った批判・誤解には誠心誠意対応しなければならない。しかし低レベルな批判まで対応する必要はない。相手が対応すべき誠実な人か、論理が通じる人かを見分けなければならない。

いっその事、批判大歓迎・バッシング大歓迎くらいの割り切った気持ちを持つことができればいいが、自分を含めてそこまで心が広い人はなかなかいない。心が広くない自分が恥ずかしい。しかし、批判されることが普通で、誰からも批判されないことなどまずないと心に銘ずることは、生きていくうえで大事なことだ。

「批判されてナンボ」これくらいの気持ちで生きていけば、オリンピックに出ても動揺しないような?強い心を持てる(かもしれない)。

勝負の世界では、ただ一人の勝者のみが全てをつかみ取るべきだ

間もなく、リオデジャネイロオリンピックが始まる。われわれ一般人にとってはスポーツの祭典であり、テレビで楽しむくらいだが、出場するアスリートにとっては4年に一度の大舞台であり、最大・最高の勝負の舞台である。

オリンピックには上位3人にメダルが授与される。2位や3位に入って銀メダル・銅メダルを獲得して喜んでいる選手も多い。もちろん2位も3位もすごいことなのかもしれない。しかし僕はその喜びに違和感を感じる。なぜなら、勝者は1位のみだと思っているからである。2位は敗者なのである。そして勝者のみが全てを手に入れるべきなのである。銀メダルを取って喜んでいるうちは(もちろん非常にレベルの高い選手であることはわかるが)そのレベルの選手なのだということである。本当に勝ちを狙っている選手は、2位では絶対に喜ばないはずだ。

分野は変わるが、物理や数学などの学問の世界は勝負の世界ではないのかもしれない。それに単純に1位2位を付けられない。(もちろん、学校のテストの点数などのような次元の話をしているわけではない。)しかし、僕は学問の世界でも世界一の成果を出すことが重要だと考えている。あえて物理や数学の世界も勝負の世界だと考えている。だから学問の世界でも勝者のみが全てをつかみ取るべきだ。

学問の世界を含めて、オンリーワンであることが大切だと言われることが多い。しかしオンリーワンであることなどは当たり前のことであって、わざわざオンリーワンであることを強調するほどのことではない。ナンバー1はオンリー1でもある。しかしオンリー1は必ずしもナンバー1ではない。だから、ナンバー1を目指すべきなのである。ナンバー1になれば、オンリー1は必然的についてくる。

僕は現在は、数理物理の世界でも完全に敗者の方にいる。立ち位置としては底辺にいるといってよい。しかし、僕が目指しているのは学問の世界で食っていくことではない。ナンバー1の成果を出すことである。だから、まだ全然結果の出していない現在は、何一つ要求することはない。今は無でもいい。しかしナンバー1の結果を出すことに成功すれば、すべてをつかみ取ろうと思っている。

もちろん、何かを取るために研究しているのではない。数理物理の研究は生きがいであり、ライフワーク、人生におけるミッションである。そして、解決を目指しているテーマも、明確に定めている。しかし人生をかけて取り組むからには、絶対にナンバー1になるというくらいの覚悟は必要だ。

勝者は一人だけなのである。間もなく始まるオリンピックの選手も2位ではなく、「勝つ」ことを目指してほしい。