自己マインドコントロール。

マインドコントロールと言えば、日本では某大事件により非常にネガティブなイメージで捉えられているが、自分をマインドコントロールすることは非常に大切な事である。自分をマインドコントロールする、すなわち自分で自分を操れないと、目標へ近づくことはできない。

逆に自己をマインドコントロールできない状態は非常に危険である。自己マインドコントロールできないと、周りからマインドコントロールされる危険性が増える。他者からのマインドコントロールが危険な事は、過去の某大事件からも明らかだ。他者からマインドコントロールされないためにも、自己マインドコントロールをしっかりとすることが必要だ。

各分野でプロと言われるくらいのトップアスリートは、おそらく自己マインドコントロールが高度なレベルで取れている。そしてスポーツ選手だけでなく、あらゆる職業でも同じことが言えるだろう。欲望は時には必要だが、打ち込むべき事に打ち込む時は、欲望に流れるのではなく自己マインドコントロールによって統制されていなければならない。もちろん時には爆発することも必要かもしれない。しかし自己マインドコントロールされているかいないかで、爆発する質も方向も180度変わってしまう。

自分の掲げる高い目標に到達するためには、まずは自己マインドコントロールによって自己を統制することが必要であることに気付く。自己マインドコントロールができる状態は、人間性を高度に保った状態だと言える。自分が人間らしく、そして自分らしく個性を出すためにも、自己マインドコントロールは非常に重要である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA