6000人のユダヤ人の命を救った杉原千畝をめぐって

現在映画で元日本の外交官「杉原千畝」の映画を上映している。僕はまだこの映画を見てはいないが、杉原千畝について、そして僕が杉原千畝のことを初めて知った時のことを書きたいと思う。

杉原千畝は第二次世界大戦中、リトアニアの外交官だった。そこにナチスドイツから逃れてきた多くのユダヤ人が助けを求め詰めかけ、杉原千畝は後に「命のビザ」と言われる渡航書を日本外務省に無断で発行する。この杉原の発行したビザによって、6000人のユダヤ人の命が助かったという。戦後、杉原は命に背いた罪で外務省から追放される。そして長らく杉原の名前は日本から忘れ去られることになる。

再び杉原千畝の名前が日本で流れたのは1991年、一つのテレビ番組がきっかけであった。その番組は日本テレビ系列で流された「知ってるつもり」という番組、関口宏が司会をしていた番組だ。僕はこの番組が大好きで、毎週欠かさず見ていた。余談だが、この番組のテーマソングで流れていた岡村孝子さんの歌が好きになって、今でも岡村孝子さんのファンである。そして「知ってるつもり」の中で一番衝撃的な放送が、杉原千畝を取り上げた回であった。

今でこそ杉原千畝のことを知る日本人は多いが、「知ってるつもり」で流れる以前は杉原千畝のことを知っている日本人はほぼ皆無であった。そのことはある意味日本の恥であったであろう。しかしユダヤ人は杉原のことを今でも忘れていないという。

「知ってるつもり」で杉原のことを伝えられてから多くの日本人が杉原のことを知るまでに、時間はかからなかった。それほど杉原のインパクトは強かった。日本人の中に、戦時中に、こんな立派な人間がいたこと、そしてテレビ番組放送当時まだ外務省では杉原の汚名がきせられたままであったことに衝撃を受けた。知ってるつもりの杉原の回は、日本のテレビ史上まれにみる伝説的な回であった。

知ってるつもりでは毎週多くの人物が取り上げられたが、僕の記憶に残っているのは(僕の記憶が悪いせいでもあるが)この杉原千畝だけだ。しかし杉原千畝の回のことは今でも記憶に残っている。

今では有名になっている杉原千畝の話を、日本人は今一度映画で確認すべきではないか。僕も機会があれば観に行こうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA