日本に居ながら世界一を目指す!

日本に居て日本一を目指すのは、全ての分野で可能だ。スポーツであっても学問であっても、あるいは芸術・お笑いであっても、日本国内で一番になれば日本一である。しかし多くの分野で日本に居ながら世界一を目指すのは不可能だ。

例えばプロ野球では、日本でどれだけ結果を出してもそれは世界一とは認められない。王貞治はホームランの本数が世界一だと国内ではよく言われるけど、アメリカではそんなことは誰も口にしない。イチローが世界一と言われるのは、メジャーリーグに渡って結果を出したからこそだ。王さんが海外で世界一と認められないのは、王さんの実力が足らないというより、そもそも舞台が違うということによるものだ。

このように世界一を目指すには、日本国内に居てはまず世界の舞台に立てないということから、原理的に世界一を目指すのは不可能だ。

しかし、分野によっては日本に居ながら世界一を目指すのは可能だ。その最たるものが学問であろう。現代では海外の情報は即時に手に入る。そして日本国内で出した結果であろうが、アメリカで出した結果であろうが、良い物は良いのである。学問に国境はない。

芸術だってそうかもしれない。海外でスキルを身に付けるかどうかという問題はあるが、日本で作り上げた作品が優れていれば、それは世界で評価される。

日本人は舶来信奉主義的な考えにとらわれている。同じものでも欧米で出たものの方が優れているという幻想に包まれている。しかし今必要なのは、日本発でも世界一になれるんだということを証明することではないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA