迷った時には、苦しい方を選べばまず間違いない。

進路に迷った時、どちらを選ぶか?もちろん人それぞれの考えがあり、時にはより楽な方を、時にはより苦しい方を選ぶであろう。もちろんどちらが良いとは単純に断定はできず、ケースバイケースで選べばいい。

僕はどちらに進むか迷った時、最終判断としては、楽な方より苦しい方を選ぶことにしている。これは単に自分の信念に基づいたものにすぎないが、ただ経験則として、苦しい方を選べばまず間違いない。特に長い目で見ればそのことは顕著に表れる。

ただ苦しい方を選び続けるのは本当に苦しい。それは僕だって同じだ。本当に苦しい。ただ投げ出そうとは思わない。とは言え、自分に合っていないと思ったことは、早い時期に投げ出すこともある。

今の僕の現状も非常に苦しい。しかし、だれよりも希望にあふれている。そして今すべきことは、その希望を実現するために一歩一歩突き進むことだ。

できない気がしない。できる気しかしない。今の苦しみも、そこへと進む道のりの過程にすぎない。あとは時間との勝負だ。しかしだからといって、焦ってむやみに急ぎ過ぎてはいけない。どっしりと腰を据えて取り組んでいくことが大事である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA