理想論は実行が伴ってこそ価値あるものになる。

理想論は非常に重要である。将来の展望、あるいは希望をより良いものにするためには、常に理想はどうあるべきかというビジョンを持たなければならない。

しかし、実行が伴わない理想論は空論である。理想はそこへ向かおうという実行が前提となって価値あるものになる。

また、理想論をバカにする人もあるが、理想をバカにする人に残されたものは、良くて現状維持、ほとんどは衰退である。

理想をもってそこへ向かって実行する、理想と実行は希望への原動力の両輪である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA