良いところはあるが、欠点もある。

自分自身をどう評価しているのか?自分への正確な評価というものは大変難しいことであり、どうしても自分を色眼鏡を通して見てしまう。そうなると当然、自分への評価は客観的な評価とはかけ離れ、高く見積もってしまう。あるいは逆に自分を卑下しすぎて低く見積もってしまうこともある。大事なのは高く評価することでもなく、低く評価することでもなく、正確に評価することである。

では僕自身はどうかと言うと、高めに見積もってしまう傾向にあるように思える。基本的に自信がある。しかし自信を持つに当たって、その根拠がないわけではない。そしてその高みは、自分をそこへと努力して上り詰めようという目標でもある。もちろんその結果に対する評価は周りが行うことであるが、高い目標を持ってそこへと邁進する力は絶対的に必要だと考えている。

では少し見方を変えて、自分の良いところはどこか?また欠点は何か?という問いを考えてみよう。この問いに対する答えは大きく二つに分かれるだろう。良いところはたくさんあるが欠点もたくさんある。あるいは欠点はないが良いところもあまりない。もちろん凄く良い所ばかりの聖人のような人も世の中にはいるだろうし、また悪いことばかりの人もいるだろう。しかし多くの人は良い所と欠点のバランスが取れている。

ではなぜ良いところが多い人は欠点も多いのか?その大きな理由は、このような人は総じて活動的だからと言えるだろう。自分が進んで前面に出るからこそ、欠点を作ることにもつながる。人生で言えば、大きな成功を成し遂げるためには、それを超えるだけの多くの失敗を経験しなければならないということだろう。もちろん、このような論は少し強引なところがあるが、僕は失敗を重ね、そういう意味での汚点をどんどん作っていきたいと思っている。

良いところも悪いところもない「当たり障りのない人間」だけにはなりたくないと思っている。とは言え、もちろん当たり障りのない人間が悪いわけではない。ただ自分の人生観として、どんどん前に出て良いところも汚点もどんどん作り、足跡を残していきたいと思っている。ただ「フェア」な人間でいることは忘れないように心に銘じておかなければならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA