慰安婦問題で日韓合意、しかしこれは悪しき前例になるのではないか

28日、岸田外相が韓国へ飛び、慰安婦問題で日韓合意にこぎつけた。日本側は基金に20億円の拠出をすることを決断し、形の上では一応決着がついたことになった。

しかしこれで韓国が引き下がるとは思えない。日韓の間では1965年に日韓請求権協定によって一切の問題は決着したものとしたが、今回の日韓合意はその日韓請求権協定を無視するものでもある。したがって今回、日韓関係において悪しき前例を作ってしまった。合意を破っても何も問われないという前例だ。一度あることは二度ある。また数年後・数十年後、韓国は今回の合意を無視してまた関係をこじらせてくることは明らかであろう。その内容は慰安婦問題とは限らない。今回慰安婦問題でこじらすことによって日本側から金銭と謝罪を引き出したことによって、今度は別の問題で関係をこじらせてくるであろう。その一つに戦時徴用問題などが考えられる。しかしこの問題ももちろん1965年の日韓請求権協定によって既に解決している問題だ。

それから今回のニュースを見ていても、韓国の日本大使館前に設置されている慰安婦像を撤去という話が出ていない。(もしかしたら解決しているのかもしれないが。)大使館前にその国家を中傷するモニュメントを置くなんてことは、侮辱であり国家の尊厳を傷つけるもの以外の何物でもない。大使館は国家間の友好の証だ。その大使館前に中傷モニュメントを置くなんて国は世界中探しても韓国くらいしかないであろう。

安倍首相は、子供、孫の世代に謝罪をさせないと言っている。しかし今回の前例を作ったことは、次の世代になると再び謝罪をさせる隙を与えたようなものである。

今回の日韓合意には多くの日本人は納得しないであろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA