日本人にとって”アメリカンドリーム”は覚悟が必要だ。

アメリカンドリームとは、アメリカ大陸開拓時代からある言葉であり、壮大なものである。これまで数々の人間が、このアメリカンドリームをものにしてきた。

しかし裏を返せば、アメリカンドリームにはリスクがあり、金銭的、あるいは身の危険的なリスクを承知の上で突き進まなければならない。

これまで、真の意味でアメリカンドリームをものにした日本人はいないと言われている。その原因は、日本人の性質にも大いに関係していると感じる。

日本人は「石橋を叩いて渡る」という言葉があるように、極端にリスクを嫌うところがある。また叩いても渡れば良い方で、「石橋を叩いても渡らない」という言葉も存在するくらいだ。

日本人がアメリカンドリームに挑むためには、アメリカ人以上に覚悟が必要だ。それはもちろん、地理的な制約もあるだろうし、英語圏ではないという制約もある。もちろん、本当にアメリカンドリームに挑む人にとって、そのような制約など些細なことかもしれないが。

現在では、日本に居ながらでもあらゆるドリームに挑むことは可能だ。だからわざわざアメリカにまで出向く必要なはいのかもしれない。しかし、日本国内規格ではなく、何もかもが世界的スケールで物事が進むアメリカという国は、非常にエキサイティングに感じる。もしかしたら、アメリカンドリームの本質は、金銭的な面以上に「エキサイティングを感じるか」という刺激にあるのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA