風を切る。

某大臣は、「総理の後ろにいれば、風に当たらない」と言ったという。マラソンでも、トップの選手の後ろについて、風の抵抗を避けるのは重要な戦術だ。

風を避けるのも一つの生き方だが、風を切りながら走る生き方も爽快でいい。ただし、風を切り続けるのにはリスクも伴う。成果は自分のものになるが、失敗の責任も自分が背負わなければならない。

「風を切る」ことは、「道を切り開く」ことにもつながる。そこには開拓者精神が宿る。まだ誰も踏み込んだことのない世界へ踏み込むことは、大きな希望とそれなりの不安がある。しかし希望の先にはそんな不安を消し去ってしまうくらいの輝きが待っている。

もちろん開拓者が全て成功するわけではない。途中で野垂れ死にする人もいるだろう。それが不安な人は先行者の陰に隠れていればいい。

評価の定まった事柄ではなく、まだ誰も成し遂げていない事柄へ、風を切りながら走って進んでみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA