投稿者「木原 康明」のアーカイブ

心の容量。

心の容量(キャパシティー)に余裕がないと、寛容な判断ができなくなる。そのように余裕がない時、その理由は二つある。一つは元々の容量が少ない場合。もう一つはいろいろ詰め込まれて空きがない場合だ。

心はパソコンのストレージと同じで、いかに空き容量を確保するかが重要だ。しかし簡単に容量を増やすことができない一方、油断すればすぐに容量は少なくなってしまう。

ストレスフルな現代社会において、寛容に振る舞うことができないこともよくある。人に対してストレスを感じるとき、その原因はその人にあるのではなく、自分の心に余裕がないことが原因であることに気付く。人に対して寛容になれないことは、自分に対して大きな制限にもなってしまう。

容量を少しでも大きくし、無駄なものは抱え込まずに心に余裕を持たせる。それはなかなか簡単な事ではないが、日常においてそのようなことを意識しつつ寛容に、そしてさらに心臓に毛を生やすことができれば、人生がより明るく、そして軽やかになるであろう。

最年少記録を打ち立て続ける藤井六段。年齢をどう捉えるか?

藤井聡太六段がまた一つの記録を作った。順位戦C級2組を全勝(史上6人目)で一期抜け。そして年間60勝(史上4人目)、先日には年度記録4冠(史上3人目)も達成している。最年少記録を次々と打ち立て続ける藤井聡太六段は驚異的としか言いようがない。

もちろん年少で記録し続けることはそれだけで大きな価値があるが、しかし記録は年少でないと価値がないわけではない。米長邦雄永世棋聖のような大器晩成の棋士もおり、その他の分野を見渡しても晩成の人物はいたるところで見かける。

もう歳だからとあきらめる人は多い。もちろんそれは賢い選択であろう。ただ、賢すぎる生き方をする人物は、なかなか偉大にはなれないような気がする。大成するためにはバカな面は多かれ少なかれ必要だ。バカになり切れるか、そこが非常に重要なポイントである。

バカというのはネガティブな事ではない。バカになりきるためには才能・人間性など、あらゆる資質が必要である。才能がない人間はバカにはなりきれない。

自分はどこまでバカになり切れるか?そんなことに挑戦したいと思う今日この頃である。

昭恵夫人は利用されているのか?

現在、国会で渦中の人となっている安倍昭恵夫人。森友問題に関しては次々と疑惑が出ているが、昭恵夫人はどこまで責任を取るべきなのだろうか?

もちろん、現在の財務省を中心とする問題はあくまで“疑惑”なので真相は完全に明らかになっていないが、普通に考えれば昭恵夫人は完全に森友側に利用されていたと言えるだろう。とは言え、首相夫人の立場でありながら簡単に利用されるのは問題であり、昭恵夫人に全く悪意はなかったにせよ責任問題は生じてくる。

責任の本丸は財務省であり、また首相であるといえる。この双者は切っても切れない関係であり、片方だけに責任を負わせるのはとかげのしっぽ切りとなってしまう。もちろん首相に関しては支持率などの国民の審判が下されるので、財務省側だけに責任を負わせたからといって首相が無傷で済むわけではない。さらにそれによって国会が進行しなければ、首相の責任問題はさらに強くなる。

とは言え、昭恵夫人に責任はあったとしても、過度な責任を押し付けてはならない。責任の矢面に立つのは安倍首相・麻生財務大臣、そして財務省である。そして官僚・職員に対して一極に責任を押し付けることはあってはならない。先日、職員に自殺者が出てしまったが、一極に責任を押し付けると第二の自殺者が出ないとは限らない。与党・財務省の対応、そして野党の追及に関しては共に、過度な偏りのない行動が強く求められる。

理論物理学者・ホーキング博士が亡くなられた。

イギリスの物理学者・ホーキング博士が亡くなられた。ホーキング博士は車いすの物理学者として有名で、宇宙物理学が専門と言われているが、一般相対性理論を深く追究されており、相対論と量子論の学際分野で活躍されていたという印象がある。

僕がまだ中学生くらいの頃、「ホーキングの最新宇宙論」という一般向け書物を書かれて僕も興味深く読んだが、一般相対論の専門書「The large scale structure of space-time」は専門家の間では座右の書として有名だ(僕もこの本には少しお世話になっている)。

僕個人的には、ブラックホール・エントロピー(ベッケンシュタイン・ホーキング・エントロピーとも言う)に関する論文を読んだことを思い出す。

これらの分野では、ホーキング博士と並び、同じくイギリスの物理学者・ペンローズ博士が双璧だが、今回のホーキング博士の死去はその片翼を失ったという印象を受ける。

ホーキング博士も取り組んでいた、一般相対論と量子論の融合(量子重力理論)はまだ未完成だが、ホーキング博士の遺志をついでこの理論を完成させる人物は出てくるのか?それとも全く違う形で解決されるのか?これからの理論の発展に注目だ。

人生で、社会で、暴れまくる!

普通、暴れまくると言えば迷惑な話に聞こえそうだが、人生において、そして社会において暴れまくることは、究極であり重要だ。自分のテリトリーで、そして自分の専門分野で、日本国内だけでなく世界の舞台で暴れまくることは重要である。

ただ、多くの人はおとなしすぎる。遠慮をしすぎる。何かで前に出ようとするとき、厚かましいくらいがちょうどいいのである。

最近は良くも悪くもオンリーワンということが重視され、競争とは距離を置く風潮がある。なぜか競争というものが悪者にされているが、社会の本質は競争であると言っても過言ではない。山に籠って仙人にでもならない限り、競争は避けられない。

ただ競争だけに明け暮れるのではなく、自分のオリジナリティーをじっくり発酵させることももちろん重要である。発酵という言葉の通り、これは非常に時間のかかることであるし、我慢がいることでもある。

自分が自分でいるためにどうすればいいか?競争の中にいながらも、自分の独自性というものを見極め温めなければならない。そしておとなしくいるだけでなく、それぞれの世界で暴れまくらなければならない。

弱さを見せれる人になれ!

弱さを見せられるのは、強さの裏返しである。本当に弱い人は、弱さをひた隠しにしようとする。いかに弱さを見せられる人間になれるか、そこに人間としての器が試されている。

弱さを見せて、それが相手に受け入れられるようになれば、もう十分に強い。自信を持って見せる弱さには、強さがにじみ出ているからだ。逆に弱さを隠すために見せる強さは虚勢でしかない。虚勢を張っても、見る人によってはすぐに見抜かれる。自分がそこまで強くなくても、少しずつ弱さを見せいていけばいい。弱さを見せることによって本当の自分を自覚し、自分がどの方向に進めばいいのかが見えてくる。

弱さを見せて強くなる。そんなことが自然にできれば、意識しなくても一歩ずつ理想への階段を昇って行けるであろう。

もはや震災後ではない?

太平洋戦争後、1950年代だろうか?「もはや戦後ではない」という言葉が流行ったらしい。これは戦後のネガティブな意識から脱却して、次の時代へ向かおうという未来志向な意識の表れだと思う。戦後ではないとは言っても、必ずしも戦争を忘れるということではない。

3.11、東日本大震災から7年経った。震災を風化させてはいけないが、「もはや震災後ではない」という意識も大事なのではないだろうか。もちろん東北の現地の住民は十分に未来志向の意識を持ち、次へ進もうとしているのだと思う。いつまでも震災後ではいられない。

歴史も人生も、過去を教訓にしながら未来を見据えて進むものだと感じる。過去を忘れてはならないが、過去を引きずってはならない。人生で言えば「もはや過去の自分ではない」という未来志向の意識が大事なのだと思う。

歴史も社会も人生も、常に過去を乗り越え、そして未来の自分を構築するために時には過去の自分を捨てないといけない時もあるのかもしれない。今重要なのは、過去ではなく未来なのだから。

健康であるということは、最大の実力だ。

人間一生、常に健康であるということはありえないだろう。誰しも調子を崩したり病気になったりすることはある。しかし健康をいかにして維持するかということは非常に大事である。

健康を崩して思い通りにいかなかったということはよくあることだ。しかし、「実力はあるけど調子を崩して上手くいかなかった」という言い訳は極力するべきではない。なぜなら、健康を維持できるかということも、非常に大きな実力の一部であるからだ。健康であることは、大きな才能である。

そんな僕も過去に大きく調子を崩したことがある。それが故に思い通りにいかなかったことも多々ある。しかしそれも人生の重要な一部分であり、調子を崩して上手くいかなかったのは実力が足りなかったからだと思っている。

しかしそのように上手くいかなかった過去を覆して挽回できれば、それも大きな実力である。全ての事は実力だと僕は思っている。

過去は変えられない。だから過去を悔やんでも仕方がない。しかし未来は思い通りに変えられると僕は思っている。あるいは、未来を思い通りに変えられるかということも実力に大きく関わってくるのかもしれない。一番重要な実力は、自分の未来を変える力であると言えよう。

睡眠は善か?悪か?

僕は自他共に認める超ロングスリーパーだ。しかし日常においてロングスリーパーであることによるメリットはほとんどなく、デメリットでしかない。しかも睡眠リズムは非常に不規則だ。

ところで睡眠は善なのか?悪なのか?よく「寝ているのは死んでいるのと同じだ」と言われる。確かに寝ている間は社会生活を何もしていないので、そういう意味では死んでいるのと同じと言えるかもしれない。しかし当たり前の話だが、睡眠を取らずに生活を送っていれば、生活や社会活動の質は圧倒的に落ちてしまう。そういう意味では起きている時の質を上げるためにも睡眠は欠かせない。

タレントの武井壮さんは1時間しか寝ないらしい。実際テレビ番組で武井さんの睡眠の検証をしていたが、(真実は分からないが)本当であるらしい。僕には考えられないことだが、社会には3時間ほどしか寝ない超ショートスリーパーがいる。かのナポレオンも3時間しか寝なかったという話は有名だ。社会生活において、取り組む時間の長さが鍵を握る仕事をしている人にとってはショートスリーパーであることは非常に重要だ。

その一方、圧倒的に質が重要な仕事も存在する。もしかしたら学問の研究もそうかもしれない。相対性理論で有名な物理学者・アインシュタインもロングスリーパーであり、一日10時間寝ていたという話は有名だ。

通常の日常生活・社会生活を送る上では適切な睡眠時間、あるいは適度に短い睡眠時間で規則正しく生活することが一番理想的でメリットが多いかもしれないが、特殊な例では睡眠の多さが鍵を握る活動を行っている人もいる。ただしこれらの人は社会的には非常に厳しい立場に置かれることが多いようだ。

アマチュアにも夢がある、天体観測の世界。

先日、超新星の爆発の瞬間を偶然撮影したアルゼンチンのアマチュア天文家が話題になった。超新星爆発の瞬間は全く予測できないので、プロだから撮影できるというものではない。従って在野にいる多くのアマチュア天文家の力が必要になる。もちろん撮影データの解析はプロがするのだが、撮影に成功したアマチュア天文家の功績は絶大だ。

多くの分野ではプロとアマチュアでは力の断層があり、トップアマチュアでも普通のプロにはかなわない。それは昨今話題になっている将棋の世界でも明らかだ。将棋ではアマ四段が奨励会(プロへの登竜門)六級程度と言われ、さらにプロは奨励会三段を切り抜けた四段からだ。

しかし天文の世界のアマチュアは面白い。アマとプロが協力体制を敷いているのだ。今回の重要な発見に関するネイチャー(一流論文雑誌)に掲載された論文の著者には、プロの名前に混ざってアマチュアの天文家の名前もある。

アマチュアとプロとの役割の違いはあるが、アマが論文に名前を連ねることができる天文の世界は、アマにとっても非常にエキサイティングである。