目指すもの。

僕には目指すものがある。それを「成し遂げたい」のではなく、「絶対に成し遂げる」という覚悟を持って取り組んでいる。

ただ、自分の考えや中身の事は、周りの人には見えない。それを口に出したからといって、信じてもらえるわけではない。行動し成し遂げることによって納得させるしかないのである。

自信がないのにただ夢を見ているだけでは、何も生まれないし何の意味もない。しかし自信があることに対しては、かなりのリスクを背負ってでもその道を進むべきだと思っている。ただ、成し遂げる見込みもないのにそれにかけるのは暴挙でしかない。

リスクのない投資というものは存在しない。僕自身は金融の投資とは縁はないが、目指すものに対して最低限のお金はしっかりとつぎ込んでいるし、ここぞと思う時はお金と人生を思いっきりつぎ込んでいる。

では、どのようなものに対してお金と人生を投資すべきか?それは自分でコントロールできるものに対して投資をすべきということである。例えば、宝くじや多くのギャンブルは100%運でしかない。そのような運にお金をつぎ込む価値は全くない。しかし運の中にも自分でコントロールできるものがある。例えば人との出会いとか、あるいは金融投資もかなりコントロールできる運と言える。しかしコントロールできる運は、努力と才能なしには向上できない。

コントロールできる運は、成功した時にそれは実力へと変わる。もちろんそれまでには多くの失敗を経験するであろう。すなわち重要なのは、それまで積み重ねてきた失敗を大きな成功に変え、自分の実力へとすることなのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA