月別アーカイブ: 12月 2017

外相専用機は高いか?安いか?

12月18日、河野太郎外相は、外相専用機の導入を訴えたという。総理に政府専用機があるのは当然だが、外相専用機の導入はどうだろうか?

僕は外相専用機の導入には賛成だ。“外務”大臣という職がら、海外を飛び回るのは職務であろうし、外交トップに対する行動の自由度は国民の大きな利益にもつながる。海外での一回の会食に国の行方が決まる可能性もある中、外相専用機は大きな力になるのではないだろうか。

今回話に出ているガルフストリーム社のビジネスジェットは航続距離が長く、アメリカ東海岸、つまりワシントン、ニューヨークにも給油なしで行けるという。

河野太郎外相は中古でもよいと言っている。その点は導入コストもしっかりと検討されているみたいで、河野外相の発言には好感が持てる。今回の外相専用機の候補に挙がっているビジネスジェットは約80億円だそうだが、外相が世界を飛び回り職をこなし、この80億円を一気に回収してくれることを望む次第である。

睡眠を制するためには?

睡眠というものは制するためにあるのか?受け入れるものなのか?僕自身もよくわからないけど、おそらく両方とも間違っていないような気がする。人間は絶対に寝なければ生きていけないので睡眠は受け入れなければいけないものであるが、その一方、自分で制御できないと上手く日常生活を送ることはできない。

「寝ている時間は死んでいるのと同じだ」と言う人は非常に多いが、睡眠は起きている時間の準備時間であり、活動的な生活を送るためにも睡眠は欠かせない。

僕自身、睡眠がなかなかコントロールできなくて常に悩んでおり、「睡眠の制御」は僕の人生の一大テーマと言っても過言ではない。「睡眠を制する者は、人生を制す」と言ってもよいのではないかとも思っている。

ナポレオンは3時間しか睡眠を取らなかったと聞くし、フランスの現在の若きリーダー・マクロン大統領も3時間睡眠であるとこの前テレビで耳にした。一方、相対性理論を生み出した物理学者・アインシュタインは10時間寝ていたという。つまり、睡眠時間は何時間が良いということは決まっておらず、人それぞれに適切な時間があるのだろう。

僕には今、大きな目標がある。それも複数ある。人生のマルチタスクとも言うべきかもしれないが、適切な優先順位を付けて柔軟にこなしていくべきだと思っている。しかしそれを達成するためには、睡眠を制することは大前提になると考えている。本当に悩ましい問題であるが、目標を達成するためにも睡眠の問題を何とか解決しようと日々試行錯誤している。

外見は内面を映す鏡である。

「内面が良ければ外見はどうでもよい」という意見をよく聞く。確かにそうである。外見だけを張りぼてのように飾って内面が全然出来ていない人より、外見が疎かでも内面が素晴らしい人の方が圧倒的に良い。とは言え、内面は意外と外見にも表れてくるものだ。

外見と言っても、服装がお洒落だとかそういう話ではない。もちろんお洒落ならばそれはそれで良いことだが。服装の着方から、はたまた顔の表情、姿勢、振る舞い方など、外面のあらゆるところに内面が表れるものである。内面が変われば外見も変わる。あるいは人間としての地位なども外見に大きく関わってくる。

内面を変えることによって外見を変えるのは素晴らしいことだが、外見から入るというのも一つの手である。着ている服装、持ち物、あるいは姿勢、顔の表情を変えることを意識することによって、内面を変えるというものである。

外見を侮るなかれ。外見は意外と内面をさらけ出している。「内面は超一流、外見は1.5流」というのが理想かもしれないが、内面を磨き、外面を整えるという意識を持つことが非常に重要である。

前に進むなら、100%の安全はありえない。

現代社会は、安全社会・保障社会であると言える。何事に対しても100%の安全を求め、もし上手くいかない場合は保障を強く求められる。確かに交通安全だとか治安に関しては限りない安全を求めるのは当然であろう。

現在、自動車の世界では自動運転の開発が活発に進められている。そこで一番問題になるのは、自動運転の試験運転時の安全だ。まだ開発段階であるので、試験運転時に事故が起こることは容易に想定される。もし事故が全く起きなければ、すでに実用化されているはずだ。試験運転時の事故は想定内であると言える。

そして自動運転の実用化に成功した後でも、もちろん事故は起こりえるだろう。問題はどの程度の事故率を容認するかだ。簡単な目安として、現在の(自動運転ではない)交通事故の事故率よりも自動運転の事故率が下回れば大成功であろう。しかしそんなに簡単にいかないことは容易に想像できる。

いずれは自動運転の事故率はかなり低下するであろう。しかしそれまでの過程を耐えられるかどうかだ。試験運転での一回の事故によって開発が停滞するようでは、長期的に見れば安全面においても市民の損失になる。しかし日本の社会的国民性を考えれば、そのようなことが起こりえるような気がするところが恐ろしい。

自動運転に限らず、何かに挑戦して前に進もうとするときには、100%の安全などありえない。挑戦者がどこまでの危険性に耐えられるか。そして周りの社会がそれをどこまで容認できるか。それには日本社会が特に欠けている大雑把さと寛容さが求められるところである。

しかし社会的風土というものはそんなに簡単に変えられない。やはり挑戦者は忍耐強く我慢するしかないというところであろうか。とにかく前を見て突き進んで行くしかない。

数字だけを見て判断するのは危険だ!

IT社会になりビッグデータが幅を利かす時代になったこともあり、数字だけで判断をする傾向は顕著になっている。ITを駆使すると、ビッグデータをもとに統計を取ることは非常に容易になり、また世界のどこにいても簡単にデータを取得・管理することが可能になった。

しかしそんな時代だからこそ、実物・現実を自分の目で見て判断することは重要であるのではないかと感じる。

数字・データだけで判断するのは容易であり、ある意味正確と言えるのかもしれない。数値で量的判断をするのは、今の時代コンピューターが自動的にしてくれる。そこで生身の人間に求められているのは質的判断だ。

数字はあくまでも統計などの結果であって、実態は現実社会で起きている。そしてそれを見て、感じて、人間は生きている。数字だけで動くのなら、現実社会はいらない。

数字だけですべてを判断することは非常に危険だ。数字によってむしろ実態が覆い隠されることもある。データ社会である今だからこそ、生身の現実に目を向けるべきではないかと感じる。

人間の命が有限であることに救われる。

北朝鮮の金王朝(金日成・金正日・金正恩)は、不老不死を望み、北朝鮮では不老不死の研究がされていると聞いたことがある。しかし不老不死とはいかず、金日成・金正日はこの世を去り、金正恩は暴君として振る舞っている。

ところで、不老不死は本当に理想なのだろうか?希望なのだろうか?僕はそうは全く思わない。人間は命が有限であることに救われていると感じている。

手塚治虫の著書に「火の鳥」という漫画がある。火の鳥の血を飲めば永遠の命が得られるとされ、人々は火の鳥を求め続ける。その中で永遠の命を得た人間が出てくる。そこで描かれているのは、永遠の命を得た人間の気の遠くなるような地獄である。正確に言うと「永遠に生きられる」ではなく「死ぬことができない」と言った方が正しい。死ぬことができないとははっきり言って地獄である。

人間は死ぬことによってリセットできる。もちろんリセットと言っても、死んだ後はもう何もないのだが。良かったこと、うれしかったこと、苦しかったことも死ぬことによって全てが無になるのである。このことを悔しがる人も多いとは思うが、僕はこれは人間の救いだと思っている。

こんなことを言っても、宗教とかそんなことに関連付けようとは毛頭思っていない。ただ、死ぬことをネガティブなことではなくてポジティブにとらえることも大事ではないかと思っているのである。

もちろん、不幸な死を遂げる人もいることは事実だ。そのような死まで救いだとは言うつもりはない。ただ、永遠の命などというものは追求すべきことではない、命は有限であるからこそ価値があるのだと言いたいのである。

有限の命だからこそ、命を大切にしたい。

大谷翔平の二刀流に、夢を期待する。

プロ野球・大谷翔平選手が、大リーグ・エンゼルスに入団することが決まった。若きスラッガー、若きエースの活躍に期待が膨らむ。

大谷選手がどう思い、どう感じ、大リーグ30球団の中からエンゼルスを選んだのか知る由はないが、大谷選手が判断して選んだのだから、エンゼルスが大谷翔平選手の活躍に一番適した球団だったのであろう。

大谷翔平と言えば“二刀流”。もちろん投手としても打者としても誰もが認める超一流であるが、僕を含めたファンが望むのは、投手として、打者としてではなく、二刀流としての大谷翔平であろう。もちろん球団にとってはシビアな判断なので、「投手に専念せよ」とか「打者に専念せよ」という声が聞こえるのだが、これらの声を聞いてもすごいところは、「投手」「打者」の双方で大きく評価されていることだ。

エンゼルスは、大谷翔平の二刀流を全面的に支援すると明言しているし、大谷本人は「最高なのはどちら(初ホームラン、初勝利)も一緒の試合でできることだと思います」と述べていることから、同一試合での投手・打者の二刀流も見られるかもしれない。

大谷翔平が“二刀流”とし世界No.1の選手になるのを、期待するのを堪えられないし、野茂やイチローとはまた違うパイオニアとして、これまでの常識を覆してほしい。

根拠になっていない根拠。

何かを、あるいは誰かを否定するときに用いられる根拠の中には、根拠になっていないものが意外と多い。例えば「前例がない」とか「年齢的に無理」というものだ。確かに場合によってはこれらはしっかりとした根拠になっている。スポーツならば医学的・生物学的に考えて年齢は大きな要素になりえるし、前例が大きな根拠になることもある。

「根拠にならない根拠」を覆すことは、非常にエキサイティングである。スポーツならば、イチローがそれを覆そうとしている。科学・学問の分野でもそのような根拠を根底から覆そうと日々励んでいる研究者がいる。

根拠にならない根拠が根拠になっていないことは、見る人が見ればすぐに見抜くことができるが、意外と世間や社会ではそのような根拠にならない根拠が幅を利かしていることに、落胆してしまうものである。

覚悟を決めて、迷いなし。

悩んでいる時というのは、大概覚悟が決められていない時である。そのような時、強い覚悟を決めるとつまらない悩みなどは吹っ飛んでしまう。そして人間関係で悩んでいる時は「来るものを拒まず、去る者を追わず」という気持ちを固めれば、これまた悩みが消える。こう言うと非常に簡単なことだが、これがなかなか決められないものである。

未練があったり、欲が出たり。中途半端が一番ダメである。「百かゼロか。」そのような強い決断力が何事にも必要である。

命に関する覚悟、人間に対する覚悟、あるいは今取り組んでいることに対する覚悟。何事にも強い覚悟を持って生きていきたい。人付き合いに対しても、相手が男であろうが女であろうが全力投球!

人生は有限である。そんな有限の人生を悔いのないように生きていくために、強い覚悟を持って生きていきたい。

ネット・ITより、リアルな体験に価値がある。

現代のネット万能社会において、ネット・IT崇拝はビジネスにおいても私生活においても非常に顕著になりつつある。昔は数千円出して買っていたビデオだったが、現在では無料で限りなく動画を見れるし、情報も限りなく手に入る。そのようなことは確かに便利だが、それは本当に望むべき姿なのだろうか?

現在の30代以上の人間は、アナログとデジタルの双方を体験してきた。だからこそ、その双方の良い面・不便な面を比較することができる。しかし20代よりも若い‘‘ネットネイティブ”と言われる若者たちは、生まれた時からネット社会にどっぷりと浸かり、デジタルな世界が当たり前だと感じているのかもしれない。

‘‘ネット・ITネイティブ”と言うとITを使いこなせる優秀なイメージがあるかもしれないが、その一方、現在の技術の中身・仕組みを知っている人はほとんどいないと思われ、ブラックボックスの入り口と出口だけを見て利用しているだけだとも言える。便利に利用できればブラックボックスでもなんでもいいと思うかもしれないが、周りの全てをブラックボックス化することは非常に危険だ。

このようなネット・ITへのアンチテーゼからか、アナログ世界への回帰があらゆる所で起こっている。例えば腕時計がそうである。最近の腕時計の最新技術はスマートウォッチであろう。スマートウォッチは時計という枠組みを超えて、メールから電話まであらゆることができる。このようなスマートウォッチが人気を集める一方、昔ながらの機械式時計も現在ブームである。100万円を超える機械式腕時計が人気を集めているという。このような機械式時計に魅力を感じるのも、現在のネット・IT社会へのアンチテーゼと見られるし、実際時計だけに限らず古典的な物・古典的なリアル体験が非常に注目を浴びている。

ネット・ITは総体的には莫大な価値があるが、単体で見るとそれらの価値は下がっているのではないかと感じる。その一方、アナログ的な物・体験は現在見直されてきており、これからはアナログ的な価値への追求がより盛んになるのではないかと感じられる。