月別アーカイブ: 4月 2018

精神と肉体。

頭を使う生き方をしている人でもその頭を支えているのは体であるし、逆に体を使う生き方をするにしてもその体を動かすのは頭だ。どんな生き方をするにしても、精神と肉体は切り離せない。

研究者という頭を使う仕事をしている人の中にも、体を動かし鍛えている人は多い。僕の大学時代の恩師の数学者はハードな筋トレをしていたし、iPS細胞の山中伸弥教授がジョギングを日課とし、しばしばフルマラソンに参加しているのは有名な話だ。

一流のプロスポーツ選手はほぼ例外なく頭をフルに使っている。イチロー選手が非常に頭脳明晰な選手であることは明らかであるし、大谷翔平選手も非常に思考しながらプレーに取り組んでいる。

ただ体が強ければいいとか、頭が良ければいいという訳ではなく、頭と体、精神と肉体の両方を鍛錬することが重要であり、片方の鍛錬がもう一方のパフォーマンスに大きく影響を与えることを認識して生きることが大切である。

本はとにかく買いまくれ!

勉強や研究に取り組んでいる人にとって、書物は必要不可欠な道具だ。もちろん本をほとんど参照せずに創造的な仕事をする尊敬すべき人もいるが、多くの研究者にとって書物を身から離すことはできない。

僕は学生時代、とにかく本を買いまくっていた。その域は半分コレクターと言ってもいいくらいであった。他の学生からは、本ばかり買ってどうするんだという目で見られていた。そういうこともあって、少し本を買うのを遠慮している時期もあったのだが、昔買った本が後々役に立つということが多く、昔本を買って良かったと思う一方、遠慮して買わなかった本が絶版になり手に入れられないということも多く、買わなかったことを後悔することも多い。

本を買いまくると言っても、意味のない本は買う必要はない。例えばファッション雑誌などは全て立ち読みで済ませるし、一般書なども結構立ち読みで流し読みをしている。しかし少しでも気になる専門書は極力購入することにしている。

最近はamazonという非常に便利なネットショップが存在する。特に専門洋書関係は実在店舗には全く置いていないので、全てネットで注文することになる。しかし和書に関しては、できるだけ実在店舗で手に取り購入することにしている。

意味のない本を買えとは全く言わないが、自分の知性を少しでも高める書物はとにかく買いまくることを強くお勧めする。もちろん、予算との兼ね合いがあるが、書物にはお金を優先的に投入するだけの価値はある。

南北朝鮮、和解か?

27日、北朝鮮・金正恩氏と韓国・文在寅氏による南北首脳会談が開かれ、非常に融和的な結果をもたらした。休戦協定は平和協定に転換することで合意し、朝鮮半島の非核化も明言された。これらの文言だけを聞くと非常に実りのある会談であったように思える。しかし問題もないわけではない。

一番の懸念は、非核化へのプロセスが全く明示されていないことだ。非核化へどのように進んで行くか?このことを具体的に明示しない限りは、再び反故にされる可能性もある。

とは言え、今回の金正恩氏と文在寅氏の行動はリスペクトに値する。今回の会談を「パフォーマンスだ」と非難する人がいるが、僕は非常に重要なパフォーマンスであったと思う。そして何よりも、金氏、文氏の命を懸けた会談(大げさでなく)であったと思う。二人が板門店で会うという行為自体、命を懸けたものであり、二人の覚悟は非常に伝わってくる。

今後、南北朝鮮は東西ドイツがたどった道をたどれるのか?非常に注目されるところである。

数値は絶対だが、解釈はあいまいだ。

例えば、健康診断では様々な数値がはじき出されるが、その数値をもって健康かどうかを判断する基準はあいまいだ。たしかに数値自体は絶対的で間違いないのだろうが・・・。

健康診断以外でも、原発事故による放射線物質汚染に対する基準、タバコの害に対する基準、どちらも数値は(おそらく)厳密に出てくる。しかしそれに対する解釈は人間の主観による部分も大きい。

たしかに全ての害悪に対する数値がゼロであれば、何の心配もないし、スッキリするかもしれない。しかし何に対してもゼロという数値はまずありえない。例えば放射線物質に関しては微量ながら自然界にも存在するわけであるし、(個人的にはタバコは大嫌いなので、なくなってほしいが)わずかなタバコの煙よりも害悪を与える自然要因はいくらでもある。

全ての害に関して、完全にゼロにすることは原理的に不可能であり(タバコはただ無くせばいいだけかもしれないが)、仮にできたとしても膨大なコストがかかる。そのコストを他の要因の低減に回した方がはるかにコスト対効果は高い。

害を容認するわけでは全くないが、一つの要因だけに注目するのではなく、あらゆる要因を総合的に判断する大局的な視点が大事である。

隙間時間を上手く使う。

最近僕が強く感じているのが、いかに隙間時間を上手に使うかということだ。今取り組んでいることに対してまとまった時間が取れ、集中できれば一番いいが、普段生活していればやはり雑用などが入り、時間が細切れになってしまう。したがってこのような隙間時間をいかにうまく使うかが、成否の分かれ目になってくる。

隙間時間を「これだけしか時間がないからどうでもいいや」と思うか、「少ない時間だけど、その時間を使って少しでも前に進めよう」と思うか、このような思い方一つで取り組み方が大きく変わってくる。

僕が非常に有用な時間だと感じているのが、電車の中の時間だ。電車に乗っている時間というものは隙間時間だと言えるが、電車の中の適度な雑音が結構心地よく、集中するのに最適な環境であるように思える。

これまで成功者を見ていると、皆、隙間時間の使い方が非常に上手い。一分の時間さえも大切にしている。隙間時間を上手く使えるかどうかはの分かれ目は、時間を大切にする心にあるのかもしれない。

ファンキーなホンダ・モンキー125cc。

ホンダの人気原付バイク「モンキー」の125cc版が、今年7月に発売されるという記事を見た。もともとモンキーは50ccのバイクであったが、規制とか何とかで発売が中止され、125ccとして生まれ変わるみたいだ。

モンキーは実にファンキーなバイクだ。人間で言えば、久保田利伸とかルパン三世が似合いそうだ。ルパン三世はチンクエチェント(FIAT500)という車に乗っていたが、もしルパンがバイクに乗っていたら間違いなくモンキーであろう。ちなみに僕は大学時代まで、久保田利伸に似ていると言われていた。

僕はファンキーなことが大好きだ。ブログでは毎日、少し真面目な記事を書いているが、根はファンキーである。いや、ファンキーでありたいと思っている。ルパンみたいになりたいと思っている。

今年の7月にモンキーが発売されると知って、本気でモンキーが欲しくなった。(僕は中型二輪の免許を持っており、昔はホンダ・NSR250という凄く速いバイクに乗っていた。)モンキーに乗ってファンキー道を極めるのも面白いかもしれない。

自分に厳しすぎるのも良くない。

自分に甘いのは良くないと言われるが、逆に自分に厳しすぎるのも良くない。必要なのは適度な厳しさであり、次につながる反省である。次につながらない厳しさは百害あって一利なしだ。

そして時には自分に甘くなるのも良いかもしれない。精神的に緊張し厳しく判断する時と、甘くリラックスする時の緩急をつけることが必要である。ビジネスマンがアフター5に飲みに行くのも、次の日への活力だと考えれば、何もかもを極限まで追いつめるのも良くないことが分かる。

僕自身も自分に厳しくすべきところは厳しくすべきだと常々思うが、自分に甘いためか、つい気分転換に走ってしまうことが良くある。もちろんいつも気分転換に浸るわけにはいかないが、気分転換をした際はその気分転換を次への原動力に転換すべく進まなければならないと感じている。

受け入れること、守ること。

柔軟性は何に関しても大事である。しかし、何でも人の意見を受け入れ、自我を全く持たないことも考えものである。重要な事は、人の意見を受け入れるべきところで受け入れる柔軟性と、自我を守るべきところで守る堅持性を使い分けることである。

また、これは他人に対する態度にも言える。他人に対して何でも意見を突きつけることは、善意で言っているとしても、それを過度に要求することは禁物だ。時には突き放して放置することも重要である。相手を突き放すことは言い換えると、相手へのリスペクトでもある。相手をリスペクトし、主体性を求めることが大事なのである。

何でも自分で考え主体的に行動する人と、常に他人に意見を求め行動する人と、二通りいるだろう。いや、この表現は誤解を与えるかもしれない。その中間もいるだろうし、どちらかに少し偏っている人もいるだろう。人間は多種多様である。しかしどちらが良くて、どちらが悪いというわけではない。自分の力が最も発揮できるスタイルを取ればいいのである。

主体性が強い人間にとって人に意見を求めることは簡単ではないし、その逆も然りである。しかしどちらかに固定するのではなく、それらを使い分ける柔軟性を持つ人間が一番強いのかもしれない。それを実行するのは非常に難しいことではあるが。

環境は周りから与えられるものではなく、自分で作るものだ。

現在、自分の置かれた環境についていろいろと思うところはあるが、一つ確かなことは、環境は周りから与えられるものではなく、自分で作るものだ、ということだ。

もちろん自分で環境を作ると言っても、自分だけの世界を作るわけではなく、周りを巻き込むことも重要であろう。そうなれば完全に自分だけが動いて作るというわけではなく、周りの力も利用してということになる。時には運よく周りから与えられることもあるだろう。しかし初めから全ての環境を与えられるのを待っていては、いつになっても環境は構築できない。

周りの力を利用できるかどうかということも、自分の実力のうちである。そして時には環境をお金で買うこともあるだろう。そのような意味で、環境構築力はあらゆることの総合力であると言える。

自分の力を思いっきり発揮できる環境を構築できるか?それには人間としての総合力が問われることになる。

オフレコ。

現在、財務事務次官のセクハラ問題に関して、「オフレコ」が話題になっている。ある記事では、今回の女性記者の情報提供について、オフレコ規則を破る自殺行為だとも言っている。はたしてそうだろうか?

オフレコとは、政治・経済関連の機密事項、及び発信者の秘密を目的としたものだ。今回の次官と女性記者のやり取りはオフレコだったということだが、そもそもセクハラ発言に関してオフレコにする必要は全くないし、セクハラをオフレコとするならば、それはオフレコを盾とする隠匿以外の何物でもない。

確かにオフレコを守ることは非常に重要である。時には国家機密に関するものもあるだろう。それらに関してオフレコを破っていたのでは国益に関わることもあり、また取材そのものも成立しない。

しかし今回のセクハラ騒動は、オフレコを守るべきものでもなんでもないし、オフレコとは全く次元の異なる事案でもある。こんなことをいちいち書かざるを得ないのも非常に次元の低い話であるが。

次世代は三刀流がチャンスだ!

現在、大谷翔平選手の二刀流が話題になっている。そして学問の分野では学際分野という言葉が頻繁に使われ、二分野にまたがる勉強・研究が盛んだ。

二刀流を実行するのは容易ではないし、誰にでもできるものではない。しかし現在は二刀流はかなり市民権を得てきているように思える。

そこで次は三刀流がチャンスではないかと感じる。研究で言うと、三分野にまたがる研究ということだ。自分のテリトリーを三分野に持つ。これは二刀流以上に難しいとは思うが、インパクトは絶大である。

軸足を三つ持つことによって、他人には見えないことが見えるようになる。そして選択肢の幅も圧倒的に広くなるだろう。三分野融合、三刀流で挑戦するには、準備も人の三倍以上必要であるが、それを実行できる気力と能力があれば、そこへ突き進んでみるのも非常に面白い。

安倍強権政治の副作用。

18日、セクハラ疑惑の財務事務次官の辞任が決まった。財務次官のセクハラ疑惑に関しては誰が見ても弁解の余地がないものであり、次官、そして財務省・政府の見解は非常に首をかしげるものばかりだ。

今回の疑惑をはじめ、政府周辺では最近、立て続けに疑惑・騒動が起きている。これらの疑惑に関しては様々な原因があるだろうが、その中の大きな理由に安倍政権があまりにも強くなりすぎたということがあるだろう。

強い政府は何も悪いことばかりではない。特に対外的には政府が強いことはポジティブな面も強く、強い政府・安倍一強だからこそ成すことができたことも少なくはない。僕自身も、安倍首相本人に対してはそんなに否定的には思っていない。

しかし現在、安倍首相はあまりにも強くなりすぎてしまった。おそらく安倍首相周辺はイエスマンの集団になり、そして安倍首相側の人間は安倍首相を盾にして一方的な解釈をしている。僕にはそう思える。

このような、官僚などの安倍首相周辺の状況を見ると、安倍政権もそろそろ潮時ではないのかと感じる。新しいトップのもとに、政府周辺の意識を改革することが求められる。

今さえ良ければいいのか?

元首相・小泉純一郎氏の記事を読んだ。小泉氏は震災以来、原発ゼロを訴えていることで有名だ。原発ゼロに関しては僕自身も賛成であるが、小泉氏によると、原発をめぐる状況には様々なしがらみがあるようで、一言で原発ゼロと言ってもそれを遂行するのは容易くないようだ。

ただ、原発がなくても電力需要を満たすことができる事は、震災直後の原発不稼働時期に証明されている。だから物理的には今すぐにでも可能なのだ。

元首相である小泉氏の意見は、政治界、経済界を総合しての知見によるものであると感じている。その小泉氏が原発ゼロを訴えているということは、おそらくそれが可能であるということであろう。いや、それを可能にしなければならないのかもしれない。そのためには国民も無関係ではなく、今さえ良ければいいという考えを捨てて行動しなければならないのかもしれない。

基本的文献。

勉強や研究を行う時、全ての書物・論文が同じ比重であることはありえない。ある書物は何度も繰り返し読み込み、それ以外の書物は軽く流し読む程度であろう。その何度も繰り返し読み込む書物・論文が基本的文献と言えるかもしれない。

基本的文献は、軸足となる文献であらねばならない。従ってそれは、枝葉末節的なものではなく、非常に基礎的な文献である。何かにつまずいたとき、あるいは原点を確認したい時、その基本的文献に立ち返ることになる。

基本的文献は、分厚い書物であることもあろうし、短編の論文であることもあろう。分厚さは関係ないと言えるが、基本的文献は短編であるほうが便利だ。

基本的文献が定まっていないということは、目標が明確に定まっていないということだ。まず目標を定め、それを達成するにはどのような文献が必要か?それらの文献にいろいろと当たっていく中で、少数の基本的文献が定まるであろう。

誇示するための知識ではなく、中に秘めたる知識を。

なぜ知識を身に付けるのか?それは仕事で必要であったり、あるいは自分を高めるためであったりと様々であろう。知識はないよりもあったほうが良いし、知識を高めるのは自然な行動だ。

しかし、知識の使い道を誤ってはいけない。知識は決して誇示するためにあるのではない。誇示する程度の知識など、何の意味もない。知識は中に秘めてこそ価値があるのである。

最近、テレビで池上彰氏の解説番組をよく見るが、池上氏の中に秘めたる知識は相当なものだ。それは量的にも膨大であり、質的にも非常に高い。池上彰氏の有機的知識の活用と、それの伝え方には、舌を巻いてしまう。

では質の高い知識とは何か?それは単に用語や事柄を知っているだけではなく、あらゆることに有機的に結びつけることのできる知識だ。単独の暗記用語などは、単にアルファベットを覚えているのと変わりはない。歴史で言うと、単に年号と出来事を暗記しているだけではなく、歴史の流れの中でどのように位置づけられるか?あるいはそれをどう解釈できるか?ということである。

知識とは決して誇示する程度のものであってはならない。いかに知識を自分のものにし、自分を高め、あらゆることに活用できるかということにかかっている。

これまでの人間ではなく、いかにこれからの人間になるか。

いかにして過去を過去の事として切り捨てられるか。これができる人とできない人とに二つに分かれる。例えば、学歴とか過去の実績など、それを武器として渡り歩くのも一つの手かもしれないが、新しい未来を切り開くのに過去の事にこだわりすぎていては革新的な未来を築くのは難しい。

例え学歴や実績があっても、もし自分の現在の実力に自信があれば、学歴や実績などはちょっとした付属品程度に思える。逆に自分に自信がなければ、過度に学歴などに頼ることになり、そこから自信と実力のなさが暴露される。

過去にすがりこれまでの人間に終わるのか?それとも過去を切り捨て未来に懸け、これからの人間として歩んでいくのか?これから新たなる平野を切り開こうとする人間にとっては、過去にすがっている暇はないはずだ。

実力と努力と運。

大谷翔平選手を見て、この三つの事が頭に浮かんだ。大谷選手はこの三つ全てを持ち合わせている。

大谷選手の実力は誰も疑わないだろう。そして努力についても様々なメディアから伝えられている。そして運に関しては、多くの人が二刀流に懐疑的であった中、日本ハムファイターズに入団し、栗山監督という最大の理解者を得ることができた。そして現在、エンゼルスに入団したことも恐らく最適であったのだろう。

この運というものは、本当に運任せではない。運は自分が掴み取ることができるものだ。運を掴み取るのも実力のうちとよく言う。実力のない者は運をつかみ取れない。

実力と努力と運の三つを持ち合わせた人は多くないのかもしれない。しかしそれを初めから無理だと思う人は、持ち合わせていないという以前に、持ち合わせる資格がないと言える。自分は実力と努力と運を持ち合わせていると思い込み前に進める人が、この三つをつかみ取るチャンスを得られるのだろう。

個を磨く時代だ!

僕らが子供の頃は、集団の時代、協調の時代だった。もちろん今でも社会は集団であるし、協調性は非常に重要だ。

僕は今でも小学校の校長が言い放った言葉を覚えている。それは「社会の歯車になって」という言葉だ。今では信じられないことだが、何度もその言葉を言い放っていた。

現在はあらゆるところで多様化が進んでいる。多様化が進めばもちろん“個”が重要になる。即ち現在は個を磨く時代だと言える。

とは言っても、“人間”という言葉が示すように、「人の間」すなわち社会の中で生きていることには変わりない。ただ個の比重が大きくなっただけだと言える。

集団の中で威力を発揮する人間の個があり、個人プレーで威力を発揮する個もある。ただどちらにしても、他人と比べて可もなく不可もなくという状態では、これからの時代をリードしていくのは難しい。もちろん集団の中で埋もれて行くのなら問題はないのかもしれないが。

全ての人に対してではないが、個を尖らせてトップを目指すことが強く求められているような気がする。そう感じるのは僕だけではないはずだ。

「記憶にございません」は、せこい。

政治家への疑惑追及で定番の答弁となっている「記憶にございません」という言葉。この言葉は考えれば考えるほどせこい言葉であることに気付く。

この言葉の特徴は、「やっていません」とは言っていないところだ。記憶にございませんと否定して、もし本当であることが暴露されると「やっていたけど記憶にないだけだ」と言い逃れができる点だ。すなわち嘘は言っていないと。

政治家は非常に便利な言葉を開発したものだ。国会での疑惑の追及は「記憶にございません」のオンパレードだ。この言葉は本当に禁止用語にしてもらいたいくらいだ。

「記憶にございません」と弁明する政治家は、それだけで信用すべき価値のない人間である。

本当に良い物はシンプルだ。

「シンプル・イズ・ベスト」という言葉があるように、本当に良い物はシンプルである。例えば時計なども(もちろん好みにもよるが)シンプルな物の方が飽きが来なくて使い勝手が良い。

そして科学も例外ではない。大理論と呼ばれるものは、その芯は必ずシンプルだ。量子力学はシュレーディンガー方程式が全てだと言えるし、一般相対性理論はアインシュタイン方程式が全てだ。古典的進化論は自然淘汰が全てだと言えるし、iPS細胞は山中ファクターと呼ばれる4つの遺伝子が全てだと言える。

将棋や囲碁のルールは非常にシンプルだが、非常に奥が深いゲームでもある。スポーツで言えば、サッカーは非常にシンプルであるが故に、世界で最も広く親しまれている。世界一速い人間を決める100m走は、最もシンプルで最も注目を浴びるスポーツだと言えよう。

何かを極めようとするとき、二つの道がある。単純化と複雑化である。しかしより後世へ残るのは単純化されたものだと思う。ただしシンプルだからと言って簡単であるわけではない。シンプルな結果を出すまでの過程は、非常に難しく複雑である。その複雑で泥臭い過程を乗り越えてこそ、シンプルで良い物が構築される。

毎日が勝負!

特別な日を勝負の日だと意気込むことはよくあるが、逆に言えば普段は勝負の日ではないということになる。毎日勝負の日が続いていると疲れる気もするが、できる事なら普段の日も気を抜かずに全力投球で勝負したいものである。

現在、メジャーリーガーの大谷翔平選手の活躍が話題になっているが、大谷選手のような先発投手はリリーフ投手と違って、いかに長いイニングを投げて試合を作るかということが重要になる。だから初めから100%の力で投げるということはできない。力を抜くところと力を入れるところの使い分けが重要になる。

野球の先発投手のように、人生もいかにコンスタントに成果を挙げるかということが重要である。そう考えると、勝負する時とそうでない時を使い分けないといけないのかもしれない。しかし全力で勝負して行けるところまで行くという生き方もありだと思う。

そんな全力で出し切る生き方が現在できているとは到底思えないが、とにかく今を全力で毎日勝負するという生き方を目指してみたい。

自分の専門について語るとき、慎重にならなければならない。

自分の専門の事について語るとき、つい冗長になってしまう。専門外の事なら少々間違ったことを言っても言い訳が通じるが、専門の事に関してはそんな言い訳も通じない。

科学を語るとき、意外と真実は一つではない。見る角度によって解釈は異なるし、定義の仕方によっても結論は変わる。答えが一つではないからこそ、自分の解釈が明白に現れ、自分がどのような人物かということが相手に伝わる。だからこそ科学を専門にしている者が科学を語るとき、慎重にならなくてはいけない。

即結果を出す大谷翔平。

今、二刀流・大谷翔平が熱い。メジャーリーグが開幕し、初先発初勝利後、3試合連続の本塁打。もちろん活躍の内容も素晴らしいが、即戦力として求められ、即結果を出すことには頭が下がる。

僕自身は何に対しても意外と粘り強くこなすのだが、大体想定よりもはるかに長い時間がかかっている。時間が決められると時間内にはできない。即結果を出すということができないのだ。

時間がかかっても、それに見合うだけの成果を出せればよいと思っている。しかし人生は有限だ。いくら長くなっても寿命が来るまでに達成しなければならない。

大谷翔平のように大きな結果を即出すという離れ業はできないが、大きな結果を出すべく粘り強く前に進んでみよう。

知識の奥深さ。

科学や医学の事を取り上げるメディアは非常に多いが、それらのメディアで取り上げられている知識にどれくらいの深さを求めるかということは難しい問題である。あまりにも深く専門的になると見る人も離れてしまうので、どうしても表面的・実用的な知識の紹介になってしまう。それらの代表的な例がクイズ番組であろう。

実用的知識や雑学などは非常に面白く、知らないよりも知っていたほうが良いが、その一方で専門的見識を軽視することは非常に危険である。全ての分野において専門的見識を持つことは不可能であるが、自分の専門分野を持ち、その専門分野において深い見識を持つことは非常に重要である。

自分の専門分野を究めることは、その専門分野だけでなく、日常的な知識に対しても思考の深さを与える。表面的な実用的雑学的知識を習得すると同時に、知識を深く掘り下げる作業が人間の幅を広げることになるだろう。

健康であることは、最高の実力だ。

才能と言えば、頭の回転、あるいは行動力など様々思い浮かぶが、それらの才能をたどると、すべて心身の健康に行き着く。

僕の大学時代の恩師である数学者は、自転車で大学まで通い、毎日ハードな筋トレをされていた。あまりにもハードな筋トレをしていたため、くいしばった歯が弱くなってしまったそうだ。その恩師のまねをしているわけではないが、僕自身もこの5年くらいの間、毎日筋トレを欠かさずに行っている。筋トレをして引き締まった体になると、不思議なことに自分に対して自信が溢れ、物事に対して積極的な姿勢が取れるようになる。

余談であるが、筋トレは言い換えると体のメンテナンスと言えるが、体のメンテナンスに気を配ると、自分の持ち物などに対してもメンテナンスに気が配れるようになる。僕自身、靴磨きや鞄のメンテナンスにかなり気を配るようになった。

生きる姿勢として、ある程度健康マニアでいるくらいがちょうどいいのかもしれない。経営者には健康マニアが多いともよく聞く。度を越した健康マニアはさすがに問題があるかもしれないが、健康は最大の実力であると肝に銘じて、健康に気を配るべきなのかもしれない。

自分が自分であるために。

「自分らしくある」とはよく言うが、そもそも自分らしさとは何か?どの自分が本当の自分か?その答えはなかなか出ない。

“自分らしさ”の一つの答えは、現在のそのままの自分が本当の自分であると言える。そして本当の自分とは、時間が経つにつれて変化し続ける。常に本当の自分が同じである続けるということはありえない。

もちろん、本当の自分ということの他に、“理想の自分”というものもある。本当の自分と理想の自分は異なるが、理想の自分へ近づこうと努力することによって、本当の自分を理想の自分に近づけることができる。

ただ、自分は他人ではないのだから、自分が自分らしくあることは非常に重要である。理想の自分でもダメな自分でも、それが本当の自分ならそれでいいのではないか。

企業の研究に、独創性はいらないのか?

タイトルをこのように書いたが、もちろん企業における研究でも独創的な研究はいくらでもある。しかし僕が最近感じているのは「独創的なテーマの選定」の必要性だ。

最近、大手企業をはじめ、AI研究所なるものが続々でき、AI研究に対して巨額の予算が投じられている。もちろんそれだけの予算が投じられる背景には、将来ビジネスとしてそれを上回る利益を回収できる見込みがあるからだろう。

企業は大原則として利益追求のためにあるのだから、儲かる研究に資金を投じるのは当然である。しかし大手企業が新しい独創的テーマを選定できないことに、多少危機感を覚える。それで次世代ビジネスの世界で戦っていけるのかと。

分野が違うと、意外と本質は見えないものなのかもしれない。しかし本質の中には分野を問わず共通基盤的なものもある。そのような共通基盤的な本質を把握することは、どのような対象を専攻するにあたっても必要だと思うのだが。

リスクを取らない人間に魅力はない。

人生とはリスクを取り続けることだと思っている。リスクを取ることを止めた時、人生は意味をなさなくなる。なぜなら人生の活力源はいつの時代でもリスクによってもたらされるからだ。

物事を前に進めようとするとき、最も手っ取り早いのはリスクを取ることである。しかしリスクを取ると言っても金銭的なリスクではない。人生のリスクである。とは言え、リスクという名の通り、リスクをとれば必ず成功するとは限らない。失敗の可能性もあり得るからリスクと言うのである。

安全地帯に居ながら利益だけを享受しようという考えももちろんある。それができれば最も効果が高いと一見感じる。しかしそれは、長い人生をトータルで考えると最も非生産的な考えである。

人生が上手くいけば、何も魅力的な人間になる必要はないのかもしれない。どのような生き方を選択するかは人それぞれだ。しかし、リスクを取るべきところでリスクを取って、人生に意味を持たせたいと考えてしまう。

批判を恐れてはいけない。

最近何かと批判・炎上が話題になるが、批判に対して過敏になりすぎている世論・メディアに疑問を感じる。

例えば、批判が100件あったと言ったら単純に多いようにも思えるが、日本人口を単純に1億人と考えれば100人はたった0.0001%に過ぎない。100万人でやっと1%なのである。もちろん批判的な人たちが皆、批判的行動を起こすとは限らないので何とも言えないが、メディアが十人・百人の批判に過敏になるのは行き過ぎだと思う。

一般論に変わるが、どんなことに対しても批判的な勢力は一定の割合で存在する。だから100%支持されようと考えるのはナンセンスだ。確かに批判の割合が多ければそれは考え直すべきなのかもしれないが、一つ一つの批判に対して過敏になる必要はない。

それに新しいこと、革新的な事を行う場合は、ある程度の批判は付きものだ。これらの批判を気にしすぎていては革新は生まれない。批判を覆すほどの結果を出せば、何も問題はないのである。

小保方晴子氏を知りたい。

雑誌で小保方晴子氏が書かれたコラムを読みながら、ふと思った。「小保方晴子氏を知りたい!」

なぜ小保方氏を知るべきなのか?それはいくつか理由がある。その中でも一番の理由は、小保方氏を知ることによって、生物学の研究の世界のあり方、常識が理解できるからだ。

小保方氏の生物学での足跡は、言うまでもなく悪しき足跡だ。本人に悪意があったか無かったかは僕には知る由はないが、悪意の有無に関わらず小保方氏の責任は重い。STAP騒動以降、小保方氏には暗い影が落ちている。その中でも一番の闇は、笹井氏を亡くしたことであろう。

小保方氏の実験ノートが公開されていたが、素人の僕から見てもひどいものであった。小保方氏の行った実験の在り方を反面教師として、生物学の実験とはどうあるべきなのかということが見えてくる。

同じ科学でも、物理学や数学の世界と生命科学の世界では全くしきたりが異なる。小保方氏を通して生命科学の世界を少しでも覗いてみたいと強く感じる。