隙間時間を上手く使う。

最近僕が強く感じているのが、いかに隙間時間を上手に使うかということだ。今取り組んでいることに対してまとまった時間が取れ、集中できれば一番いいが、普段生活していればやはり雑用などが入り、時間が細切れになってしまう。したがってこのような隙間時間をいかにうまく使うかが、成否の分かれ目になってくる。

隙間時間を「これだけしか時間がないからどうでもいいや」と思うか、「少ない時間だけど、その時間を使って少しでも前に進めよう」と思うか、このような思い方一つで取り組み方が大きく変わってくる。

僕が非常に有用な時間だと感じているのが、電車の中の時間だ。電車に乗っている時間というものは隙間時間だと言えるが、電車の中の適度な雑音が結構心地よく、集中するのに最適な環境であるように思える。

これまで成功者を見ていると、皆、隙間時間の使い方が非常に上手い。一分の時間さえも大切にしている。隙間時間を上手く使えるかどうかはの分かれ目は、時間を大切にする心にあるのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA