睡眠を制するためには?

睡眠というものは制するためにあるのか?受け入れるものなのか?僕自身もよくわからないけど、おそらく両方とも間違っていないような気がする。人間は絶対に寝なければ生きていけないので睡眠は受け入れなければいけないものであるが、その一方、自分で制御できないと上手く日常生活を送ることはできない。

「寝ている時間は死んでいるのと同じだ」と言う人は非常に多いが、睡眠は起きている時間の準備時間であり、活動的な生活を送るためにも睡眠は欠かせない。

僕自身、睡眠がなかなかコントロールできなくて常に悩んでおり、「睡眠の制御」は僕の人生の一大テーマと言っても過言ではない。「睡眠を制する者は、人生を制す」と言ってもよいのではないかとも思っている。

ナポレオンは3時間しか睡眠を取らなかったと聞くし、フランスの現在の若きリーダー・マクロン大統領も3時間睡眠であるとこの前テレビで耳にした。一方、相対性理論を生み出した物理学者・アインシュタインは10時間寝ていたという。つまり、睡眠時間は何時間が良いということは決まっておらず、人それぞれに適切な時間があるのだろう。

僕には今、大きな目標がある。それも複数ある。人生のマルチタスクとも言うべきかもしれないが、適切な優先順位を付けて柔軟にこなしていくべきだと思っている。しかしそれを達成するためには、睡眠を制することは大前提になると考えている。本当に悩ましい問題であるが、目標を達成するためにも睡眠の問題を何とか解決しようと日々試行錯誤している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA