次世代社会を理解するために。

次世代社会を見通すためには何をしなければならないか?

今日、ある記事を読んだ。それはビットコインをはじめとする仮想通貨に関しての記事だ。しかし仮想通貨で儲けようという記事では全くない。次世代への仮想通貨の可能性、そして仮想通貨における信用性に関する記事だ。

僕はこれまで仮想通貨に関して「怪しい物」というくらいの認識しかもっていなかった。何しろ普段目にする仮想通貨に関してのニュースは、金儲けの投機対象としてのニュース記事ばかりだ。そんな記事しか見ていないと、正確な理解ができるわけがない。

しかし仮想通貨はITでもあり、信用の塊でもある。そしてそれらが次世代社会においてどのような役割を果たし、どれだけの人を救えるのか?そのような観点で書かれた記事はほぼ皆無に等しい。

しかしそのような観点で仮想通貨を見た時、知らないでは済まされないことに気が付いた。もちろん、現段階では仮想通貨に関する僕の理解は全くないと言ってよい。

では仮想通貨を理解するためにはどうすればよいか?それには二つの事が必要である。一つはブロックチェーンなどの仮想通貨の技術的側面を理解すること。そしてもう一つは実際に仮想通貨を所持して仮想通貨の可能性を実感することだ。

ある程度歳を取った人たちは、仮想通貨などの新しいシステムに飛び込むのは躊躇するかもしれない。もちろん金儲けなどのわかりやすい理由があれば別だが。しかし現代の若者たちはそれらの人とは違う世界を仮想通貨に見ているのかもしれない。それに対して、金儲けという側面だけしか見れない大人たちは非常に情けないと言える。しかし、現在のメディアを牛耳っているのが年寄であるのならば、そのような観点ばかりのニュースになるのも無理はない。

僕自身も、仮想通貨の未来がどうなるかは今は全く想像できない。しかしそこには社会を変革するくらいの大きな可能性があるのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA