安全策を取るか?それともリスクを冒して挑戦するか?

現在の世の中、何でも保険が気になり、安全策ばかりに目が行ってしまう。もちろん、作業現場での安全策は最も重要であり、安全策なしに成り立たない事柄もたくさん存在する。

しかし、自分の人生に対して安全策だけで固めるのはいかがなものだろうか?時にはリスクを冒して挑戦することも大事であろう。なかには、現在の地位に安住せずに常に挑戦し続けている人もいる。

現在の社会を見ると、個人がというより、社会全体が守りに入っているように見える。それはもちろん、日本という国が成熟した安定社会に入った証拠でもあり、むしろ良いことなのかもしれないが、挑戦者に対しては幾分居心地が悪い。

このような現代日本において、リスクを取り挑戦し続けるには、精神的負担がかなり大きいが、安定社会と言えども社会をさらに前進させるには、このような挑戦者の存在は無視できない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA