根拠になっていない根拠。

何かを、あるいは誰かを否定するときに用いられる根拠の中には、根拠になっていないものが意外と多い。例えば「前例がない」とか「年齢的に無理」というものだ。確かに場合によってはこれらはしっかりとした根拠になっている。スポーツならば医学的・生物学的に考えて年齢は大きな要素になりえるし、前例が大きな根拠になることもある。

「根拠にならない根拠」を覆すことは、非常にエキサイティングである。スポーツならば、イチローがそれを覆そうとしている。科学・学問の分野でもそのような根拠を根底から覆そうと日々励んでいる研究者がいる。

根拠にならない根拠が根拠になっていないことは、見る人が見ればすぐに見抜くことができるが、意外と世間や社会ではそのような根拠にならない根拠が幅を利かしていることに、落胆してしまうものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA