道草もそこそこに・・・

これまでの僕の人生、最短距離でゴールしたことなんてほとんどありません。知らず知らずの無意識のうちに道草ばかりして、わざとしているんじゃないかというくらいいつも遠回りして、まだゴールにまでたどり着いてないこともたくさんあります。

もちろん最短距離で効率よくゴールするのが理想的かもしれません。僕も最短距離で行けるものなら行きたいです。

でも実際に道草を食ってみると、その味もなかなか悪くないな~と思うこともよくあります。時には思いもよらない味の存在に気づいたり。

でも最終的にはゴールしないことには、記録に載りません。記録にならないことはほとんどの場合記憶にも残りません。記憶の男、長嶋茂雄もしっかりと記録も残しています。

しかし、ゴールするまでの道程は様々です。時にはゴールの位置さえ変わってしまうこともあります。道程が個性あふれるものならば、ゴールもオリジナリティあふれるものになります。

でもやはりゴールはしないといけないので、道草もそこそこにしないといけないかなとは思うのですが、やはり道草の魅力(魔力?)に負けて、これからも道草を食べ続けていきそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA