睡眠から1日が始まる。

ある本で、「1日は朝始まって就寝前に終わる」のではなく、「寝る時に1日が始まる」と考えるべきだという主張がされていた。まさしく、寝ている間には1日が始まっているのだ。

よくよく考えてみれば、この考え方は納得いく。夜の睡眠の質によって、起きてからの1日ががらりと変わる。睡眠時から戦いが始まっているのだ。

なぜこんなことを言うかと言うと、僕自身睡眠で非常に苦労しているからだ。

寝すぎたり寝不足だったり、睡眠のパターンがガタガタで、自分ではほとんどコントロールできない状態が続いている。睡眠障害の部類に入るのであろう。それだけに就寝前は戦闘モードで、しっかり寝てしっかり起きれるかということに対して非常に心を構えてしまう。

普通の人が簡単にできる事ができないということは、非常に苦しいものである。目標に向かって走っているのに、睡眠一つで中断される。極端に言えば、毎日の睡眠に人生がかかっているとも言える。

睡眠は一日の活動の外にあるのではない。睡眠から一日が始まる、そう考えるとうかうかといい加減な睡眠はできない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA