最新か?古典か?

科学の研究でもそうだが、どうしても最新の結果が気になってしまう。最新の結果を知ることによって、その先端に新たなる結果を継ぎ足していく。それを繰り返すことにより実績が積み重ねられる。

しかし、革新的な結果というものは、最新の結果の継ぎ足しというよりも、過去の重要な古典的結果を利用する、あるいはそれを基に覆すことによってもたらされることが少なくない。古典的結果を熟読し、深く理解することは、最先端の研究を進める上でも非常に重要である。

ファッションでもそうである。雑誌に書かれた最先端のファッションばかりを取り入れた着こなしは、どことなく奇抜であまりお洒落に見えない。ファッションの基本を押さえたうえで、長期的スパンの流行と、短期的スパンの流行を適度に取り入れるのが、適度にお洒落でしっくり落ち着いて見える。

話しは初めに戻るが、古典を軽く見るのは明らかに間違っている。古典を知らないで、最新の結果を深く見渡すことはできない。どの分野に関しても、まずは古典を熟知することから先への進歩が始まることになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA