実用指向すぎる思考の社会風潮。

最近、社会が実用指向に偏りすぎているような気がする。確かに不景気で節約し、無駄を省かなければいけないのは十分にわかる。しかし社会の懐も心理も余裕がほとんどないのはどうかと思う。

そのような風潮が最も表れているのは「科学」ではないか。多くの人にとって科学とは、計画を立て、計画通りに進めれば、想定の結果が出るものだと思っているのかもしれない。実用科学ではそれが最も理想的な姿かもしれない。

しかし、特に基礎科学では、想定外の結果から大きな成果が生まれることが多い。言わば「無駄から宝が生まれる」とでも言うべきか。研究を進めるうえでも、心理的にも金銭的にも余裕がないと、独創的な結果は生まれにくい。

しかし、社会はその「余裕」、言い換えれば「無駄」を許さない。その風潮は最近特に強くなってきているように思う。

科学に限らず、日常生活から休日の遊戯まで、ぎっしりと計画を立て、計画を進めることに全力を尽くしてはいないだろうか?

今の日本には、不景気が続いたとは言え、世界的に見ればお金はある。物もある。しかしどれだけ余裕があるだろうか?日本人は余裕の上手い使い方を知らない人が多いような気がする。余裕があってもただ何もしないでボーっとしているだけになるとか。余裕は生産的活動の準備に充てなければならない。そのためにはリラックスして余暇を過ごすという無駄も必要だ。

小学校から大学、そして社会まで、いわゆる「レール」の上を進み、レールにしがみつくという生き方は、それはそれで一つの生き方としてはありなのかもしれない。しかし脱線して、無駄を経験し、失敗を経験し、自分独自の生き方を模索するという生き方が、もう少し試みられてもいいのではないかと僕は思うのだが・・・

実用指向すぎる思考の社会風潮。」への2件のフィードバック

  1. 最近、老いも若きも、異常に視野が狭く、何かしらの目標を抱く事を馬鹿にする
    人間が増えているような気がします。
    世界的に見れば、たとえ最下層でも、ある程度の余暇、お金もあるんだからもっと躁気味でも自分なりに色々楽しんだら良いんじゃない?
    と思いながら日々過ごしています。

    平和ボケは人間を腐らすのでしょうか。
    いやもっと上手い平和な世の中の在り方があるはず…と思います。

    • 木原 康明

      目標を持たないのか、持てないのか、指示待ち一辺倒の人は多いと思います。
      確かに、日本は落ちたとはいえ、世界的に見ればまだまだ裕福な国であり、最下層の人たちでも緊迫した状況というわけではありません。
      しかし本当に苦しいのは、最下層の人ではなく、底辺から二番目の人なのです。
      最下層の人には何かとセーフティーネットがあります。
      生活的・金銭的・体力的・精神的に緊迫した状況の人は、ほとんどが底辺から二番目の人たちです。
      真面目な人間ほど、底辺から二番目の人になりやすいのです。

      日本は世界的に見てもかなり成功した国ではありますが、日本国民の意識は何かが落ちているような気がしてなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA