限られた条件の中で、どう生きていくべきか。

あらゆる意味で、自分を束縛するものはなく自由に活動することができればいいが、ほとんどの人は何かしら自分を束縛するものがあり、その限られた条件の中で活動し生きているものだと思う。

そのような中、束縛するものを克服して何とか自由になろうと攻略法を見つけるのは大きな解決法で、それができればもちろん一番良いのだが、ある程度の条件を受け入れ、その条件の中で自分を最大限に発揮するためにはどうすればいいかということを考え工夫することも大事だ。

限られた条件とは、社会的制限、金銭的制限、肉体的制限、思考的制限などいろいろ考えられるが、その制限下でどれだけ自分のパフォーマンスを発揮できるかということも、自分の実力につながってくる。

それらの束縛制限を克服し、自分が取り組む対象をコントロールできるようになった時、それが大きな結果を出すべく一歩となるのではないかと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA