理想がないと、実現はない。

理想論をバカにする人がいるが、理想論は非常に重要である。理想を掲げることによって、理想に一歩でも近付けるように努力できる。

では、理想はどのくらいの高さに設定するのが良いか?それは自分が最高に達成できるであろう高さ、あるいはそれよりも少し高い所に設定するのが良い。社会に対する理想は完璧を求めがちであるが、そこに穴を作っておくことも非常に重要だ。穴を作ることによって逃げ場を作る。逃げ場のない理想論は非常に危険である。

そして他人に対してはあまり理想を求めないほうが良い。もちろんある程度の理想を求めるのは良いが、ある程度の寛容さも必要である。

全てにおいて完璧な人間はいない。そして理想を求めることは、完璧を求めることとは違う。完璧でないことが理想でありうる場合もあるからだ。厳しさと寛容さを持ち合わせた理想主義者になることが理想なのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA