役に立つ科学は、役に立たない科学から生まれる。

とある科学雑誌で、今年のノーベル医学・生理学賞受賞者の大隅良典さんの特集をやっていた。その中で、大隅教授の弟子の研究者が、最近の学生は「役に立つ科学をして社会に貢献したい」ということを強く主張するということに嘆いていた。

僕も以前のブログで、科学では、「役に立つかどうかということ以外の物差しを持つことが大切だ」と書いた。これはどういう意味か。

役に立つかどうかということは誰が見ても非常によくわかりやすい。しかし「科学的価値」というものは役に立つかどうかということとは全く別であり、それを理解できる人は意外にも非常に少ない。

役に立つ科学とは、科学技術など工学や医学のことであって、純粋科学の価値と役に立つかどうかとは無関係である。もちろん去年ノーベル医学・生理学賞を受賞された大村さんなどは、発明した薬によってアフリカを中心とする多くの人々を救った。この様に、役に立つということは非常に素晴らしいことは言うまでもない。

しかし、基礎科学・数理科学に取り組んでいる人にとって「それは何の役に立つのですか?」という問いほど悲しいものはない。なぜならそのような問いは科学的価値が全く認識されていない表れだからである。

現在、山中伸弥教授が発見したiPS細胞が医療や創薬において非常に大きな力を発揮し、役に立つ科学の代表のように言われている。そのようなことからiPS細胞は役に立てるために開発されたと勘違いしている人が多い。しかし山中教授がiPS細胞を開発した本来の目的は、「各臓器に分化した細胞にも、分化する前の受精卵と同じ全ての情報を無くさずに保持している」ということを示すことであった。その証拠に、2012年のノーベル医学・生理学賞での山中教授の他のもう一人の受賞者であるガートン博士は、そのことをカエルで証明したことを評価されての受賞である。山中教授はそれをマウス、そして人間でも同じであることを示したのである。

話しは変わるが、20世紀初めに打ち立てられた物理の量子論は、純粋に自然の根本的な仕組みを理解するためだけに研究された。量子論のような原子レベルの理論が人間の役に立つと思った人は、当時は皆無であったであろう。しかし科学技術の基に成り立っている現代社会において、量子論を利用することは必要不可欠である。そういう意味で「役に立つ科学は、役に立たない科学から生まれる」と言えるのである。

真の科学的価値を判断できるセンスを持った人が少しでも増えることを願うばかりである。

役に立つ科学は、役に立たない科学から生まれる。」への2件のフィードバック

  1. 日本と言う国自体が特に、平均的に主語が「私」の夢や目標を嫌い、「社会」が主語になる方を好む文化ですよね。そういう社会通念みたいなのは、戦後高度経済成長以降ほとんどの人が、サラリーマンになって、人の役に立たざるを得なくなり、多数派の自己肯定欲求が積み重なって常識となり…という風に作られたのかどうかはわかりません。が、猫も杓子も他国と比べるのは良くないとは思うのですが、一見自分勝手に一人称の目標で動いている人が、暗黙的に蔑まれることなく、持て囃されさえする国は、日本人が想像する以上に多いんじゃないかなあ。

    • 木原 康明

      百田様
      「社会」が主語になるが故に「団体行動・協調性」が重視され、周りを気にせずに一人で物事に取り組んでいる人を「わがまま」とか「社会からはぐれた者」と蔑視されることが多いように思います。僕自身、戦後高度経済成長の終わりころに生まれたこともあり、昭和の高度成長が国民性に対してどのような影響を与えたかということに対して明確な答えは出せませんが、社会というものは集団と個人の両輪がうまく回ってこそ前に進むものだと思っています。協調性重視の者、個人主義の者、この両者はシーソーの両側のようなもので、お互い偏っているが故に全体でバランスが取れているのだと思います。今の日本が正しいかどうか、それはまだ先にならないとわからないことだと思いますが、過去に経済先進国・技術先進国と言われた日本は、今では「可もなく不可もなく」という国になったように思えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA