迷ったら、やる!

ホリエモンと普通の人とは何が違うのか?その一番の違いは、迷った時に「やる」か「やらない」かの違いだと思う。もちろん才能うんぬんもあるとは思うが、そのようなことは二の次だと思う。

迷った時に「やる」という選択肢を選べるようになれば、かなり強力である。迷っている時に留まっている暇があれば、とにかく前に進めばよい。その結果失敗すれば、「失敗」という財産ができる。もちろん成功すればそれ以上言うことはない。すなわち、どちらに転んでも物事はポジティブな方向へと進むのだ。それならば、やるという選択肢しかないはずだ。

もちろんやみくもにやるのではなく、しっかりとした下準備は必要だ。しかし準備にこだわりすぎて前に進めないようでは、話にならない。進むべき方向にある物事についてしっかりと勉強をして、知識を付ける必要がある。そして実際に当たりながら「知恵」を付けて行けばよい。

大きな成功を成し遂げる人と、それができない人の差は、天才と凡人とかいうとてつもなく大きな差があるわけではない。その差は些細なものだ。しかしその些細な差が結果的に大きな差となって表れるのである。

迷ったら、やる!悩んでいる暇があれば、とりあえず前に進んでみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA