神戸から世界の舞台へ!フィギュアスケート・坂本花織さん。

24日夜、フィギュアスケート・五輪代表が発表された。全日本選手権の結果が重要視される選考であったが、女子代表は宮原知子選手に次ぐ二人目の枠に、2位の坂本花織選手と4位樋口新葉選手のどちらが選ばれるか、発表があるまで全くわからないという状況だった。結果を出した坂本選手か、実績の樋口選手か、固唾をのんで発表を聞いていたが、坂本花織選手が選ばれることになった。

坂本花織選手と、有力視されながら今回の結果が振るわなかった三原舞依選手は、二人とも神戸の同じリンクを拠点とするライバルだ。三原選手が選ばれなかったのは残念だが、坂本選手が選ばれたことは、同じ神戸市民としては非常にうれしい。

はっきり言って、今回の選考までは、三原選手の方に期待しており、坂本選手は神戸二番手という意識だった。もちろんどちらが選ばれても非常にうれしいのだが、三原選手ではなく坂本選手が出てきたことは、非常に失礼な言い方だが意外であった。

坂本選手が選ばれた現在は、坂本選手を思いっきり応援しようと思う。神戸から世界へ!坂本選手には思いっきり暴れまわってほしい。

とは言え、坂本選手の活躍を全く他人事だとは僕は思っていない。坂本選手が世界で暴れるのなら、もちろん僕も負けずに自分の専攻分野で暴れるつもりである。

神戸から世界の舞台へ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA