自分が追い込まれたとき、それを劇薬として現状突破するためには

人間生きていれば、楽しい時ばかりではなく、苦しい時、精神的に追い込まれる時が多々ある。マスコミなどでは絶対に死んではいけないとよく流されるが、実際に死ぬかどうかは別として、ほとんどの人は何度も死にたいと思ったことがあるだろう。しかしそこで死んだらゼロである。死ぬなら人生で成すべきことを成し遂げてから死ななければならない。

もし自分が追い込まれたとき、自分はどう解釈するであろうか。確かに精神的に追い込まれずに快適に過ごせることができれば、それは非常に素晴らしいかもしれない。しかし僕はそれが理想的だとは思わない。人それぞれ考えは違うだろうが、僕は自分が追い込まれたとき、背水の陣の状態になった時、その状況・精神的状態が飛躍的進歩の原動力になると考える。もちろん追い込まれて折れる人も多々いるかもしれない。そこは人それぞれの物事のとらえ方次第である。そして本当にどうにもならない状況になる人も現実にいるだろうし、僕の考えが全てに当てはまるとは思わない。

それから、自分を意図的に追い込んでコントロールするという手法もある。苦境は必ずしも悪ではない。もちろん悪であることもあるであろう。しかし苦境を逆に自分のコントロールに利用する、ある意味、苦境や精神的窮地は劇薬かもしれない。この劇薬を自分の飛躍に利用できるか、劇薬で倒れてしまうか、それは自分次第である。

自分を快適な環境において快適に物事に取り組むことを求めている人が多いが、もし自分が苦境に追い込まれたときそれを毒とせずに薬にしてしまう、そのような思考が劇的な現状突破の原動力になるのではないかと僕は考える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA