思想、生き方、考え方」カテゴリーアーカイブ

隙間時間を上手く使う。

最近僕が強く感じているのが、いかに隙間時間を上手に使うかということだ。今取り組んでいることに対してまとまった時間が取れ、集中できれば一番いいが、普段生活していればやはり雑用などが入り、時間が細切れになってしまう。したがってこのような隙間時間をいかにうまく使うかが、成否の分かれ目になってくる。

隙間時間を「これだけしか時間がないからどうでもいいや」と思うか、「少ない時間だけど、その時間を使って少しでも前に進めよう」と思うか、このような思い方一つで取り組み方が大きく変わってくる。

僕が非常に有用な時間だと感じているのが、電車の中の時間だ。電車に乗っている時間というものは隙間時間だと言えるが、電車の中の適度な雑音が結構心地よく、集中するのに最適な環境であるように思える。

これまで成功者を見ていると、皆、隙間時間の使い方が非常に上手い。一分の時間さえも大切にしている。隙間時間を上手く使えるかどうかはの分かれ目は、時間を大切にする心にあるのかもしれない。

ファンキーなホンダ・モンキー125cc。

ホンダの人気原付バイク「モンキー」の125cc版が、今年7月に発売されるという記事を見た。もともとモンキーは50ccのバイクであったが、規制とか何とかで発売が中止され、125ccとして生まれ変わるみたいだ。

モンキーは実にファンキーなバイクだ。人間で言えば、久保田利伸とかルパン三世が似合いそうだ。ルパン三世はチンクエチェント(FIAT500)という車に乗っていたが、もしルパンがバイクに乗っていたら間違いなくモンキーであろう。ちなみに僕は大学時代まで、久保田利伸に似ていると言われていた。

僕はファンキーなことが大好きだ。ブログでは毎日、少し真面目な記事を書いているが、根はファンキーである。いや、ファンキーでありたいと思っている。ルパンみたいになりたいと思っている。

今年の7月にモンキーが発売されると知って、本気でモンキーが欲しくなった。(僕は中型二輪の免許を持っており、昔はホンダ・NSR250という凄く速いバイクに乗っていた。)モンキーに乗ってファンキー道を極めるのも面白いかもしれない。

自分に厳しすぎるのも良くない。

自分に甘いのは良くないと言われるが、逆に自分に厳しすぎるのも良くない。必要なのは適度な厳しさであり、次につながる反省である。次につながらない厳しさは百害あって一利なしだ。

そして時には自分に甘くなるのも良いかもしれない。精神的に緊張し厳しく判断する時と、甘くリラックスする時の緩急をつけることが必要である。ビジネスマンがアフター5に飲みに行くのも、次の日への活力だと考えれば、何もかもを極限まで追いつめるのも良くないことが分かる。

僕自身も自分に厳しくすべきところは厳しくすべきだと常々思うが、自分に甘いためか、つい気分転換に走ってしまうことが良くある。もちろんいつも気分転換に浸るわけにはいかないが、気分転換をした際はその気分転換を次への原動力に転換すべく進まなければならないと感じている。

受け入れること、守ること。

柔軟性は何に関しても大事である。しかし、何でも人の意見を受け入れ、自我を全く持たないことも考えものである。重要な事は、人の意見を受け入れるべきところで受け入れる柔軟性と、自我を守るべきところで守る堅持性を使い分けることである。

また、これは他人に対する態度にも言える。他人に対して何でも意見を突きつけることは、善意で言っているとしても、それを過度に要求することは禁物だ。時には突き放して放置することも重要である。相手を突き放すことは言い換えると、相手へのリスペクトでもある。相手をリスペクトし、主体性を求めることが大事なのである。

何でも自分で考え主体的に行動する人と、常に他人に意見を求め行動する人と、二通りいるだろう。いや、この表現は誤解を与えるかもしれない。その中間もいるだろうし、どちらかに少し偏っている人もいるだろう。人間は多種多様である。しかしどちらが良くて、どちらが悪いというわけではない。自分の力が最も発揮できるスタイルを取ればいいのである。

主体性が強い人間にとって人に意見を求めることは簡単ではないし、その逆も然りである。しかしどちらかに固定するのではなく、それらを使い分ける柔軟性を持つ人間が一番強いのかもしれない。それを実行するのは非常に難しいことではあるが。

環境は周りから与えられるものではなく、自分で作るものだ。

現在、自分の置かれた環境についていろいろと思うところはあるが、一つ確かなことは、環境は周りから与えられるものではなく、自分で作るものだ、ということだ。

もちろん自分で環境を作ると言っても、自分だけの世界を作るわけではなく、周りを巻き込むことも重要であろう。そうなれば完全に自分だけが動いて作るというわけではなく、周りの力も利用してということになる。時には運よく周りから与えられることもあるだろう。しかし初めから全ての環境を与えられるのを待っていては、いつになっても環境は構築できない。

周りの力を利用できるかどうかということも、自分の実力のうちである。そして時には環境をお金で買うこともあるだろう。そのような意味で、環境構築力はあらゆることの総合力であると言える。

自分の力を思いっきり発揮できる環境を構築できるか?それには人間としての総合力が問われることになる。

次世代は三刀流がチャンスだ!

現在、大谷翔平選手の二刀流が話題になっている。そして学問の分野では学際分野という言葉が頻繁に使われ、二分野にまたがる勉強・研究が盛んだ。

二刀流を実行するのは容易ではないし、誰にでもできるものではない。しかし現在は二刀流はかなり市民権を得てきているように思える。

そこで次は三刀流がチャンスではないかと感じる。研究で言うと、三分野にまたがる研究ということだ。自分のテリトリーを三分野に持つ。これは二刀流以上に難しいとは思うが、インパクトは絶大である。

軸足を三つ持つことによって、他人には見えないことが見えるようになる。そして選択肢の幅も圧倒的に広くなるだろう。三分野融合、三刀流で挑戦するには、準備も人の三倍以上必要であるが、それを実行できる気力と能力があれば、そこへ突き進んでみるのも非常に面白い。

基本的文献。

勉強や研究を行う時、全ての書物・論文が同じ比重であることはありえない。ある書物は何度も繰り返し読み込み、それ以外の書物は軽く流し読む程度であろう。その何度も繰り返し読み込む書物・論文が基本的文献と言えるかもしれない。

基本的文献は、軸足となる文献であらねばならない。従ってそれは、枝葉末節的なものではなく、非常に基礎的な文献である。何かにつまずいたとき、あるいは原点を確認したい時、その基本的文献に立ち返ることになる。

基本的文献は、分厚い書物であることもあろうし、短編の論文であることもあろう。分厚さは関係ないと言えるが、基本的文献は短編であるほうが便利だ。

基本的文献が定まっていないということは、目標が明確に定まっていないということだ。まず目標を定め、それを達成するにはどのような文献が必要か?それらの文献にいろいろと当たっていく中で、少数の基本的文献が定まるであろう。

誇示するための知識ではなく、中に秘めたる知識を。

なぜ知識を身に付けるのか?それは仕事で必要であったり、あるいは自分を高めるためであったりと様々であろう。知識はないよりもあったほうが良いし、知識を高めるのは自然な行動だ。

しかし、知識の使い道を誤ってはいけない。知識は決して誇示するためにあるのではない。誇示する程度の知識など、何の意味もない。知識は中に秘めてこそ価値があるのである。

最近、テレビで池上彰氏の解説番組をよく見るが、池上氏の中に秘めたる知識は相当なものだ。それは量的にも膨大であり、質的にも非常に高い。池上彰氏の有機的知識の活用と、それの伝え方には、舌を巻いてしまう。

では質の高い知識とは何か?それは単に用語や事柄を知っているだけではなく、あらゆることに有機的に結びつけることのできる知識だ。単独の暗記用語などは、単にアルファベットを覚えているのと変わりはない。歴史で言うと、単に年号と出来事を暗記しているだけではなく、歴史の流れの中でどのように位置づけられるか?あるいはそれをどう解釈できるか?ということである。

知識とは決して誇示する程度のものであってはならない。いかに知識を自分のものにし、自分を高め、あらゆることに活用できるかということにかかっている。

これまでの人間ではなく、いかにこれからの人間になるか。

いかにして過去を過去の事として切り捨てられるか。これができる人とできない人とに二つに分かれる。例えば、学歴とか過去の実績など、それを武器として渡り歩くのも一つの手かもしれないが、新しい未来を切り開くのに過去の事にこだわりすぎていては革新的な未来を築くのは難しい。

例え学歴や実績があっても、もし自分の現在の実力に自信があれば、学歴や実績などはちょっとした付属品程度に思える。逆に自分に自信がなければ、過度に学歴などに頼ることになり、そこから自信と実力のなさが暴露される。

過去にすがりこれまでの人間に終わるのか?それとも過去を切り捨て未来に懸け、これからの人間として歩んでいくのか?これから新たなる平野を切り開こうとする人間にとっては、過去にすがっている暇はないはずだ。

実力と努力と運。

大谷翔平選手を見て、この三つの事が頭に浮かんだ。大谷選手はこの三つ全てを持ち合わせている。

大谷選手の実力は誰も疑わないだろう。そして努力についても様々なメディアから伝えられている。そして運に関しては、多くの人が二刀流に懐疑的であった中、日本ハムファイターズに入団し、栗山監督という最大の理解者を得ることができた。そして現在、エンゼルスに入団したことも恐らく最適であったのだろう。

この運というものは、本当に運任せではない。運は自分が掴み取ることができるものだ。運を掴み取るのも実力のうちとよく言う。実力のない者は運をつかみ取れない。

実力と努力と運の三つを持ち合わせた人は多くないのかもしれない。しかしそれを初めから無理だと思う人は、持ち合わせていないという以前に、持ち合わせる資格がないと言える。自分は実力と努力と運を持ち合わせていると思い込み前に進める人が、この三つをつかみ取るチャンスを得られるのだろう。