自分が自分であるために。

「自分らしくある」とはよく言うが、そもそも自分らしさとは何か?どの自分が本当の自分か?その答えはなかなか出ない。

“自分らしさ”の一つの答えは、現在のそのままの自分が本当の自分であると言える。そして本当の自分とは、時間が経つにつれて変化し続ける。常に本当の自分が同じである続けるということはありえない。

もちろん、本当の自分ということの他に、“理想の自分”というものもある。本当の自分と理想の自分は異なるが、理想の自分へ近づこうと努力することによって、本当の自分を理想の自分に近づけることができる。

ただ、自分は他人ではないのだから、自分が自分らしくあることは非常に重要である。理想の自分でもダメな自分でも、それが本当の自分ならそれでいいのではないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA