徹底的に知ることが大事。

もし何かの物事について知るのなら、徹底的に知ることにこだわったほうが良い。それが嫌なら知らないで真っ白な状態でいる方が良い。一番悪いのは、中途半端に知ることだ。

中途半端に知ってしまうと、物事を不正確に判断したり、不必要に心配を増幅したりしてしまうことになる。もし何かについて疑問に思った時には、徹底的に学習して知るのが良い。

僕自身も何かに関して知った時に、それに対して不安になることがよくある。以前はそれ以上の情報をシャットアウトしてあえて知らないようにしようとしていたが、それでは不安を抱えたまま過ごすことになってしまう。そこで最近は不安になった時には徹底的にそのことについて知ろうという姿勢に変えた。すると、そのことに対する習熟度が増すにつれて不安が軽減されていくことに気付いた。

世の中には多種多様な情報が溢れている。しかしそれらの情報の多くは不確かで中途半端だ。そのようなことに対してネットの情報だけに頼ってしまえば、不確かさが増すだけである。やはり専門の文献や新聞を読むなりして、確実な情報を入手することが大事である。

近年のネット社会は、情報を簡単に手に入れることを可能にした反面、ほとんどの情報を中途半端に不確かにしてしまった。そのようなネット社会の現在だからこそ、紙(ペーパー)の文献から情報を取得し、そこから知恵を創出することを心がけることが非常に重要ではないかと強く感じる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA