自分を汚していこう!

何事も綺麗な方が見栄えがいいし、汚れたものより綺麗なものの方が気持ちいい。

しかし綺麗なものと汚れているもののどちらが強いかと言えば、多くの場合、汚れているものの方が強い。それは人間にも言えることだ。綺麗なガラスのような人間よりも、泥にまみれている人間の方が圧倒的に強い。

僕は今、自分を徹底的に汚そうということに取り組んでいる。何に対して汚れるかということに関してはいろいろあるが、精神的な汚れから潔癖に対する汚れまでいろいろとある。

人間の活動というものは、グレーゾーンで行われる。そのグレーゾーンを切り抜けるのは綺麗な人間か?汚れている人間か?と問われれば、圧倒的に汚れている人間だと思う。あらゆるものに対して潔癖であることに、良いことはほとんどない。汚れに対する耐性が人間を強くするのである。

日本のトップである歴代の総理大臣を見ても、大物と言われる総理は総じて汚いと言われた人間だ。もちろん悪いことを肯定する気はないが、田中角栄氏をはじめ、汚れに対する耐性がある人間が大物と言われる存在になるように思える。

必ずしも潔癖であることが善であるわけではなく、現実に染まり大いに汚れることが人間を強くするように思える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA