実感はないが、自信はある。

何かを成し遂げようと取り組んでいる時、自信があるかないかによって結果も大きく変わる。自信はないよりかはある方が絶体によい。根拠に基づかない自身もある程度あってもよいが、根拠のある自信は非常に大切である。

根拠のある自信を持つためには、大局的な展望が必要だ。目の前にある課題をクリアしていくことももちろん大事だが、それと同時に長期的な展望に基づく計算とアイデアが必須である。

自信はあっても、まだ成し遂げていないからには、実感がないのは当たり前である。実感がないので本当にできるのかどうか不安だが、それは全く問題ない。実感などは達成した後に感じればいい。

実感はないが、自信はある。そんな気持ちで前に進もうとする毎日である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA