森友学園疑惑。昭恵夫人の行動に、安倍首相の責任問題をどう考えるべきか?フジテレビ・Mr.サンデーを観て。

ここ最近、国会で森友学園疑惑について取り上げられているが、これまでは一般大衆誌を元ネタに追及する野党議員のレベルの低い議論を冷ややかな目で見ている状態だった。しかし3月5日(日)の、フジテレビ「Mr.サンデー」を観て、この問題に対する見方が大きく変わった。

普段は、ワイドショーや一般大衆誌のような、火のないところに煙が立つレベルの低い情報源はまともにとらえなかったが、今回のMr.サンデーの特集では、安倍昭恵首相夫人の軽率な行動が「映像」としてはっきりと流されていたので、こうなると話は別だ。

もちろん、今回の疑惑に関しては、首相サイドが周りの人間に利用されていただけという可能性も高いが、しかし本当に利用されていたとしても、最高権力者がいとも簡単に利用されてしまうのであれば、それは権力者としての資質が問われかねない。

森友学園疑惑では、首相本人より夫人が(意図的でないにしろ)積極的に関わっていたようだが、首相夫人という立場は、公人か私人かという議論は差し置いても、大きく責任が問われることは言うまでもない。なぜなら、森友学園という「窓口」から、首相(夫人)のお墨付きのもと、偏った主義・主張が垂れ流されていたからだ。

これまで僕は、安倍首相に対してはかなり肩を持ってきた方だが、この森友学園疑惑に関しては安倍首相に対して厳しい眼で見ざる負えない。

今回の疑惑は、野党にとっては与党・自民党を攻撃するこれとないチャンスだが、初めに述べたように数百円の週刊誌を元ネタに追及するようなありさまである。ここまで高支持率で安泰だった安倍政権にしっかりと一矢を入れることは、野党はもちろん、与党が足元を見直すためにも必要である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA