必要な経験。

「経験がないからできない」という人は、経験してもできない。重要なのは「どの経験が必要なのか?」という具体性である。今何の経験が必要か?ということを見極め、認識しなければならない。

もちろん、何の経験もなしに物事をこなすことは難しい。しかし経験があればいいという訳ではない。経験をものにするためには、考えながら行動することが必要だ。一流プロ野球選手はただ練習しているだけではなく、バッターボックスの中であらゆるシチュエーションを考え、体の動かし方を試行錯誤していると言う。

もし何も考えずに経験し、できていると思っているのならば、それは錯覚だと思って間違いない。さらに、経験とは与えられるものではなく、自分から得に行くものである。そのためにも何の経験が必要なのかということを認識することが重要なのである。

経験を積むのに遅いということはない。もし自分に何の経験が必要かと強く認識できているのならば、今すぐにその経験を求めていくべきだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA