逆転的発想の勉強法

勉強とはどう遂行すべきか?ほとんどの人が「基礎的な事から始めて徐々に応用的事柄に進めていく」と考えていると思う。それはそれで真っ当なことで、正統的な勉強法であろう。

しかし(分野にもよるが)「いきなり最先端なことに取り組んでみて、足りないところを基礎的な文献で補う」という勉強法が非常に効果的なことがある。まず現場で手を動かしてみて、何が足りないかを理解する、ということだ。

”分野にもよる”と書いたが、この勉強法が非常に効果的な分野の一つが、コンピューター関係であろう。コンピューター関連の事は、実際に手を動かさなければ何も始まらない。分厚いWindowsの教科書をどれだけ読んでもパソコンを動かせるようにならない。まずは実戦である。

物理や数学などの学問でも、基礎的文献を理解することは大事だが、実際に最先端の論文に触れてみることは非常に重要である。

基礎から始めて、初めの何分の一でいつも挫けてしまう人は、思いっ切って最前線の事に取り組んでみるのも一つの手だと思う。

逆転的発想の勉強法」への2件のフィードバック

  1. 世の中が第一章で書き込みが終わっている本で溢れかえっていることを考えると、体系的に勉強することの効率の良さは実は表面的で、過大評価されているのかもしれませんね。

    • 木原 康明

      最近は、表面的で便利な本が多すぎます。ついハウツーだけで理解した気になってしまいます。最先端の現場の荒々しさをいち早く知ることが重要ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA