月別アーカイブ: 7月 2017

知る権利?

1997年に起きた神戸連続児童殺傷事件の加害者による手記「絶歌」(2015年出版)について、購入を控えた神戸市立中央図書館に関する記事(神戸新聞NEXT)を見た。

この加害者による手記に関しては、様々な問題があると思うが、「プライバシーと知る権利のバランスをどう図るか」というのが一番の争点だと思う。

最近は「知る権利」という言葉がよく出されるが、この加害者の手記に関しておかしいのは、被害者のプライバシーに関しては公にされて、加害者に関しては名前が明らかにされていない(当時は加害者は少年だったため名前が公開されず、この手記の著者名も”元少年A”となっている)ことだ。事件当時、少年だった加害者の名前が伏せられるのは法に則ったものだが、手記を出版するにあたって知る権利が叫ばれる中、著者名だけが伏せられているのは明らかに矛盾している。

この著書に限らず、最近世の中のあらゆるところで知る権利が無差別に主張されていることには、疑問を感じてしまう。そもそも知る権利とは、「公的情報に関して市民が知る権利がある」という趣旨がメインだったはずだが、今では個人のプライバシーまで知る権利を押し付けられようとしている。

知る権利があるなら、「知られない権利」もあるはずだ。知る権利が法で定められていると主張するなら、そもそも法をしっかりと勉強しなければいけない(僕自身も法に詳しいわけではないので、あまり強く言えないが)。中身を吟味せずに”知る権利”という法のタイトルだけを用いて主張を押し付けるのは、明らかに間違っている。

社会的に汚い存在ということと、人間的に汚いということは、全く違う。

社会的評価というものは、自分の意図しないところで作られることが多い。いくら品行良く生きていても、周りの評価はそれに比例しない。最近、投資家の村上世彰氏を見ていてそう思った。

社会的評価と人間性は別物だ。村上世彰氏や、あるいはホリエモンもそうかもしれない。社会的立場にある人間は、表舞台にさらされている分、一挙手一投足によって社会的評価が左右される。時には前衛的でありすぎるが故に、刑務所に入れられてしまうことがある。本人は潔白であっても、社会的には汚い存在とされてしまう。

社会的評価というものは、社会の気まぐれであるので、社会的評価を気にしすぎる必要はない。別に社会的に汚い人間でもいいではないかと思う。自分が一人の人間として信じる道を歩けばいい。周りは周り、自分は自分と思えばいい。社会的評価を気にしすぎると、自分を縛り付けてしまうだけだ。

周りから汚いと思われようがどうでもいい。むしろある程度汚い方が生きやすいし、潔癖な人間よりもむしろ健全かもしれない。周りに合わせるのではなく、前衛的に道を切り開くことが大事だ。自分に自信を持って、信じる道を貫くことが大事だ。

選択と集中。

物事には優先順位を付けることが大事だ。そして、優先順位を付けるには、物事の本質を見抜き、どれが重要かを判断しなければいけない。

「選択と集中」が大事だとよく言われるが、選択して集中するためには、まずは広く物事を見通さなければならない。そのためには、幅広い知識が必要だ。大学で言うと、3年次・4年次での専門課程に入る前に、1年次・2年次で一般教養の訓練を受けることにあたる。

社会では、スペシャリストか、ジェネラリストか、という選択を迫られる。しかし重要なのは、スペシャリストでありながら一般的な見識を持つこと、またはジェネラリストでありながら専門的知識を持つことである。

自分を解き放つ!

自分に対して何か制限を課していないだろうか?例えば僕だったら、「一日一つのブログ記事を書く」ということも、一つの制限だった。元はと言えば、毎日ブログを更新しようということだったが、最近では「一つ”しか”更新しない」という制限になっていた。そういう制限を取っ払って、「書ける時はいくつでも書こう」というスタンスに変えることにした。

そこで今日も、この記事で4つ目のブログ記事だ。思ったら、考えたら、どんどんブログ記事を書いていこうと思う。書けるときは、一日に複数の記事をどんどん書いていく。

自分に対する制限は、何もブログ記事だけではない。筋トレの腹筋の回数、数理物理の研究に打ち込む時間帯、など様々ある。

しかし、怠慢している時間はどんどん制限して抑えなければいけない。本屋での立ち読みも制限しないといけないかもしれない。

とは言え、自分に対する積極的前進と向上のためには、制限を課すことは無意味だ。思いっきり暴れまくって、自分を解き放たなければならない!

ホリエモンロケットは、挑戦者の証だ!

ホリエモンこと、堀江貴文氏の立ち上げた会社が、7月30日午後4時半ころ、ロケットを打ち上げたという。このロケットはかなり本格的なもので、全長10メートル、重量は1トンにもなるという。今回の打ち上げは失敗したそうだが、いろいろな意味で注目すべき打ち上げだ。

このロケットの一番の特徴は、完全に民間企業だけで製作・打ち上げしているという点である。ロケットという巨大プロジェクトではどうしても公的な機関・開発研究施設の力を借りないと困難が伴うが、今回のプロジェクトが完全民間であるということの意味合いは非常に大きい。

堀江氏はご存じのとおり、考えたことは実行に移す人だ。あまりにも積極的に行動したためか、刑務所にも収監されたが、そんな逆風にも倒れず、出獄した後もこれでもかというくらい積極的に様々なことを実行している。今となれば、堀江氏の刑務所収監は、実行力の塊である彼の”勲章”でもあるように思える。

僕自身もかなり実行力には自信があるが、堀江氏と比べればかすんで見えないくらいにちっぽけに感じてしまう。

今回のロケット打ち上げは失敗したが、彼は確実に再挑戦するであろう。ロケット打ち上げは堀江貴文氏の挑戦の証である。

これまでボクシング王者挑戦(あるいは防衛)戦について思っていた、一つの疑問。

先日中国で、無名の日本人ボクサー(世界7位)が、世界王者の中国人ボクサーに挑戦し、下馬評を根底から覆す勝利を収めた。その日本人ボクサーの名は木村翔(28)という。僕はボクシングを観ることは好きなのだが、木村ボクサーの名前は全く知らなかった。この勝利の結果はニュースで知ったのだが、このニュースの一番の注目点は、中国という完全アウェーでの勝利だということだ。

これまでボクシングのベルト(王者)をかけた試合に関して、いつも疑問に思っていたことがある。それは、日本人が戦う王者戦がほぼ例外なく日本国内で行われているということである。心理戦でもあるボクシングの試合で、ホーム開催は圧倒的有利である。なので、日本人の戦う王者戦は圧倒的有利な環境で行われていることになる。そのことに疑問と不満を感じていた。

今回、日本人ボクサーが”敵地”中国という完全アウェーで勝ったことの価値の大きさは、非常に大きなものである。

今回の試合中、中国人王者が木村ボクサーに拳をタッチするだけで大いに歓声が沸き、木村ボクサーのパンチが当たってもシーンと静まり返っていたという。この様な状況の中で勝利した木村さんのメンタルは凄いものである。

しかし、このような状況は、これまで日本人ボクサーが外国人ボクサーにやってきたことそのものである。日本で行われる王者戦は、(当たり前のことだが)いつも日本人ボクサーの肩を持つものであった。そのような試合ばかりで、中立的に考えて圧倒的有利なホーム試合での日本人ボクサーの勝利にどれだけの価値があるか、疑問に思っていた。

しかし、今回の木村翔さんの勝利は、このような疑問を吹っ飛ばしてくれるものだ。外国で勝って王者になったボクサーの価値は非常に大きい。

ちなみに、日本人ボクサーが海外で世界王者を奪取したのは、1981年以36年ぶりだそうだ。

闇に包まれても。

闇に包まれている時は、いつ闇から抜け出せるか不安だ。闇からの出口はまだまだ遠いのか、それともすぐそばなのか。闇からの出口というものは出てみるまで分からない。

しかし闇に包まれていても、出た時の準備を怠ってはならない。闇から出た時、最大限に羽ばたけるように、抜かりない準備をしておかなければならない。

ただ、その場に留まっていれば、出口は永久に現れない。だから最低限の前進はしなければならない。なんなら、もがき苦しむのも悪くない。何もしないよりましだ。ただ前を見てもがき苦しまなければならない。

出口から出た時、どんな輝く光を浴びられるか。それを考えるとわくわくする。そんな気持ちを「希望」というのかもしれない。

努力は嘘をつく。

努力は嘘をつく。それでも努力を続けるか?それとも嘘をつくから努力をしないか?そこが分かれ目である。

要は、挑戦し続けるか?それとも現状維持するか?ということである。しかし、現状維持で満足すれば、その後現状維持を続けることは困難であろう。

挑戦と努力は一体である。最近は何かとゆとりが大事だとか、汗を流すことを格好悪いだとか、精神論を否定する人もいるが、しかし努力なしの進歩などはありえない。

しかし悩ましいのが、努力は成功を保証するものでないということである。とは言え、常に保証を背にしないと進めない保身的な人に、成功はない。失敗するリスクを抱えているからこそ、成功のチャンスが訪れるのである。

挑戦する前に、結果がすでに分かっていることなんてない。結果が分かっていることなど、挑戦とは言わない。事前に結果がわからないから、結果を過度に気にしすぎるのは良くない。少し遠い未来の展望と、目の前の課題をクリアすることに全力を注いで、挑戦し続けよう。

天才とは、この子のためにある言葉だと思った。

「メッセンジャーの○○は大丈夫なのか?」という番組に、インスタグラムのフォロワーが8万人いる女子小学生が紹介されていた。観る前は、「どうせ背伸びした小学生だろ」というくらいのことしか思っていなかったが、先に結論を言うと「天才少女」、さらに言えば、世界を相手にしてもトップに上り詰めるくらいの天才少女だ。

天才とは学問で言えば、アインシュタインやグロタンディークのことであり、現代で言えばエドワード・ウィッテンのことである。

よく話題になるIQ200の天才とか言われている人などは、天才の端くれでもない。IQなどというペーパーで測れる数値を取り上げられている時点で、天才でも何でもない。そして東大模試偏差値100とか言うやつ、ハイハイという感じである。もしこれらの人が天才というのなら、上に挙げた天才学者に匹敵する業績を挙げてください、と言いたくなる。

しかし、冒頭に挙げた少女、これは本当に天才である。少女(名前はLaraはさんと言う)は何をしている人であるかと言うと「デザイナー」である。そして12歳の小学生でありながら、人気のカバンブランド「サマンサ・タバサ」とデザイナー契約しているのである。

この子のデザインした絵を見ると、凄い!のである。”上手い”ではない。凄い!のである。この凄さは、素人でも瞬時にわかる。もちろんデザイナーの作品という性質上、玄人受けしても素人に分からなければ、凄いデザイナーとは言えない。

何度も言うが、決して上手いという評価ではない。もちろん上手いのは言うまでもないのだが、その子の立っている舞台は「上手い絵を書く画家」とは全く違う。一言で言えば、「世界観」が違う次元にいるのである。12歳の小学生だが、すでに舞台は世界を相手にしたデザイナーの世界にいるのである。小学生だからとか、12歳だからという扱いは全く無用である。

稼ぎも桁違いのようだ。それは当然である。才能ある人が実績を出せば、それに見合う対価を得るのは当然である。たまたまうまく流行に乗った子供芸人とは話が違う。

通称”天才”少年少女が取り上げられると「将来が楽しみである」と言われるのが筋だが、この少女は既に世界のトップにいる。IQ200の”通称”天才にこの子の存在を知らしめて欲しい。

高須院長の生きている姿を見ると、歳をとっても捨てたもんじゃないと明るい希望を抱ける。

高須クリニックの高須克弥院長が元気すぎる!高須院長の現在の年齢(2017年7月時点)は72歳だ!元気すぎる!

最近も、テレビ番組で中傷を受けたとして、謝罪を求めていた。その翌日には問題は解決したのだが、そのやり取りが爽快すぎる。少しもネチネチしていないのだ。謝罪を受けた高須院長は、「全部許すぜ!」と全面的に許す姿勢を見せ、度量の大きさを見せた。

歳を取ると、頑固になったり、もちろん体も弱くなったりするものだが、高須院長にはそんな兆候は微塵も見られない。高須院長の活発さや明るさは、現在の中年、そしておそらく若者も、「歳を取っても明るい生き方ができるんだ」と希望を抱かされる。

高須院長は、私生活でも快調だ。漫画家の西原理恵子さんと一緒に楽しんでおられる。西原さんとは結婚はしていないが、二人は私生活を謳歌されている。

ああ、お年を召しても高須院長のような明るい生活を続けたい!以前の高須クリニックのCMで、ヘリコプターに乗って快調に飛んでいるカッコいい高須院長を思い出す。

あっ、僕は基本は独りでいようとは思っているのだけど・・・

趣味ってなんだ?

趣味は本当に必要なのか?

最近の日本では、良くも悪くも趣味が美徳とされ、趣味は持つべきだという強迫観念があるように思える。しかし趣味は本当に必要なのか?と問われると、僕はどっちでもいいと答える。

趣味が生きる原動力になるのなら、その人にとって趣味は素晴らしいものであるし、暇つぶしに趣味をやっているのなら、はっきり言ってどうでもいい。

ただ一番問題なのが、世間が、社会が、趣味を強要している場合だ。世間が強要しているとは、人と会うと「趣味は何?」とお決まりのように質問することだ。もちろん話のネタ、話の入り口として軽い気持ちで聞いているのだとは思うが、特に趣味を持っていない人には迷惑であり、ストレスにもなる。

しかしもっと深刻なのは、社会が強要していることだ。例えば、入社面接で「趣味は何ですか?」と聞かれることが多いようだ。しかし、仕事をすることと趣味とは何も関係ないし、何の相関関係もない。こう言うと、面接官は「趣味が豊かな人の方が社交的で、円滑に仕事を進めることができる」などという後付としか思えない理由を付けるかもしれないが、僕には全くそうは思えない。少なくとも仕事内容・スキルが重視されるアメリカ・ヨーロッパにおいて、そんなことを入社面接で聞くバカはいないだろう。

それにそんなことを面接で聞く面接官は、本当は「一応定番の質問で、どこの会社でも聞いているだろうから」程度の横並び意識で質問しているのであろう。そんな質問をする面接官・企業は、自らの無能をさらけ出しているだけだ。

面白い人間か?豊かな人間か?という問いに、趣味は関係ない。もちろん趣味を持つこと自体は何も悪くない。しかし趣味がなくてもそれでいい。

ところで、十数年くらい前に田原総一郎氏の書かれた本のタイトルが、僕は大好きだ。そのタイトルは、

「面白い奴ほど仕事人間」

最後に僕自身の事を言うと、釣りが好きなので(最近は休止しているが、ゆとりができれば毎週末にでも行きたいと思っている)釣りが趣味とも言えるし、筋トレも趣味とも言える。音楽を聴くのも大好きだ。こう書くと、なんか趣味が多いような気がする。しかし、そんなことは僕自身の評価には何も関係ないと思っている。

ストレスフルな時代をどう乗り越えるか。

現代社会は、何かとストレスがかかる。もちろん同じ状況でも、ストレスの度合いはかなり違ってくるとは思うが。ストレス耐性の強い人間になることは、多くの人が望んでいることではないかと思う。

ところで、ストレスは記憶力に大きな影響を与えると言われている。記憶力をつかさどる、脳の「海馬」というところが、ストレスに非常に弱いらしい。悪くなった記憶力を回復させるためには、ストレス脳を何とかしなければいけない。

ストレス脳の回復には、運動がいいようだ。僕の場合、起きてから毎日筋トレをしているが、腹筋を何十回としている間ストレスは忘れ、腹筋をしながら前向きな考え事をしている。やはり体を動かして中にたまったものを吐き出すというのは、すごくいいと思うし、絶対に必要だと思う。

極端に言えば、現代社会を乗り越えられるかどうかは、いかにストレスに打ち勝って、ストレスの攻撃をかわすか、と言えるのかもしれない。自分も今は非常にストレス脳になっているが、前に進むためには何とかストレス脳を解消しなければいけない。

あと、余談:ストレスの解消にブラックチョコレートも良いらしい。僕もチョコレートを食べると、少し楽になる(ような気がする)。

自分を信じ抜くこと。

目標に向かって挑戦している者にとって、自分を信じ抜くことは大事だ。挑戦し続ける原動力になる自信と希望を持ち続けるには、自分を信じる心が必要不可欠だ。

極端な話、根拠のない自信でもいい。根拠のない自信でも、自信がないよりかはるかにましだ。根拠なんてものは、後からできてくる。

自分のことは、自分が一番よくわかっている。もちろん周りの人の方が見えていることもあるが、自分の頭の中、自分の心の中は、自分にしか見えないものであり、その自分にしか見えないものを基にして、意志というものが形成される。

周りの人の目を気にしすぎては、自分を縛り付けるばかりだ。もちろん社会で生きていくには、周りの目、周りの評価は気になるところだろう。しかし、自分の進むべき道は他でもない、自分自身が決めることだ。

自分の進むべき道を決めたら、後は自分を信じ抜いて進むだけだ。

生活はルーティーン化したほうが良い。

日々の生活において、常に考えながら物事に取り組むことは非常に重要だ。しかし、何に対して思考すべきか?その優先順位はしっかりと持っていなければいけない。

普段の行動について考えるのもいいが、重要なのは「何をするか」(これももちろん大事だが)ではなくて、「取組む行為において考える」ことだ。そのためには、普段の生活行動に関してはその都度考えるより、ルーティーン化したほうが良い。そして、取り組む対象に対して思いっきり考える。考える資源を集中するのだ。

とは言っても、もちろん「何をするか」についても、ほったらかしではいけない。定期的に、「より良くするためには何をすべきか」と見直すことも必要だ。

ルーティーン化できるところはルーティーン化して、試行錯誤するところは徹底的に試行錯誤する。そのような頭のメリハリをつけることが、物事を進める上でも大いに力になる。

今のままでは、日本は科学技術立国として勝てない!理研・高橋政代リーダーの対談記事を見て燃えた!

本屋で手に取った雑誌「東京カレンダー」に、理化学研究所・高橋政代リーダーの対談記事が載っていた。その中で高橋氏たちは、「理系で頑張っている人が大金持ちにならない国は、これからは勝てない」と話されていた。それには僕も同感である。

ビジネスと言うと、大学では経済学部だとか商学部のような文系をイメージするかもしれないが、実際は多くのビジネスの根源になっているのは「理系的技術」である。すなわち、理系軽視はビジネスの根源を断つことを意味する。極端な話、文系ばかりの集団ではビジネスを成り立たせるのは非常に困難だが、理系ばかりの集団ではビジネスは成り立つ。実際、アメリカの起業の聖地・シリコンバレーで起業する人は、ほぼ例外なく理系人間である。

文系重視の日本でMBA(経営学修士)の取得に必死になっている間、海外では理系技術の習得・開発に必死になっている。

こんな理系軽視の現状を見ると、どこが「科学技術立国」なのか?と思ってしまう。少なくとも、理系分野で研究開発を行っている人にお金の心配をさせるような国が、科学技術立国として勝てるとは思えない。高橋氏たちが言う「理系で頑張っている人が大金持ちにならない国は、これからは勝てない」という言葉には、理系にお金のことに関する無用な心配をさせてはならない、という意味合いがある。

「仕事は嫌なことをしていることに対する対価である」などと考えている人間は、人間としても4流・5流である。仕事を好んでしている人間には絶対に勝てない。好きで仕事をしている人間の中から一流が生まれる。理系でも、好きで研究開発にのめりこんでいる人しか、一流になれない。もちろん好きなことをしていても、苦しいことは多々ある。しかし苦しみを乗り越えられるのは、好きでやっているからである。これらのことは、多くの理系人間(もちろん文系人間も同じだと思う)が思っていることだと思う。

現在、日本人ノーベル賞受賞者が相次いでいることに日本人は浮かれているが、将来の日本の科学技術の展望は非常に暗いとしか言いようがない。

iPS細胞を使った臨床への応用が、着々と進む。

7月21日、iPS細胞を使った心臓病治療への臨床研究計画が明らかになった。iPS細胞の臨床への応用は、理研の高橋政代グループによる眼科での応用に次ぐものと思われる。iPS細胞に関する研究は、基礎研究から臨床へと、着々と前進しつつある。

今回の心臓に関する臨床は、心筋シート(心臓の細胞からなる、シート状の組織)を、心臓の弱った部分に張り付けて支えるというものであるらしい。iPS細胞による将来の目標として、心臓の臓器を丸々iPS細胞から製作するということが言われているが、それはまだまだ先のことかもしれない。

今回の心筋シートの映像をニュース番組で見たが、シート状の組織がまるで心臓が鼓動するかのように運動していた。この心筋シートは元々、血液から作られたものであり、血液細胞→iPS細胞→心臓細胞、という流れが端的に表れている。

今回のiPS細胞からの心臓治療からは、iPS細胞治療の壮大な可能性を感じるが、ではiPS細胞の限界は何か?専門家でない僕にはそこがまだ曖昧で見えてこない。なぜこんなことを書くかというと、iPS細胞を理解するには、iPS細胞の限界を知ることが必要だと考えるからである。

まだまだこれらに関する自分の知が小さいことを考えさせられる。それと同時に、iPS細胞の発展に非常に期待する次第である。

安倍首相の「こんな人たち」騒動。

都議選の応援演説で放った、安倍首相の「こんな人たち」という言葉に、多くの国民は悲しんだのではないだろうか。僕もそのうちの一人である。

僕自身は安倍首相に対してそんなに否定的な見方をしていない。安倍首相の残した実績は偉大なものであるし、政治家としての手腕は飛び抜けたものがある。そこは素直に認めるべきだ。

僕は、政治家の一つや二つの失言くらいのことは、そんなに気にはしない。むしろ、些細な失言に対して上げ足を取る政治家に対しての方が悪印象を持つ。

しかし、今回の「こんな人たち」の一言に、「安倍首相は国民に対してそんな目線で見ていたのか」と非常に失望した気持ちにさせられた。まして、安倍首相を支持していた人たちにとってはなおさらだ。この一言で安倍首相のことを全否定しようとは全く思わないが、かなり冷めた気持ちにはなった。

そしてここ最近、安倍首相とともに、菅官房長官の発言もかなりおかしくなってきている。政府の”両輪”がそろって狂い始めてきたように思う。これらは長期政権によるほころびのサインなのかもしれない。やはり政治組織のトップの任期制限というものは、非常に重要なのかもしれない。

現在の国会において安倍支持勢力が多数をせめる中、そう簡単に安倍首相が失脚するとは考えられないが、やはり(僕個人的には)石破茂氏に対する期待は高まる(すみません、石破かぶれなもんで)。そういう意味でも、最近安倍首相とは距離を取り、足元を固めつつある石破氏の行動は、非常にうれしい。

とは言え、現在はまだ安倍政権が続く。安倍氏の一言には非常に冷めたが、総理に就いている以上は、ここぞ挽回とこれからも実績を出し続けてほしい。一国民として期待している。

僕には夢がある。そしてその夢は目標である。

夢を持っている人は多いのではないか。しかし、夢を夢で終わらせている人がほとんどのように思える。

僕にとって夢とは目標であり、夢は成し遂げてこそ意味があるのだと思っている。だから、「夢を見る」という言葉は嫌いだ。夢とは現実であり、現実であるからこそ生きる原動力にもなる。

大人が夢を見ることを否定する人は多い。いい歳して、と冷めた目で見る。もちろん、非現実的で、実現のための努力を実行しないような夢見る人は、論外である。しかし、夢を実現させるためにコツコツと努力する人を否定する権利は、誰にもない。

しかし、夢に向かって走ることは、非常に苦しい。人にもよるが、夢を取ることによって色々なものを犠牲にしなければいけない。しかし、夢を成し遂げた時の達成感と、それによって得られるのものの大きさが、そんな犠牲による苦しさを吹っ飛ばしてくれる。

明日があるさ!

「明日があるさ」と気軽に思いたいが、今結果を出さないと明日がないことも。ダメだった時のために保険をかけるのは重要なのかもしれないが、あえて保険をかけずに自分を追い込むことも。

しかし、過度に自分を追い込むのは良くないと、最近感じている。過度に自分を追い込んで、精神的に追い詰められると、身体的にも良くない。

自分に自信はあるのだけれども、それ以上に追い詰めすぎて生きた心地がしない。

しかし、結果というものは、追い詰めて限界に達する寸前に出るものかもしれない。そう思おう。

周りの意見を過度に気にしすぎてはならない。

日本では、周りの意見を素直に聞くことが美徳とされている。周りの意見を聞く人間は「ものわかりのいいやつ」、聞かない人間は「わがままなやつ」というレッテルを張られる。仕事を進めるうえで、周りの意見をある程度聞くことは必要だが、自分自身のやるべきこと、自分の進む道を周りの人間にゆだねるのはいかがなものか。

周りの人間の意見を聞いて失敗したら、周りの人間は責任を取ってくれるだろうか?そんなことは100%ない。周りの意見がどうであれ、責任を取るのは自分自身なのである。大切な自分の人生は、自分が判断して進む道を切り開かなければならない。そのためには、わがままであることも必要だ。

僕は自分のことは、できるだけ自分で考えて進むことにしている。自分の人生は、”自分の頭”で考えて判断することが重要なのである。

自分の精神と肉体をコントロールする。

「何をするにも体が資本」と言われるように、健全なる肉体を維持することは非常に大切だ。それと同時に、健全なる精神を維持することも非常に大事だ。精神と肉体は人間の両輪である。

とは言っても、この両輪を常に良好に保つことは易しいことではない。

僕自身、調子を崩すことはよくあるが、そういう時は試行錯誤の連続である。そうして試行錯誤していくうちに、自分にはどういう処方が合うかということが薄々感じられてくる。それが明確になると、自分のコントロールの範疇に入ってくる。

精神と肉体は常に意識しないと落ち込んでしまう。精神を常に研ぎ澄ますには、常に高い意識を保たなければいけない。肉体を高いレベルで保つためには、トレーニングを怠ってはいけない。

と、何か大げさなことを書いたが、日常を怠慢なく過ごせば、精神も肉体も大きく落ちぶれることはあまりない。しかし高い目標を持って何かに挑戦している人間には、精神と肉体を高いレベルで維持すべく、自己をコントロールしなければいけない。

昔は学問は”人の生き方”そのものであった。

2015年のNHK大河ドラマであった「花燃ゆ」。大河ドラマでは珍しく、”学問”がテーマであった、幕末の物語である。

ところで、江戸時代以前の学問と、現在の学問は、かなり性格が違う。昔の学問は”人間の生き方”を追求しようという意気込みが感じられる。そして学問は実践を伴って初めて意味をなし、当時の学問に命をかける若者の姿は非常に美しい。

吉田松陰はペリーの船に乗り込み、投獄され、伊藤博文・高杉晋作など時代を動かす中心人物を育て、最後には打ち首になって死んだ。彼らの行動は、”学問の究極”と言えるだろう。

現在の学問はどうだろうか?学校では指導要領で定められたマニュアルによって教えられることが決まっており、受験のために必死になって勉強する。それはそれでいいのだが、受験のためと言えども、何か目的意識が軽いように思える。そして、学問を学べる”ありがたさ”も希薄である。

現代でも、吉田松陰のような”生きるための、そして時代を変えるための塾・学校”を現代でも、と思うのだが、このような考えは時代錯誤であろうか?

情報の信頼性には、最大限の注意を払わなければいけない。

何ともお粗末な事案が発覚した。フジテレビがネット上の虚偽の情報をそのまま番組で垂れ流したという。情報を全国に流し、報道も担うメディアとして、素人レベル以下の失態だ。テレビメディアの信頼性の失墜にも大きくつながる。まさかテレビ業界でここまで放送モラルが低下しているとは想像もしていなかった。

情報を読み解く時に一番重要になるのが、情報の信頼性だ。具体的には、情報源(ソース)はどこか、あるいは情報の執筆者は誰か。この二つは情報に接するにあたって注意しなければならない、基本中の基本である。

フジテレビの行った行為は、その辺の井戸端会議レベルの話である。本当の井戸端会議ならば、曖昧なうわさで盛り上がるのもよくある話だが、テレビがそれをやっちゃ終わりでしょ、ということである。

現在、ネット上ではフェイクニュースが飛び交い、社会問題化している。それに対応するためにもメディアは情報の出所と信頼性に慎重にならなければならない。今、新聞・テレビメディアに求められているのは、まさしく”信頼性”これに尽きる。信頼性無視で情報を入手するだけならば、今の時代ネットで無限に手に入れられる。だからこそわざわざお金を払って、信頼性の高い新聞などの情報記事を購入する意味があるのである。

メディアに関する話をしたが、我々一般人も注意しなければいけない。信頼性のないネットニュースで仕入れた情報を安易に流したり話したりすると、自分の信頼性の破滅を招くことになる。

失敗はしても、挫折はするな!

僕はこれまで数えきれないくらいの失敗を経験してきた。失敗の数は、人の何十倍も何百倍もあるだろう。正直言って、成功なんてほとんどないと言ってもよい。しかし、これまで挫折したことは一度もない。

僕が挫折したことがないと言えば、周りの人からクレームが来るかもしれない。数々の挫折をしてきただろうと。では、そもそも失敗と挫折の違いは何だろうか?

失敗は客観的事実である。それに対して、挫折は主観的なものであり、周りが何と言おうと、自分が挫折していないと言えば、それは挫折していないのである。すなわち、僕が挫折していないというのは、僕が挫折していないと思っているだけであるとも言える。

僕は案外粘り強く鈍感だ。鈍感というとイメージは悪いかもしれないが、敏感ですぐに挫折感を味わいあきらめるよりかははるかにいい。最近流行の”何とか力”という命名をすると、”鈍感力”とでも言うべきか。

鈍感で挫折を認識しないくらいの図太い人間の方が、目標に向かって進むにはちょうどいいのかもしれない。

日本は「エキサイティング」という言葉を履き違えている。

僕は、「社会はエキサイティングでないといけない」と思っている。エキサイティングであることは社会の、そして物事の、そしてそこに生きる人間の活力源だと思っている。

しかし、日本人は何かエキサイティングという言葉を履き違えているように感じる。それは、「エキサイティング=お金のギャンブル」という構図が日本人の頭に根強くこびりついているのを感じるからだ。もちろん、このようなことは日本に限ったことではないと思うが。

昔からパチンコなどのギャンブルは、社会問題として議論されてきた。しかし既得権益を守るためか、パチンコ店の数が減ったようには全く感じない。一方韓国ではパチンコの根絶に成功している。僕自身、韓国という国に良いイメージは持っていないが、このことに関しては素直にすごいと思っている。政治家に相当の覚悟と権力がないとできないことだ。

パチンコが問題化されている一方、日本ではカジノ計画に関する法律が出来上がりつつあり、各地で誘致が行われている。まったくおかしな話だ。日本は自分で自分の国民の首を絞めているようなものだ。

では、エキサイティングな社会とはどういうことか?それは積極的にチャレンジする人が思い切ってチャレンジできる土壌があるかということだ。しかし日本にはその土壌が乏しいと言わざる負えない。挑戦する人間にかなり冷たい。その一方で、一度挑戦に失敗しただけで、自己責任だと責められる。こんな社会に、挑戦し続ける人がしっかりと育つはずがない。そうなると自然、挑戦者は海外に出ていくことになるだろう。これこそ「異能流出」だ。

現在、日本の経済、さらに広く日本の社会は失った十数年を取り戻しつつあるといわれている。しかしどことなく閉塞感を感じる。その原因はエキサイティングであるかどうかということにも関係がある。

弱者を助けることは当然であるが、挑戦者が夢を持てる社会であることも非常に重要である。そうでなければ、日本は中流国家として安住してしまうであろう。

学ぶより、考えろ!

日本人は、なぜここまで学ぶことが好きなのか?子供から大人まで学習漬けで、最近では生涯学習というものが非常に盛んである。

しかし、「学ぶ」という行為は一方通行である。学ぶだけでやめてしまえば、なぜ学んだのかがあやふやになる。学ぶ行為は「考える」行為に結び付けてこそ有用になる。

しかし日本では、自分勝手に考えることを良しとしない風潮がある。無駄なことを考えるなということであろうか。しかしその「無駄なことを考える」という行為は非常に重要である。無駄な事の中から有用なことが生まれ、創造へつながる。

近年は、効率化が非常に重視されている。もちろん、仕事などで効率化を図ることは避けて通れない道かもしれない。しかしその一方で、多少の余裕も持ち合わせなければいけない。適度な効率化と、発想を生み出す余裕。これらのバランスを取りながら物事を進めていかないと、新たなるブレークスルーは生まれない。

社会と人間は、いつも偏っている。

報道、あるいはメディア記事は、常に偏っていると思った方がよい。もちろん、現在は中立な報道を心がけるようメディアも気を付けているようだが、むしろ偏っている方が普通なのだと思う。

一般科学雑誌も例外ではない。”科学”と言うと、多くの人は、科学=真実、と思いがちかもしれないが、一般科学雑誌はとてつもなく偏っている。専門家から見るとかなり信憑性のない話でも、読者にインパクトを与えそうな記事は妄信的に載せている。そう、科学記事は”真実”ではなく”インパクト”なのである。

そもそも、偏っていない人間などというものはまずいない。偏っていない意見というものは、多くの意見の平均でしかない。多くの意見の平均と、平均的な考えの人間とは、全く別概念である。

もちろん、偏り方がかなり危険な場合は問題があるが、人間の偏りというものは「個性」なのである。そして偏りのない社会というのは同調社会であって、それは偏っている社会より非常に危険な社会である。

お洒落ってなんだ!

僕の毎日の気分転換は、本屋での立ち読みだ。街の大型の書店に行くと専門書などもチェックするけれど、普段は近くの本屋さんで雑誌を読むことが多い。特にファッション雑誌は何誌もチェック。今はファッションにはお金をかけていないけど、いざ買う時のシュミレーションとしても念入りにチェックする。

ところでお洒落と言うと、つい外見に目が行きがちだけど、ファッションってそれを着ている人間が一番大事だと最近は痛感している。内面、そして肉体、それからその人がどれだけ実績を挙げ、どれだけ挑戦しているか。

どれだけ高価なものを着ていても、着ている人間がチープだとあまりにも格好悪い。逆にシンプルな服装でも挑戦し続けている人間は様になる。

お洒落をしようと思うと、まずは自分自身を上げていかなければならない。大きな実績を挙げるため日々努力し、肉体は毎日の筋トレで鍛える。僕が毎日心がけていることだ。

将来は様になる人間になれるよう、心・体を鍛えて、そして今取り組んでいることで実績を挙げれるよう頑張ってみよう。

安倍自民党スキャンダル(不祥事)でも、、蓮舫民進党が支持率を伸ばせない理由。

都議選前、自民党は様々なスキャンダル(不祥事)に巻き込まれた。そして例のごとく、民進党の蓮舫代表は自民のスキャンダルを厳しく批判した。自民党の支持率は低下したが、それによって民進党の支持率は向上したかと言えば、都議選の結果を見てもわかるように全く支持率を伸ばせていない。

なぜ、蓮舫民進党の支持率は上がらないのか?

その原因は、蓮舫氏のスキャンダル追及一辺倒の姿勢にあると感じている。もちろん野党である民進党が与党自民党のスキャンダルを批判するのは当然である。では、

”蓮舫氏の口から具体的政策の話を聞いたことがあるか?”

少なくとも、僕は(自分が不勉強だからかもしれないが)蓮舫氏が具体的政策を論じているところをほとんど見たことがない。蓮舫氏がテレビなどのメディアの前でしゃべるのは、決まって自民党のスキャンダルに関するものだ。

国民もそんなにバカじゃない。野党に対しても、”しっかりした具体的政策を提示しているか”、そこはちゃんと見ている。当たり前の話だが、政治家の一番の仕事は政治だ。従って政治家は政策を論じることが最大の仕事である。国会内で、あるいはメディアの前でしっかりと政策を論じなければいけない。

蓮舫氏はスキャンダルを追及すれば自動的に支持率が上がると思っているのか?そうは思いたくないが、もしそう思っているのならば全く国民をバカにしている。

蓮舫氏にも政策に関する持論はあるはずだ。今からでも遅くはない。国民の前でしっかりと政策を伝えるという姿勢を見せてほしい。でないと、低下した自民支持率は他の野党、あるいは支持政党なしへと流れていくだろう。

”これからの人間”が追い出される社会。

”これからの人間”とは、もちろん子供のことである。

ある記事(読売オンライン)によると、最近の公園には、「走り回らない」や、さらには「大声を出さない」という注意書きがあるという。さらに、児童向けの遊具は撤去され、老人向けの健康器具が設置されているという。

高齢者社会になり、老人の住みやすい社会にするとの意気込みはわかるが、それに対して子供を追放するも同然の社会にするのは明らかにおかしい。走り回らず、大声を出さずにと言われれば、できるのは携帯ゲームくらいしかないだろう。

老人が多くなり、選挙で老人票が重視されるのはわからないではないが、その一方、選挙権のない子供が無視されるような社会にしてよいはずはない。政治家もその場しのぎの短絡的な政策に固執するのではなく、未来を見据えた子供の社会を考え、実行しなければならない。

このような現状で少子高齢化が問題だと訴えても、全く説得力がない。

誰もが昔は子供であったことを、忘れてはいないだろうか?

過ちを犯した者は100%悪なのか?悪のあら探しをする社会とメディア。

犯罪報道などを見て毎回思うのだが、犯罪者と思われる人が明らかになった途端、その被疑者(つまりまだ犯罪者だとは確定していない)が悪の塊のような扱いをされ、犯罪とは全く関係のないことまで全て悪であるかのような報道がされることに、非常に違和感を覚える。犯罪者が明らかになったとたん、メディア・社会は犯罪者のあら探しを始めるのだ。

殺人罪で死刑判決を受け、後に冤罪であることが明らかになり解放された袴田巌さんも、逮捕された当初、犯罪とは全く関係のない個人の趣味にまで悪であるかのような好奇な目を向けられたという。

芸能人でも、一つの過ちを犯したタレントが、過ちが発覚した途端、周りの芸能人が一斉にその芸能人のあることないことを好き勝手に暴露し始める。過ちが発覚した途端、急に豹変する周りの人たちに、僕は卑劣な印象を抱く。

悪のあら探しを望む人たちも多いのかもしれないが、僕はそのようなことを見る度に、もういい加減にしてくれと思う。