歴史から何を学ぶ?

よく「歴史から学ぶ」という言葉が使われる。歴史を学ぶ理由はいろいろあると思うが、過去の歴史を教訓として現在の状況を考えるというのも一つの理由であろう。とは言え、過去の歴史がそのまま現代に当てはめられるわけではない。

織田信長は現代においても注目の人物であるが、彼はご存じのとおり何万という人間を殺りくしてきた。だからと言って彼を殺人者呼ばわりする人は少ない。それは過去と現代、あるいは歴史と現実を区別して物事を考えているからだろう。

歴史をそのまま捉えるのではなく、現代にマッチするように解釈をアレンジすることが大事だ。歴史からどれだけの事を学べるか?それには深い考察と時代解釈が要求される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA