書籍を集める?

僕は学生時代からかなりの書籍(数学・物理関係の専門書)を購入してきた。いや、“収集”していると言った方が正しいかもしれない。コレクターのような気質のところもある。以前、そんな書籍のコレクターでもある自分に対して、果たしてそれで良いのか?という疑問を持ったこともある。本を集めたからといって、それが全て役に立つとは思えない。そもそも読んでいない本の方が多い。

しかし、昔コレクトした本が最近になって意外にも役に立つことが多い。本を購入することで現在取り組んでいることが前進するのなら、安いものだ。

いや、専門書は全然安くない。和書でもだいたい四千円くらいは平気でするし、洋書は平気で一万円はする。したがって普通に買っていれば出費はかなりデカい。そこで古本・中古本の出品をまめにチェックし、必要かつお買い得な本は見つけ次第、即注文している。とは言え、専門書は中古本でもかなり高い。特に絶版本は定価より高いのは当たり前だ。

確かに購入した全ての書籍が役に立つわけではない。しかしある時、過去に購入(収集?)した本が突然役に立つことがよくある。そういう意味では。本は人生の財産であると言えるのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA