選挙開票を見て

選挙があるたびに毎度思うことだが、なぜ諸派がここまで弱いのか。おそらく無所属よりも諸派の方が当選率は低い。宗教系諸派は好き嫌いが激しいが、市民団体系の諸派もなかなか受け入れてもらえないような気がする。

僕も諸派に投票したわけではないので人のことは言えないが、特に市民団体系の諸派にはもう少し躍進してもらいたかったと思う。ポスターと公約次第では僕も市民団体系諸派に投票していたかもしれない。

地方議会選挙は大選挙区ともいえる戦いで、一つの選挙区から多数の当選者が出てくる。衆議院のような小選挙区では一番人気の政党の圧倒的勝利はお決まりだが、大選挙区では小政党が食い込んでくる余地があるのも見逃せない。

首長選挙も多数あったが、やはり定数一(当たり前だけど)ということもあって一番人気政党が圧倒的強さを誇る。しかし地方によって政党人気にばらつきがあり、また候補者個人の魅力なども加味して第一党が勝つとは限らない。

皆さんは投票所に足を運びましたでしょうか?投票した候補者は健闘してくれたでしょうか?投票すると、その夜の選挙開票が十倍面白くなる。今の青少年が大人になって政治に興味を持ってもらうためにも、大人が投票所に足を運び、行動で示さなければならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA