理想主義は大切だ

理想を掲げることに、現実的ではないと言う人は多い。確かに現実を直視して、現実に沿ったことを実行することは非常に大切だ。しかしそれと理想を掲げることはまた別の話だ。理想を掲げる事、それは100%を目指すことだ。確かに100%は無理な話かもしれない。しかし初めから80%を目指していれば、たいてい60%も達成できない。100%を目指して1%ずつ上乗せしていく姿勢が大切なのではないか。

平和主義の象徴、憲法第九条は理想主義の典型である。しかし世界の現状を考えると集団的自衛権の問題など憲法第九条の趣旨からそれることをしていかなければならないかもしれない。しかしそれは憲法第九条を無くすことを容認するものではない。憲法第九条は日本が世界へ発する平和の象徴であって、理念である。軍事行動は一地域の紛争しか変えれないが、憲法第九条の思想は世界を変えることができる。集団的自衛権も大事である。憲法第九条も大事である。どちらを取ってどちらを捨てなければならないというものではない。この二つは日本の平和への貢献の両輪なのである。

そういえば、下町ロケット最終回で、小泉孝太郎演ずる悪役・椎名社長がこんな事を言っていた。「60%を助けるために40%を犠牲にすることも必要だ」しかし初めから60%を助けて40%を犠牲にするというような思想では絶対に60%は助けられない。理想である100%、所詮理想と吐き捨てる人がいるかもしれないが、その100%を目指す理想が大切なのである。それでやっと60%を助けられるかもしれない。

理想主義をバカにするやつに理想はかなえられない。理想を目指す姿の中に、向上への道筋があるのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA