時短。

最近、時短筋トレを始めた。これまで筋トレをするとき、一時間くらいかけてじっくりとするのが僕の筋トレスタイルだったが、よくよく考えてみると、この一時間は長すぎて非常に無駄が多い。そこで腹筋と腕立て伏せの間に休みを挟まないとかして、全ての筋トレメニューを一気に行うことにした。すると、これまで一時間かかっていたメニューが15分以内でこなすことができたのだ。何と効率的なことか!一週間毎日こなしても、合計で一時間半ほどだ。これからはこのような時短筋トレで進めようと思う。

ところで、何のために時短をするのか?それは時間をつぎ込むべきところで思いっきり時間をかけるためだ。一日を振り返ってみると、時短をすべきところは意外とたくさんある。例えば、ネットで無駄なものを見過ぎないとか、風呂の時間を短縮するとかだ。ところで僕は超ロングスリーパーなので、どうしても睡眠時間をもっと短縮したいと思ってしまう。しかし、睡眠時間を削ると結局起きている時間のパフォーマンスが劇的に低下し、結果的には非常に効率が悪くなってしまう。もちろん人によって体質は違うし、3時間睡眠でもピンピンして活動的な人もいるので何とも言えないが、僕個人にとってはどうしても睡眠時間は削れないようだ。

今、僕が必要としていることは、最高の調子(パフォーマンス)と有効な時間だ。それを手に入れるためには、適度な睡眠時間と時短生活をすることが必用だ。時短を意識すると、普段の動きもキビキビとなる。一石二鳥(三鳥?)だ!いろいろと時間が限られている僕にとって、時短生活は未来の成功をもたらしてくれるものだと感じている。もともと時間の使い方が下手な僕にとっては時短生活は簡単な事ではないが、いろいろと工夫してこれから時短生活を強化していこうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA