最近、僕が評論をしなくなった理由。

最近の僕のブログを見て、気付かれた方もいるかもしれない。それは、最近あまり評論を書かなくなったことだ。なぜ評論を書かなくなったかと言うと、それは実行者への敬意を表するためだ。

はっきり言って、評論をするだけなら何とでも言える。誰でも好き勝手に言える。しかし本当に必要なのは評論者ではなく実行者なのである。政治で言えば、政治評論家ではなく政治家であると言えよう。

もちろん、政治に関して言えば評論者・評価者の存在は非常に重要である。それが無ければ政治家は暴走してしまう可能性がある。しかし評論家以上に政治家が重要なのは当然であろう。重要であるからこそ、大きな責任を背負い、その対価として権力が授与されていると言えなくもない。

政治の話はひとまず置いておくとして、何に関しても実行者の存在が一番重要である。だからこそ僕自身も、評論者ではなく実行者でいたいと思っている。そして実行者として実績を残そうと何とかもがいている。

評論をしている暇があれば、少しでも実行して当事者になる心構えが非常に重要である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA