生活はルーティーン化したほうが良い。

日々の生活において、常に考えながら物事に取り組むことは非常に重要だ。しかし、何に対して思考すべきか?その優先順位はしっかりと持っていなければいけない。

普段の行動について考えるのもいいが、重要なのは「何をするか」(これももちろん大事だが)ではなくて、「取組む行為において考える」ことだ。そのためには、普段の生活行動に関してはその都度考えるより、ルーティーン化したほうが良い。そして、取り組む対象に対して思いっきり考える。考える資源を集中するのだ。

とは言っても、もちろん「何をするか」についても、ほったらかしではいけない。定期的に、「より良くするためには何をすべきか」と見直すことも必要だ。

ルーティーン化できるところはルーティーン化して、試行錯誤するところは徹底的に試行錯誤する。そのような頭のメリハリをつけることが、物事を進める上でも大いに力になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA